バトルボーン 雑な感想/評価/レビュー 30分はだるい【オープンベータ版】

Battleborn(PS4/XboxOne/PC)の侵入モードは疲れる。30分も激しい戦闘が続くのは体力的にキツく、目がやられる。まあまあ面白いけど価格が7485円なのは高い。基本無料じゃないと過疎るのでは。ヒーローによってはクソゲー化するので、つまらないならオスカーを選んでドンパチしよう。

広告

バトルボーンのここが嫌

battleborn-kansou-4

バトルボーン(Battleborn)は、MOBAとFPSが融合した5対5のチーム戦が楽しめる、マルチプレイがメインのFPSです。今回はバトルボーンのオープンベータテストに参加(PC版)。ゲームモードの一つである「侵入モード」をちょっとだけプレイしてきました。

侵入モードをプレイして「ここが嫌だな〜」と思ったことを挙げていきます。ざっくりまとめると以下の通り。

  • 一試合30分は長い
  • ヒーローによってはすごくつまらない

※オープンベータ時点での感想です。製品版では仕様が変更される可能性があります。

激しい戦闘が長く続き、体力的にキツい

黄緑色のロボットがミニオン

黄緑色のロボットがミニオン

侵入モードは「ミニオンを引き連れて敵陣地にあるセントリーを破壊していく」というゲームモードです。この侵入モードがけっこうツラい。一試合30分もあります。30分も激しい戦闘を続けるのはすごく疲れるんです。厳密に言うと30分ゲームをするのがキツいのではなく、「バトルボーンの30分はキツい」ということです。僕はもう、若くないかもしれません。

数ある中からヒーローを選んでスキルを駆使しつつ戦うことになるわけですが、これは至って普通。各ヒーローには個性があって、個性と個性がぶつかり合うのは読み合いや相乗効果が生まれてすごくいいです。燃えます。Team Fortress 2のクラス制と同じです。

しかし、グラフィック表現がかなり派手でチカチカするため、目が疲れます。そして、一試合30分は長い。「けっこうやったな」と思ったらまだ10分しか経ってなかった…なんてことがありました。

試合展開は遅めで、結局はマップ中央で全ヒーローが戦ってることが多いです。

「つまらないヒーロー」と「面白いヒーロー」

近接戦闘の「ラース」がつまらない

battleborn-kansou-1

他のMOBAでもそうですが、選ぶヒーローによってはクソゲーになりうるゲームです。特につまらなかったのが「ラース」。ラースは剣で相手を斬りつけて戦うヒーローなんですが、これで勝つのはかなり難しいです。

まだまだ自分の腕が足りないのは分かっていますが、ニッチな物を好みがちな自分でもこのヒーローだけは好きになれません。だって全然勝てないんですもの。

ラースだと勝てない原因は、他のヒーローのほとんどが銃などの飛び道具を扱っていることでしょう。ラースはスキルで透明になれるわけでもないので、敵に近づく時はモロに攻撃を食らってしまいます。

試合中にレベルを上げていくにつれ、「攻撃を敵に当てるとHPが回復する」といったアビリティを獲得できたりしますが、それでもプラマイゼロにすらなりません。ラース、超難しい。死んでばっかり。全然面白くありません。

「オスカー マイク」は標準的なヒーローだけど、かなり楽しい

battleborn-kansou-2

しかし、オスカーを使ってる時は超楽しいです。普通に銃で撃てて、自身を透明にできるスキルもあり、ミサイルを使った範囲攻撃も繰り出せます。オスカーは「FPSの楽しい部分をいいとこ取りしたヒーロー」と言えます。

隙あらば透明になって敵の背後にまで近寄り弱った敵を片付けられますし、ミニオンとヒーローが進軍してきたらグレネードで足止めできるし、遠くから射撃して防衛も出来ます。瀕死になった時に透明になって逃げることも可能で、いろんな場面で活躍できるのが良いし、その臨機応変さが面白いです。

最後に:これで7485円は高い

問題は価格ですね。これで7000円を超えてるのは大丈夫なんでしょうか。マルチプレイの対人戦がウリのゲームなので、基本プレイ無料じゃないとプレイヤーは増えにくいはず。7485円はかなり高い障壁。(※価格は記事執筆時点におけるSteamでの販売価格)

うーん大丈夫かなぁ。過疎が非常に心配。2015年12月に定価8100円で発売された超面白いオンラインFPS「レインボーシックス シージ」ですら最近過疎ってきてると言うのに。(ちなみに、「レインボーシックス シージ」は2015年に発売されたFPSの中でもベストなFPSなので、知らない人は機会があればやってみてください)

オープンベータを少しやっただけに過ぎませんが、「7485円の価値はあるか?」と聞かれたら「うーん…」としか答えられません。MOBAとFPSの組み合わせはすごく良いと思う。けれども実際は撃ちあっていることが多く、MOBA的な戦略性はあまり強くありません。

確かに、拾ったお金みたいなものでミニオンを召喚したり、セントリーガン的なものや回復装置を建造したりできますが、これらが面白さに衝撃を与えているわけじゃないんです。「普通レベル」に留まっています。

なんでしょうねぇ…まあまあ面白いんですけど、激しく派手な戦闘が30分も続くのはしんどい。言いたいのは本当にそれだけ。MOBAに転身した「Orcs Must Die! Unchained」(OMDU)のTPSだと30分やってもそれほどキツくなかったのに、FPSになっただけでこんなにも疲れるのか。

とにかくダルいです。長くやっていきたいとは思いません。一応買いますけど。

バトルボーン公式サイト

あわせて読みたい

(以下、アフィリエイト)

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。