ニンテンドースイッチのProコントローラーを評価/レビュー。価格は高いが持ちやすさはAAA級

『Nintendo Switch Proコントローラー』とその箱

『Nintendo Switch Proコントローラー』を実際にゲームで使用した感想。値段はボッタクリと思ってしまうくらい高額だが「Xbox One コントローラー」より比較的持ちやすく、無線で扱えるので使い勝手は最高。HD振動やNFCにも対応。スプラトゥーン2などオンライン対戦で勝ちたいならおすすめかもしれない。

広告

評価・レビューの概要

Proコントローラーを実際に持つとこんな感じ

Proコントローラーを実際に持つとこんな感じ

『Nintendo Switch Proコントローラー(以下、Proコントローラー)』を購入したので、使い勝手や持ちやすさについて感想を述べていきます。

ニンテンドースイッチを購入すると付いてくる「Joy-Conグリップ」にJoy-Conを取り付けた状態でプレイしていて支障がないなら、Proコントローラーは正直買う必要はないでしょう。

Proコントローラーの希望小売価格は税込みで7,538円と高いですし「持ちやすさや使い勝手は価格に見合っているのか」と聞かれたら回答に困ります。4,000~5,000円程度ならまだ値段に妥協できました。

Bluetoothにも対応しているので、PCやMac、AndroidスマホやFire TVなどのデバイスに無線で接続することも可能です。ただ現時点ではニンテンドースイッチ以外での用途は可もあり不可もあり、といった感じです。

ただ少なくとも「Xbox One コントローラー」よりも手にフィットしますし、扱いやすさだけは一級品です。そこに関してだけは文句の付け所がないです。

Proコントローラーの箱

Proコントローラーの箱

「Nintendo Siwtch Proコントローラー対応」マークが付いているゲームのみ、使用可能

「Nintendo Siwtch Proコントローラー対応」マークが付いているゲームのみ、使用可能

同梱物はProコントローラー(バッテリー内蔵)とUSB充電ケーブル

同梱物はProコントローラー(バッテリー内蔵)とUSB充電ケーブル

接続イメージ図

接続イメージ図

正面のボタン配置

正面のボタン配置
引用:周辺機器 | Nintendo Switch|Nintendo

ハード別に価格を比較

何度も言いますがProコントローラーは高額です。以下はハード別に価格を比較した表です。

コントローラー名 希望小売価格(税込み) 発売日
Proコントローラー 7,538円 2017年3月3日
Xbox One コントローラー
(型番:4N6-00003)
6,458円 2017年2月2日
PS4: DUALSHOCK 4
(型番:CUH-ZCT2J)
6,458円 2016年9月15日

PS4、Xbox Oneのコントローラーと比べて1,000円以上も高いです。ただ、他のハードのコントローラーもけっこう良いお値段ですね…。PCゲーム用のゲームパッドなんかは1500~3000円くらいで販売されているのですが。

ただ2017年3月8日現在では「Xbox One コントローラー」は約5800円から、「DUALSHOCK 4」は約5300円からネットで購入できます。

少しずっしりとくる重さ

Proコントローラーはちょっと重いです。電池が内蔵されているからでしょう。が、重すぎるということはないです。

使っている途中で「重いからもう使いたくない!」と思うことはありません。しかし軽くはないのでそこには注意しましょう。

単三電池が二本入った「Xbox One コントローラー」と重さを比較してみましたが、体感的にはどちらもほとんど同じ重さのように感じました。

決して軽くはない

決して軽くはない

以下、ハード別にコントローラーの重量を比較。

コントローラー名 質量
Proコントローラー 約246g
Xbox One コントローラー
(型番:4N6-00003)
約280g(電池二本込み)
PS4: DUALSHOCK 4
(型番:CUH-ZCT2J)
約210g

カラーがダサい?

Proコントローラーは2017年3月8日時点で「半透明のブラック」しかカラーバリエーションがありません。

このグレーともいえる色をカッコイイと取るかダサいと取るかは個人の主観で決まります。僕は正直、半透明になっている色はあまり好きではありません。カッコイイと言えばカッコイイし、ダサいと言えばダサいし…。

今後「白色」とか「赤色」のProコントローラーが発売される可能性は十分考えられるので、色にこだわりたい人はもうちょっと待つのをおすすめします。

ちなみに、Proコントローラーの右スティックには「THX2 ALLGAMEFANS! (全てのゲームファンに感謝x2)」と書かれています。遊び心がありますね。

右スティックを下に傾けると「THX2 ALLGAMEFANS! (全てのゲームファンに感謝x2)」という隠しメッセージがちらっと見える

右スティックを下に傾けると「THX2 ALLGAMEFANS! (全てのゲームファンに感謝x2)」という隠しメッセージがちらっと見える

JoyToKeyがないとWindows10(PC)ではまず使用できない

「Bluetoothに対応しているんだから、パソコンに繋げればPCゲームも楽しめるのかな…?」と期待していましたが、その期待は打ち砕かれました。

Bluetooth対応の「Xbox One コントローラー」と同様に、Windows10にProコントローラーを接続するためには「Bluetooth USBアダプタ」が必要です。

