【買うべき?】CoD:BOCWオープンベータのマルチプレイに参加した感想

2020年11月13日発売のCoDシリーズ最新作『CoD:BOCW』の予約購入特典である「オープンベータ早期アクセス」に参加。マルチプレイヤーの各ゲームモードを一通りプレイした感想(PC版)。前作CoD:MWと比較してどう変わったのか?新しいゲームモード「ダーティーボム」や「VIPエスコート」のためだけに今作を買うべきなのか?

広告

以下、主にマルチプレイヤーの感想

PC版CoD:BOCW(Call of Duty: Black Ops Cold War、コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)の予約特典である、オープンベータ早期アクセスに参加。マルチプレイヤーのいくつかのゲームモードが遊べる状態でした。

マルチプレイヤーに関しては「いつものCoD」という感じ。CoDのマルチプレイヤーに食傷気味であるなら、わざわざ買う必要はないでしょう。

細かい部分で小さな変更がいくつかあるかと思いますが、大きな変化は感じられず。ただ、プレイしやすい&遊びやすい感覚はありました。

新しいゲームモードのダーティーボムは、確かに楽しいです。しかし複数のチームに分かれて戦う必要があり、なおかつ目的も達成しないといけないため、かなり強めの連携が求められます。

前作のCoD:MWでは2vs2のゲームモードが異常に面白かったのですが、CoD:BOCWのオープンベータ早期アクセス(10/16時点)では2vs2で遊べませんでした。

気になったゲームモード

ダーティーボム

一番気になったゲームモードは「ファイアチーム: ダーティーボム(FIRETEAM: DIRTY BOMB)」。

このゲームモードは、マップ上にあるウランを集めて、「ダーティーボム」なる設置物(爆弾)にウランを注入するチーム戦です(4人チーム)。

集めたウランを爆弾に貯める

集めたウランを爆弾に貯める

ゲーム開始時に飛行機から飛び降りて、探索場所を自由に選択できたり、ゲームモードに参加する人数が32〜40人もいる等、マップの広さも含め雰囲気はまさにバトルロイヤル。(※リスポーンあり)

バトロワ感

バトロワ感

バイクや戦車等の乗り物もあり、お祭り感がありつつもチームメンバーとの連携が求められるゲームモードです。

スノーモービルにも乗れました

スノーモービルにも乗れました

四方八方に敵がいる印象。スナイパーライフルを使ったらやたらとキルが稼げました。が、敵を倒してばかりではいけません。ウランは敵からもドロップする仕様。ウランを集めて、各ポイントに設置されている爆弾に注入する必要があります。

爆弾にウランを注入する段階で、複数の敵チームがなぜか集結してドンパチし始めることが多く、そこからが本当の戦い。死亡しても仲間に救助して貰えれば復帰可能なので、少し無茶も出来ます。ただし完全に死亡したらリスポーン。

ウランが満タンになると爆弾(ダーティーボム)が爆発し、放射能だか放射線が撒き散らされ、爆発地点の周囲にいるだけで被爆していきます。ちょっとFallout的でした。

つまらなくはないですが、このゲームモードのためにCoD:BOCWを買うのはちょっと…。もちろんルールや仕様は違いますが、無料で遊べるバトロワ「CoD:Warzone」で十分満足できるのではないでしょうか。

VIPエスコート

2チームに分かれ、VIPを所定の場所まで送り届ける、もしくはそれを邪魔するゲームモード。VIPは仲間の内の一人がランダムで選ばれます。防衛側はVIPを倒せば勝利。

スナイパーライフルでVIPだけを狙って、脱出地点を見張り続けるなど、いろんな戦略がありそうです。

瀕死になっても仲間から救助されれば戦闘に復帰できます。少し「レインボーシックス シージ」感があります。

一度、完全に死亡すると復帰できません。緊張感があります。

VIPが脱出しようとしているところ

VIPが脱出しようとしているところ

クイックプレイで遊べたゲームモード

オープンベータ早期アクセスの初日では、クイックプレイを押せば特に待たされることなく試合が始まりました。遊びたいモードを選択すると、少し待たされます。

クイックプレイで遊べたゲームモードは以下の通り↓

  • チームデスマッチ
  • ハードポイント
  • ドミネーション
  • キルコンファームド

お馴染みのゲームモードですね。ハードポイントとドミネーションは拠点を制圧・防衛するゲームモードです。

敵が拠点を占領しにやって来た場面

敵が拠点を占領しにやって来た場面

クロスプレイについて

公式サイトでは「クロスプログレッション、クロスプラットフォーム、クロスジェネレーションプレイ全てに対応」とあります。

しかしオープンベータ早期アクセスの時点では、特に何かがクロスしている印象も受けず。(ってことは逆に良い?)

「PCでプレイしている人の方が強いのかな…?いや、PS4の方が強い?」みたいな、そういったことが気になってしまうデザインにはなっていなかったと思います。リザルト画面をあまり見ていなかったせいかもしれませんが。

まとめ

マルチプレイヤーでしかほとんど遊ばない人は買う必要がないと思います。

ただ、CoD:BOCWにはマルチプレイヤーの他にも、シングルプレイヤーキャンペーンはもちろん、ゾンビモードもあります。

CoDシリーズは基本的にマルチプレイヤーでしか遊んでこなかったので、今作からはキャンペーンもやっていこうかなと、真剣に考えました。やっぱりマルチプレイヤーでロケットランチャーをぶっ放してばかりじゃ飽きますもんね…。

オープンベータは誰でも無料で参加可能なので、とりあえずやってみては。オープンベータは太平洋夏時間で10月17日~19日の間、参加できます。

PC版CoD:BOCWを公式より3191円安く買う方法(Steam版は存在しない)

2020.08.30

PC版CoD:BOCWを日本定価より安い価格で、外部ストアで実際に購入してみた

2020.10.13

(Image:© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTY、CALL OF DUTY BLACK OPS、MODERN WARFAREはActivision Publishing, Inc.の登録商標です。その他全ての登録商標と商号は各所有者に帰属します。)