PC版Total War:WARHAMMERの推奨スペック/ベンチマークとPC購入ガイド

トータルウォー:ウォーハンマーの必要(最低)/推奨動作環境と、ウルトラ設定で快適動作するゲーミングPC(推奨パソコン)の構成を、ベンチマーク比較や実際のfps計測を元に考察。CPUやGPU(グラフィックカード/グラボ/ビデオカード)はどれがおすすめなのか等。BTOパソコンの紹介も。

広告

PC版『Total War: WARHAMMER』の必須(最小)/推奨スペック

推奨スペック

OS 64Bit: Windows 7/8.1/10
CPU Intel Core i5-4570 3.2GHz
メインメモリ 8 GB RAM
GPU (DirectX 11) AMD Radeon R9 270X 2048MB / NVIDIA GeForce GTX 760 2048MB @ 1080p
DirectX Version 11
HDD 35GB 以上の空き容量

必須スペック

OS 64Bit: Windows 7
CPU Intel Core 2 Duo 3.0Ghz
メインメモリ 3 GB RAM(Intel HDシリーズなどGPU統合型CPUの場合4GB)
GPU (DirectX 11) AMD Radeon HD 5770 1024MB / NVIDIA GTS 450 1024MB / Intel HD4000 @720p
DirectX Version 11
HDD 35GB 以上の空き容量

スペック詳細:Steam:Total War: WARHAMMER

GTX970ではグラフィック面・動作面でほぼ常に妥協する必要あり

以下のPC環境で『Total War: Warhammer』をプレイし、fps(フレームレート)を計測しました。表にあるPCパーツのリンクはAmazon.co.jpへ飛ぶアフィリエイトリンクです。

スペック等
CPU Core i5-4670K 4.4GHz(4コア/4スレッド、3.4GHz、最大3.8GHz、オーバークロック済み)
GPU NVIDIA GeForce GTX 970(VRAMは実質3.5GB。製品は「GV-N970G1 GAMING-4GD」)
メモリ 16GB DDR3
インストール先 SSD: Crucial MX100 512GB(CT512MX100SSD1
OS 64 bit: Windows 10 Home
ドライバ GeForce 368.22 Driver
fps計測ソフト MSI Afterburner, RivaTuner Statistics Server
解像度 1920×1080
ゲームのバージョン 1.0(製品版)

フルスクリーンモードで計測。60以上のfpsを計測するために垂直同期モードをオフにしています。

ざっくりとしたまとめ

カスタムバトルでCPU数を最大、ユニットをなるべく多く参戦させた場合だと以下の通り。

  • 「Ultra設定」だと大体20~41fps
  • 「High設定」だと大体28~54fps
  • 「Medium設定」だと大体28~68fps
  • 「Low設定」だと大体40~73fps
  • 「最低設定」だと大体45~77fps

ユニット数の違いによってfpsが大きく変わる

『Total War: Warhammer』を「GeForce GTX 970」が搭載された上記スペックのPCかつ1920×1080(フルHD)でプレイすると、フィールド上にユニットが少ない場合はUltra設定で45~75fps、High設定で57~104fpsという結果になりました。

画質とパフォーマンスを考慮すると、「Core i5 4670K」と「GeForce GTX 970」でプレイする場合はMedium〜High設定でプレイするのが現実的。なぜなら、Total Warシリーズはフィールド上で戦っているユニット数が多ければ多いほど重くなってくるからです。

カスタムバトルでCPU数を最大にしてユニットを増やしてプレイしてみると、たとえ最低設定であっても60fpsを切ります。Ultra設定だと20fps台にまで落ちます。どんなにハイスペックなゲーミングPCであったとしても、ユニットが多ければ常時快適に動作するのは難しいでしょう。

Ultra設定、CPU最大、ユニットはなるべく多くした場合、20fps台になりがち。画面にユニットがあまり映っていないとfpsは大幅に上がるが…

Ultra設定、CPU最大、ユニットはなるべく多くした場合、20fps台になりがち。画面にユニットがあまり映っていないとfpsは大幅に上がるが…

Ultra設定だとプレイ中のVRAM使用量は3.4GBほど。GTX 970の実質VRAM量3.5GB内に収まっているのはグラフィック設定でUnlimited video memoryをオフにしているため?

