PC版BF1(バトルフィールド1)の推奨スペックとベンチマーク

BATTLEFIELD1の必要(最低)・推奨動作環境やベンチマーク比較。GTX1070を使い最低〜最高設定で実際にfpsを計測。CPUやGPU(グラフィックボード/グラボ/ビデオカード)はどれがおすすめなのか等。BF1を安い価格で買う方法についても。

広告

BF1の必須/推奨動作環境

推奨スペック

OS 64-bit Windows 10
CPU Core i7 4790
メインメモリ 16GB RAM
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB, AMD Radeon RX 480 4GB
DirectX 11.1互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続
HDD 50GBの空き容量

必須スペック

OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU Core i5 6600K, AMD FX-6350
メインメモリ 8GB RAM
GPU nVidia GeForce GTX 660 2GB, AMD Radeon HD 7850 2GB
DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続
HDD 40GBの空き容量

参考:PCダウンロード向け バトルフィールド1 Standard Edition | Origin

GTX1070ならウルトラ設定でも快適

以下のPC環境でオープンベータ版BF1のfps(フレームレート)を計測した。マップはシナイ砂漠で、ゲームモードはコンクエスト。表にあるPCパーツのリンクはAmazon.co.jpへ飛ぶアフィリエイトリンクとなっている。

スペック等
CPU Core i5-4670K 4.4GHz(4コア/4スレッド、オーバークロック済み)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1070(VRAMは8GB。製品は「ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP Edition」)
メモリ 16GB DDR3
インストール先 SSD: Crucial MX100 512GB(CT512MX100SSD1
OS 64 bit: Windows 10 Home
ドライバ GeForce 372.70 Driver
fps計測ソフト MSI Afterburner 4.3.0 Beta 4, RivaTuner Statistics Server 6.4.1
解像度 1920×1080(フルHD)
ゲームのバージョン オープンベータ

RESOLUTION SCALEをデフォルトの42%のまま、プリセット別(Ultra・High・Medium・Low)に計測した結果↓

battlefield1-spec-benchmark-8

全ての設定において最高fpsは100を超えた。しかし最高fpsは瞬間最高視聴率的なもので、実際のプレイでこれほどまでの高fpsが維持できるというわけではない。

注目してもらいたいのは最低fpsの方。120・144Hzといった高リフレッシュレート液晶モニタで60Hzよりも滑らかにプレイしたいのであれば、GTX1070の場合はMediumかLow設定でプレイするのがいいだろう。144fpsを維持するのは困難だが、100fps程度なら安定して叩き出せる。

Ultra設定でも100fpsを超える

Ultra設定でも100fpsを超える

最低設定では144fps維持は無理。最高設定だと40fps台に

RESOLUTION SCALEは画質に関わってくる設定項目で基本値は42%になっている。この値を下げれば下げるほどPCへの負荷が下がっていき、そのぶん画質も悪くなっていく。

Low&1920×1080、かつRESOLUTION SCALEを0%にした最低設定でも144fpsを維持できなかった↓

ちなみにRESOLUTION SCALEを100%にした最高設定だと40fps台に突入する。

GTX1070の場合、1920×1080・Ultra設定・RESOLUTION SCALE100%だと40fps台まで下がる。この場面だとメインメモリ(RAM)はPC全体で8784MB、VRAMは4794MBも使われていた。

GTX1070の場合、1920×1080・Ultra設定・RESOLUTION SCALE100%だと40fps台まで下がる。この場面だとメインメモリ(RAM)はPC全体で8784MB、VRAMは4794MBも使われていた。

「ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP Edition」レビュー。最安値クラスのコスパで、室温34度でもGPUを77度以下に保つ冷却性能

2016.08.11

BF1のベンチマーク結果

GPU(ビデオカード)のベンチマーク比較

gamegpuが行ったベンチマーク(Ultra・DX11・RESOLUTION SCALE50%で行ったもの)によれば、Ultra設定&1920×1080でプレイしたいならRadeon RX 480かGTX980以上のビデオカードであれば大体60fpsでプレイ可能とのこと。

battlefield1-bto-benchmark-5引用:gamegpu

2560×1440(WQHD)の場合はGTX1070クラスじゃないと60fps維持は難しい。

battlefield1-spec-benchmark-5引用:gamegpu

3840×2160(4K)だとGTX1080をSLI構成で使わないと60fps動作は無理で、ビデオカード1枚刺しでは快適に遊ぶことは不可能。ただし30fpsで満足できるならGTX1070級の物を用意すればいい。

battlefield1-spec-benchmark-6引用:gamegpu

ちなみにBF1ではDX12版に変更してプレイすることも可能だ。しかしDX12版だと大抵のGPUの場合、DX11版と比べて1~2割ほどfpsが下がる。

CPUのベンチマーク比較

i7 6770Kとi5 6600Kとでは最低fpsで27fpsの差が出ている。144fpsを維持しつつプレイしたいなら、i7 6770K以上のCPUとGTX1080以上のGPUを用意しておきたい。

battlefield1-spec-benchmark-7引用:gamegpu

▼BF1が快適に動くコスパ重視のゲーミングPCについて解説

PC版BF1(バトルフィールド1)の推奨PC&おすすめGPU/ビデオカード/グラボ

2016.08.31

(以下、アフィリエイト)

PC版BF1を安く買う方法

日本語版BF1はOriginやアマゾンで販売されているが、定価は8000円以上とかなり高価。英語で十分でほぼマルチプレイしかしないのであれば海外版という選択肢もアリだ。

海外版の場合は恐らく日本語吹き替え・字幕で遊べないだろうが、G2A等の鍵屋では5000円以下で売られていることもある。

詳細は↓

PC版BF1の価格が高いから鍵屋でOriginの4割引で購入。海外版は日本語無しで確定

2016.10.21

BTOショップの選び方

コスパだけを追求するならドスパラかマウス

▼マウスのG-Tuneなら最低9万円台から購入可能
マウスのG-TuneならゲーミングPCが最低でも9万円台から購入可能

細かくカスタマイズしたいならサイコム

サイコムには「玄人が利用するBTOショップ」というイメージがあったが、最近のサイコムはパソコン初心者の人にも力を入れている。

bto-pc-sycom-2-1

結局、BTOパソコンはどこで買うのがおすすめなのか

2016.02.01

ドスパラもマウスも評判が悪いので、サイコムのBTOで半自作PCを作るのがベストだと判断しました

2014.01.20

BF1(バトルフィールド1) 評価/感想/レビュー 理不尽な死を乗り越えろ【オープンベータ版】

2016.09.04
広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。