PC版アサシンクリードシンジケートの推奨スペックとPC購入ガイド

PC版Assassin’s Creed Syndicateの必須(最小)/推奨動作環境。実際のプレイやベンチマークを元に、最高設定に近い画質でも快適に動作するおすすめのPC構成を詳しく解説。ビデオカード(GPU、グラボ)・CPU・メモリはどれぐらいがいいか等。BTOショップの選び方についても。

広告

アサシンクリードシンジケートの必要/推奨スペックはどれぐらい?

PC版『アサシン クリード シンジケート』(Assassin’s Creed Syndicate)はどれほどのスペックなら高画質かつ快適に動くのか解説していきます。また、後半でおすすめのPC構成や、「ゲーミングPCをBTOで頼むならこのサイト」といったことも紹介します。

さっそく、PC版アサシンクリードシンジケートの必須(最小)動作環境・推奨動作環境を見ていきましょう。

必須スペック 推奨スペック
OS 64-bit: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 64-bit: Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10
CPU Intel Core i5 2400s 2.5 GHz
あるいは
AMD FX 6350 3.9 GHz
Intel Core i7-3770 3.5 GHz
あるいは
AMD FX-8350 4.0 GHz
メモリ 6GB 以上 8GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 660
あるいは
AMD Radeon R9 270 (2GB VRAM、Shader Model 5.0に対応したGPU)
NVIDIA GeForce GTX 760 (4GB)
あるいは
NVIDIA GeForce GTX 970 (4GB)
あるいは
AMD Radeon R9 280X (3GB) 以上
HDD 50GB 以上の空き容量 50GB 以上の空き容量
DirectX DirectX June 2010 Redistributable DirectX June 2010 Redistributable
サウンド DirectXに対応したサウンドカード DirectX9.0cに対応したサウンドカード

参考:Assassin's Creed Syndicate PC Specs – UbiBlog – Ubisoft®

高性能なGPU(ビデオカード、グラフィックカード)である「GeForce GTX 970」が推奨されている等、推奨スペックは高め。最低でもメインメモリは6GB以上ないといけないので、古いデスクトップPCでは動作がカクカクになってしまうのは明白です。

推奨スペック程度のPCでも結構重い

初めに言っときます。PC版アサシンクリードシンジケートの動作はとても重いです。推奨スペック程度のゲームパソコンを用意し、ゲーム側で用意されている「最高設定」を適用してプレイしても、満足のいく快適さは得られません。

例えば、超高性能なGPUの「GeForce GTX 980 Ti」でも、場所によっては40fps台になってしまいます。

参考:ASSASSINS CREED SYNDICATE | MSI GTX 980 TI GAMING | 1920X1080 HD MAXED OUT | 4790K
ベンチマーク:'Assassin's Creed: Syndicate' Benchmarks: A Stressing Experience

設定を下げればかなり軽くなる

推奨スペック以上のゲームPCであっても、60fpsを切ってしまうことがあるのですが、快適にプレイしたいならグラフィック設定を下げてしまえばいいのです。アサシンクリードシンジケートの場合、影の品質設定の一つである「PCSS Ultra」を適用すると非常に動作が重たくなってしまいます。だから、それ以外の設定を適用してしまえばかなり軽くなる。

例えば、影のクオリティを「高」か「標準」あたりにして、それに加えてアンチエイリアス設定(テクスチャのギザギザを滑らかにする設定)も「MSAA 2x + FXAA」に、環境クオリティを「最高」から「非常に高い」まで下げるとか。

そうすることによって、推奨スペック程度のPCでも最高画質に近い状態でプレイできます。

参考:Assassin's Creed Syndicate Graphics & Performance Guide | GeForce

実際にフレームレートを計測してきました

一般的な画面解像度であるフルHD(1920×1080)で、PC版アサシンクリードシンジケートのフレームレートを計測しました。PCのスペックは以下の通り。フレームレートの計測ソフトは「MSI Afterburner」を使用。

スペック等
CPU Core i5-4670K 4.4GHz(4コア/4スレッド、3.4GHz、最大3.8GHz、オーバークロック済み)
GPU NVIDIA GeForce GTX 970(VRAMは実質3.5GB)
メモリ 16GB
OS 64 bit: Windows 10 Home
ドライバ GeForce 359.00 Driver

最高設定だとカクカク

spec-assassins-creed-syndicate-1(画像をクリックすると、大きな画像で見られます)

ゲーム側で用意されている最高設定で遊んでみると、フレームレートは大体20~40fpsしか出ませんでした。30fpsで制限してプレイする分にはいいかもしれませんけど、20fps台までガクッと下がってしまうことがあるので、プレイ中はけっこうイライラします。60fps以上のフレームレートが出れば快適だとすると、頻繁に20fps台になるのはかなりキツい。

spec-assassins-creed-syndicate-2

上の画像を見てみると、VRAMは3.8GBも使ってしまっていますね。GTX 970の場合、VRAMは実質3.5GBしかないので、最高設定だとVRAM不足のせいで余計カクつきます。「最高画質を滑らかに描写する」という点において、GTX 970では性能もVRAMも不足しています。