Ultra設定だとプレイ中のVRAM使用量は3.4GBほど。GTX 970の実質VRAM量3.5GB内に収まっているのはグラフィック設定でUnlimited video memoryをオフにしているため?

ユニット数が少なければUltra設定でも60fpsを超える

ユニット数が少なければUltra設定でも60fpsを超える

tww-spec-benchmark-fps-8

(画像の容量を軽量化しているために画質が少し悪くなっています。高画質版はこちらで確認できます)

▼実際にfpsを計測したベンチマーク動画です

PC版『Total War: Warhammer』のベンチマーク

CPUのベンチマーク結果比較

gamegpuが行ったベンチマークによれば、Ultra設定&1920×1080(フルHD)だと「Core i3 2100」と「Core i5 4670K」の最低fpsの差は12、「Core i5 4670K」と「Core i7 4770K」の最低fpsの差は7、という結果に。

節約したいならわざわざCore i7クラスのものを買う必要はありませんが、『Total War: Warhammer』ではユニット数が多いほどfpsが下がるので、検討の余地があるでしょう。

tww-spec-benchmark-fps-2引用:gamegpu.com

GPU(グラボ)のベンチマーク結果比較

こちらもUltra設定&1920×1080(フルHD)のベンチマーク結果です。安定して60fps以上でプレイできるのは「GeForce GTX 980 Ti」と「Radeon R9 295 X2」のみとなっています。

tww-spec-benchmark-fps-1引用:gamegpu.com

常に滑らかにプレイしたい場合は、今後市場に出回る予定の「GeForce GTX 1080」や「GeForce GTX 1070」を選択する方がより良いはずです。

メインメモリ使用量は最大5.2GBほど

メインメモリ使用量はPCに搭載されているメインメモリ搭載量によって異なり、メインメモリが32GB搭載されていると約5.2GBほど消費されます。

tww-spec-benchmark-fps-3引用:gamegpu.com

メインメモリが16GB搭載されたPC(上記スペック)でもPC全体で約5.3GB使用されることを確認できました。なのでメインメモリは6GBで十分ですが、今後発売されるPCゲームのことを考慮すると16GBあれば安心できます。

まとめ

「Total War: WarhammerをUltra設定で快適に動かせる、コスパを考慮したPC構成」は以下の通りになります。

スペック等
CPU Intel Core i5-6600K(4コア/4スレッド、3.5 GHz、最大3.9 GHz)
GPU GeForce GTX 1070, GeForce GTX 1080
メモリ 16GB
ストレージ SSD 500GB + HDD 3TB 以上(理想)
電源容量 600W 以上
OS 64 bit: Windows 10 Home

どんなGPUを選んでもある程度のカクつきは覚悟する必要があります。「GeForce GTX 1080」ならかなりユニットが多い場面でもUltra設定でカクカクせずにプレイできる可能性は高いですが、在庫が少ない場合は価格が高騰しがちです(1つで10万円なんて高すぎる)。

さらにコスパのいい「GeForce GTX 1070」がベストだと言えますが、2016年5月28日時点ではまだ日本では発売されていないので、「GeForce GTX 1070」の発売日である2016年6月10日まで待つのが賢明です。

あるいは、在庫処分となっている「GeForce GTX 970」や「GeForce GTX 980」も狙い目です。でも、個人的には「GeForce GTX 1070」を待った方が良いと思います。

BTOショップの選び方

コスパだけを追求するならドスパラかマウス

▼マウスのG-Tuneなら最低9万円台から購入可能
マウスのG-TuneならゲーミングPCが最低でも9万円台から購入可能

細かくカスタマイズしたいならサイコム

サイコムには「玄人が利用するBTOショップ」というイメージがあったが、最近のサイコムはパソコン初心者の人にも力を入れている。

bto-pc-sycom-2-1

ドスパラもマウスも評判が悪いので、サイコムのBTOで半自作PCを作るのがベストだと判断しました
結局、BTOパソコンはどこで買うのがおすすめなのか