(以下、アフィリエイト有り)

Windows10側でBluetoothを有効にし、Proコントローラーの「シンクロボタン」を2~3秒押せば設定画面の「Bluetooth デバイスの管理」で「Pro Controller」がポンっと出現します。あとは「Pro Controller」をクリックし、ペアリングすればいいだけ。

USB Type-C端子の右にあるシンクロボタンを押すと、Bluetoothに対応している機器の設定画面にProコントローラーが出現する

USB Type-C端子の右にあるシンクロボタンを押すと、Bluetoothに対応している機器の設定画面にProコントローラーが出現する

Windows10には接続可能だった

Windows10には接続可能だった

Steam、Uplayのゲームライブラリの中から数本のゲームをProコントローラーでも操作できるのか試してみましたが、あくまでも数本調べただけなのですが、問題なく動作するゲームは一つもありませんでした。これはAndroidスマホの場合でも同様です。

PC版のダークソウル3やウォッチドッグス2、ドラクエ10で動作するのか試してみましたがゲーム上では反応無し。かろうじてSteamのBig Pictureモードでは動作しました。

「ロケットリーグ」など動作するゲームもありましたが、左スティックが反応したりしなかったりして、使用は実質不可能でした。

ただ、エミュレーターなら一応動作するそうです。

PC版ダークソウル3の場合、「x360ce」というソフトウェアをゲームのインストールフォルダに配置すれば使えなかったコントローラーも使えるようになります。しかし「x360ce」を使ってみてもProコントローラーでは何の反応も起きませんでした。

SteamがDUALSHOCK 4に正式対応したので、今後ProコントローラーもSteam対応ゲームでも容易に使用することができるかもしれません。

ただ現在は「JoyToKey」というソフトウェアを使用すればProコントローラーでもPCゲームで遊べるそうです。

参考:Nintendo Switchの「Joy-Con」「Proコントローラー」をPC上で動かすための設定ガイド。ソフトを介せばSteamのゲームも遊べる | AUTOMATON

Fire TV・Mac・スマホにも接続可能だが、PCの場合とほぼ同じ

Proコントローラーは、Bluetoothに対応している「Amazon Fire TV」やMacBook Pro、またはAndroidスマホにも一応接続可能です。

Macでもとりあえず接続は出来る

Macでもとりあえず接続は出来る

Xperia Z3なら接続できた

Xperia Z3なら接続できた

Amazon Fire TVにも繋げられる

Amazon Fire TVにも繋げられる

「Amazon Fire TV」の場合は「Flappy Bird」など簡単なゲームならプレイできます。しかし「Terraria」といった全てのボタンを使用する必要があるゲームでは、PCの場合と同様にキャラクターを移動させる左スティックの反応が著しく悪く、全く使い物になりません。

ニンテンドースイッチでは「キャンセルボタン」として扱われるBボタンで決定することになるので、ニンテンドースイッチを遊び終えてから別の機器でProコントローラーを使用すると操作ミスが頻発し、戸惑います。

Androidスマホに接続した場合、アプリ間の移動はProコントローラーで行えますが、Android版ドラクエ7などのゲームアプリでは一つのボタンしか反応しないことがありました。

Android端末の場合、JoyToKey的なアプリで何とか出来るかもしれません。しかしiPhone・iPadといったiOS端末ではProコントローラーでシンクロボタンを押しても、Bluetooth設定画面にすら表示されず認識しませんでした。

トップクラスの持ちやすさ

価格が高かったり、PCやスマホではソフトウェアを使わない限りあまり活躍できないProコントローラーですが、肝心の「持ちやすさ」と「使いやすさ」は「Xbox One コントローラー」よりも優れています。

「Xbox One コントローラー」もコントローラーの中では持ちやすい部類に入ります。しかし私の手にはProコントローラーの方がしっくりとくるのです。

下がProコントローラー、上が「Xbox One コントローラー」

下がProコントローラー、上が「Xbox One コントローラー」

両方ともひっくり返すとこんな感じ

両方ともひっくり返すとこんな感じ

その理由は「薬指で覆うコントローラーの裏部分がすっきりしているから」です。Proコントローラーのグリップ部分(薬指と小指で握る部分)にすべり止めの処理がなされていて、何より薬指がスポッとはまります。この感じが非常に良いのです。