最適設定だと60fps以上でて、快適

spec-assassins-creed-syndicate-3

最高設定のままだと重い動作に苦しむしかないので、「設定を下げつつも最高画質に近い画質」でプレイしてみることに。

最高設定の状態から重くなりがちな設定を一つ一つ吟味して下げていくと、かなり快適になった。具体的言うと、テクスチャークオリティは最高設定のままで、環境クオリティ・シャドウクオリティ・アンビエントオクルージョン・アンチエイリアスの設定を下げた。

spec-assassins-creed-syndicate-4

実際の動作はかなり快適で、突っ立っている時や走っている時も含めて大体55~70fpsぐらい出ました。視界に建物や人が映っていないところだと、90fps以上出ることも。

シャドウクオリティは「標準」にしましたが、ひとつ上の「高」にしてもそれほどfpsは変わらないので、シャドウクオリティは「高」にしておくのがちょうどいいでしょう。

確かに自分で調整した最適設定だと、多少のシャギー感(ギザギザ)を感じるものの、ゲームに集中している限りそれほど気になりません。なんといっても、テクスチャークオリティを最大にしても「ほぼ60fps」という滑らかさで遊べますから。

おすすめのPC構成を妥協しつつ考えてみる

グラフィックカードは「GeForce GTX 970」で十分すぎる

PC版アサシンクリードシンジケートを最高画質に近い画質でイライラすることなく遊びたいのであれば、超高性能なビデオカードである「GeForce GTX 980 Ti」は必要ありません。さすがにGTX 980 Tiは値段が高い。

なので、コスパ最強なビデオカード「GeForce GTX 970」を選ぶのが賢明です。確かに、GTX 970では純粋な最高画質を堪能できません。しかし、最高画質に近い画質でヌルヌルに動作するのも事実です。

予算に余裕があるのであれば「GeForce GTX 980」や「GeForce GTX 980 Ti」を選択してもいいでしょう。しかしですね、言わせてもらいますけど、やっぱGTX 970で十分すぎるんですよ。アサシンクリードシンジケートなら。ただ、PC版Fallout4で高画質化Modを入れまくって遊びたいというのなら話は別ですけどね。

参考:PC版Fallout4の必要/推奨スペックとPC購入ガイド。MOD導入&最高設定でも動く構成を考える

CPUはCore i5クラスのものを用意しよう

「Core i5-4670K」でも十分なフレームレートが出るので、CPUはCore i5クラスのものであれば十分です。将来のことを考えるとCore i7クラスがいいんですけどね。

性能重視なら「Core i7 6700K」あたりが狙い目。コスパを追求するなら「Core i5-6600K」がベストです。

SSDに変えるだけで、ロード時間が20秒以上短縮するゲームもある

HDDだと、ゲームによっては一回のロードで30秒以上かかります。ストレージをSSDに変えることで、ロード時間が約20秒も短縮されるゲームもあるぐらいです。Fallout4の場合、SSDにするだけでロード時間が20秒も短くなることがある。なので、ストレージをHDDだけにしておくのは、本当にやめた方がいいと思う。

私なら500GBぐらい容量のあるSSDを一つぐらい追加しときます。最近、SSDも安くなってきましたし。昔はけっこう高かったんですよ。もちろん、データ保存用に3TBぐらいのHDDも用意しておいた方が身のためです。

あとSSDなら、Winodowsの起動時間も爆速になります。

まとめ

PC版アサシンクリードシンジケートが、気持ちよく高画質で遊べるPC構成は以下の通り。

スペック等
CPU Core i7-6700K(4コア/8スレッド、4GHz、最大4.2GHz)
GPU NVIDIA GeForce GTX 970(VRAMは実質3.5GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 500GB + HDD 3TB 以上
電源容量 700W 以上
OS 64 bit: Windows 10 Home

予算に限りがあるのなら、CPUは「Core i5-6600K」にしておくのがコスパが高くていい。今後発売される最新PCゲームにも手を出してみたいなら、GPUは「GeForce GTX 980」にしておくといいかも。アサクリで遊びたいだけなら断然「GeForce GTX 970」を推しますけど。

GTX 970、GTX 980、GTX 980 Tiのどれかを選択するなら、電源は700W以上あれば問題ないです。OSはWindows 10でOK。Windows 10でもほとんどのゲームは動きます。

(以下、アフィリエイト)

PC初心者〜自称上級者のための個性的なBTOパソコン

▼最近、BTOパソコンが変わってきてます。静音性をガチで重視したヤツとか▼

サイコムの究極に静かな「静音PC」

サイコムには玄人が使うイメージがあったのですが、最近のサイコムは「パソコン初心者」の方にも力を入れています。

サイコムの「8つ」のこだわりbto-pc-sycom-2-1
広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。