出っ張っていない部分に薬指がハマり、その状態でProコントローラーを支えるので、薬指に対する負荷が少ない

出っ張っていない部分に薬指がハマり、その状態でProコントローラーを支えるので、薬指に対する負荷が少ない

少し出ている部分を薬指の関節部分で支えることになるので、下手な持ち方をしながら長時間プレイすると手の関節がほんの少し痛くなる

少し出ている部分を薬指の関節部分で支えることになるので、下手な持ち方をしながら長時間プレイすると手の関節がほんの少し痛くなる

この素晴らしさは「Xbox One コントローラー」と持ち比べてみないと分からないと思います。Proコントローラーが素晴らしいというより、Proコントローラーの問題がほとんど見つからないと言った方が正しいかもしれません。

ProコントローラーのR・ZR部分は旧「Xbox One コントローラー(型番:7MN-00005)」のようにカチカチとクリック音が鳴る仕様ではなく、スコスコと押し込むような感じになっていて不快感がありません。

L・ZL、またはR・ZRを押した感触は「スコスコ」

L・ZL、またはR・ZRを押した感触は「スコスコ」

補足
ちなみに2017年3月7日時点で販売されている「Xbox One コントローラー(型番:4N6-00003)」ではクリック音が無くなり、なおかつBluetoothに対応するようになりました。

A・B・Y・XボタンもJoy-Conと比較してかなり大きく、非常に押しやすいです。

ボタンが大きい

ボタンが大きい

キャラクターの移動やカメラの操作で使用するスティックにはゴムっぽい感触のするすべり止め処理が施されていて、不満もありません。

ゴムのような感触のすべり止め

ゴムのような感触のすべり止め

十字キーを押すと「コッ」と小さな音をたてて沈み込みます。

充電が面倒くさくない

「Xbox One コントローラー」の場合、電池が切れたら単3形充電池を再び充電し直すか、単3形乾電池を入れ替える必要があり、少々面倒です。

しかしProコントローラーなら、充電したいなら付属の「USB充電ケーブル(HAC-010)」をProコントローラーに挿して、ニンテンドースイッチのドックかスマホ用の充電器に接続するだけで可能です。

充電する前にProコントローラーに充電ケーブルを挿す

充電する前にProコントローラーに充電ケーブルを挿す

あとは充電ケーブルをドックのUSB端子に挿し込めばOK

あとは充電ケーブルをドックのUSB端子に挿し込めばOK

単3充電池なら汎用性が高く他の機器にも使えますが、Proコントローラーなら電池をいちいち入れ替える必要がありません。

また約6時間の充電で約40時間ほど動作します。充電しながらの使用も可能です。

たまにボタンの押し間違えがある

ただ操作感については些細な問題が一つあります。それはホームボタンと+ボタン、または-ボタンとキャプチャーボタンを押し間違えてしまうこと。

ホームボタンを押そうと思ったのに+ボタンを押していたり、-ボタンを押そうと思ったのにキャプチャーボタンを押していることがたまに起きます。

+ボタンとホームボタンの位置が近く、押し間違える

+ボタンとホームボタンの位置が近く、押し間違える

ただこれはProコントローラーに慣れれば解決するでしょう。

最後に:Joy-Conで十分なら買う必要はない

確かにProコントローラーは持ちやすさと使いやすさ、この2点だけを見れば非常に素晴らしいコントローラーです。

ただPCではソフトウェアがないとほぼ使い物にならず、「価格は高いけどBluetooth対応だから他にも使えるだろう」という期待は今のところしない方がいいです。いつかPCにも完全に対応するかもしれませんが…。

Joy-Conグリップに二つのJoy-Conを取り付けた状態でも全然遊べるので、それで満足している人はProコントローラーを買う必要はありません。買ったとしても値段相応のメリットを享受できるとは考えづらいからです。

現状は、スプラトゥーン2などオンライン対戦がメインのゲームでとにかく勝率を上げていきたい人や、ニンテンドースイッチのソフトを遊び倒す予定がある人にしかおすすめできません。

しかし「価格は高いが扱いやすい」、この一点は確かです。

(以下、アフィリエイトと関連記事)

注意
『Nintendo Switch Proコントローラー』の定価は税込みで7,538円です。アマゾン(Amazon.co.jp)での価格が定価を超えている場合、それは業者によって決められた値段の可能性があります。定価以下で購入したいなら、アマゾンがProコントローラーを入荷するまで待つのを推奨します。

ニンテンドースイッチを評価/レビュー。カクつきが気になるが大丈夫か?

2017.03.03

ニンテンドースイッチ購入ガイド:おすすめできそうな周辺機器も紹介

2017.01.21

ニンテンドースイッチの評価/レビューで批判されそうな事21選と噂やメリットまとめ

2017.01.19

【超主観】俺のニンテンドースイッチおすすめゲームソフトランキング

2017.01.14
広告
『Nintendo Switch Proコントローラー』とその箱

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。