PvZ:GW2 雑な感想/評価/レビュー 五千円の価値あるか?

Originの新サービス”Origin Access”の激安価格のせいで、最新作”プラントvs.ゾンビ ガーデンウォーフェア2″(Plants vs. Zombies Garden Warfare 2)に対する満足度が激減。ゲーム自体は誰でも楽しめるカジュアルさと特殊なクラスが併存してて普通に面白い。

広告

1時間ほどのプレイで「もういいかな」状態に

pvzgw2-kansou-1

PC版のスタンダードエディションを五千円ぐらいで買ったけど、五千円の価値はないかもしんない。

『プラントvs.ゾンビ ガーデンウォーフェア2』(Plants vs. Zombies Garden Warfare 2。以下、PvZ:GW2)は、タワーオブディフェンスゲーム『Plants vs. Zombies』の世界観を元に作られたTPS(三人称視点シューティングゲーム)の続編。

8つのゲームモード、12の新マップ、14種類のクラス、そして100のキャラクターなど、Originのゲーム説明によるとこれらがPvZ:GW2の内容とのことですが、かなり早めに飽きました。

まだ全てのゲームモードで遊んだわけじゃないし、マルチプレイの「チームデスマッチ」(Team Vanquish)や「拠点を攻めたり守ったりするモード」(Turf Takeover)で全てのクラスを一通り使っただけなんですけど、なんだろう、なんかもういいかな。

アンカリング効果の罠

pvzgw2-kansou-4

購入した当初は「やっべえ!ワクワクすっぞ!」というテンションだったのですが、ちょっとプレイしてみたら「あーー・・・」と後悔の波が押し寄せてきました。五千円はもったいなかったなーと。

でも、これはしょうがないと思うんですよ。だって、Originには「Origin Access」がありますから。ちなみにOrigin Accessって知ってますよね?

知らない人のために説明します。Origin AccessというのはOriginが最近始めた「月額500円ほどでOriginが指定したゲーム(Vault入りしたゲーム)が遊び放題」っていうサービスのことです。

pvzgw2-kansou-9
  • メンバーは、順次拡大中の名作PCゲームコレクションのVaultにアクセスできます。
  • 10タイトル以上の製品版も対象です。
  • Vaultには今後もどんどんゲームが追加されます。

参考:Origin:Vault

で、Origin Accessに加入すると前作「Plants vs. Zombies Garden Warfare」が遊び放題なわけですよ。五千円の十分の一の値段で前作が遊び放題…。これ、ヤバイと思うんです。

だって、Originの最新作はいずれ「Vault入り」して月額500円ほどで遊び放題になるでしょうし、そのことを考えると最新作に対する満足度は激減してしまうと思うんです。実際購入してみて「やっちゃったかな…」と感じてるわけで。

こういう心理的な脳の働きを「アンカリング効果」って言うんですけど、月額約500円っていう基準のせいで最新作の魅力が落ちてしまってる気がします。

※アンカリング効果とは、数値や情報を事前に提示されることで、それらが基準となって行動や評価してしまう傾向のこと。

独特なクラスばかり

pvzgw2-kansou-5

じゃあ実際のゲームは面白いのかどうかと言うと、これが普通に面白いんですよ。

やっぱクラス制は偉大で、PvZ:GW2の場合、標準的なクラスが少ない。ほとんどのクラスが他のゲームにはないような独特さを持っていて、戦闘は自然にハチャメチャになります。

例えば私は「Super Brainz」っていうゾンビヒーローが好きになりました。パンチとキックで近接攻撃を仕掛けていくクラスなんですけど、数あるクラスの中でもマイナーで特殊。

pvzgw2-kansou-3

私はマイナーな物に弱くて、たとえ皆から弱い弱いって言われてても「マイナーな物を使って勝つことに意義を見出してしまうクセ」があって、「Super Brainz」はそんな私のマイナー心を満たしてくれます。アホ面も最高。

pvzgw2-kansou-2

「Super Brainz」はかなり使い勝手の悪いクラスです。遠距離攻撃は「かめはめ波」みたいな必殺技ぐらいしか使えないし、一度使うとクールダウンが終わるまで待たなきゃいけないから連発して使えない。

なので、相手との距離を一気に縮められる「飛びキック」を温存しつつ戦っていく必要があります。プラントに遠くから弾を当てられて死ぬことはしょっちゅうあるし、理不尽な死を迎えることもしばしば。

でも通常攻撃がかなり強い。敵に近づいて3回ほどパンチするだけで敵は死にます。

pvzgw2-kansou-8

PvZ:GW2だと移動速度が遅くてやけにマップが広いから戦闘の爽快感があまりないんですけど、「Super Brainz」であればビシバシ攻撃できて爽快だから好きかなー。ハリケーンのような「回転攻撃」も乱戦時に重宝するからGOOD。

追記:右クリック+左クリックで、必殺技とはまた別の遠距離攻撃ができました。気付かなかった…。(指摘ありがとうございます)
pvzgw2-kansou-2-1

最後に:「Vault入り」を待て

pvzgw2-kansou-6

PvZ:GW2にはオンラインマルチプレイの他に「クエストをこなしていくシングルプレイ的な要素」もあって、飽きさせないように「かさ増し」しようとしてるというか、実際にかさ増ししてるんですけど、やっぱりすぐ飽きます。

確か前作の「PvZ:GW」が無料プレイできた時は1時間で飽きたんですけど、PvZ:GW2の時も同じような感覚を覚えました。「信じたくないけど…もしかして飽きてきたんじゃね?」みたいな感覚を。

私は「ゲームを評価する時は価格をなるべく考慮しない派」なんですけど、今回はちょっとね…。Origin Accessの衝撃価格(月額約500円!)の素晴らしさのせいで、つまりアンカリング効果のせいで正常な評価を下せる自信がありません。

pvzgw2-kansou-7

はっきり言ってしまうとPvZ:GW2には五千円の価値はありません。でも普通に面白いんです。他ではみられないような独特なクラスをたくさん使えるのにシンプルかつカジュアルなTPSで、誰でもバカになれるゲームです。

ただ、定価で買うのはおすすめしません。発売から1〜3ヶ月たてばどうせ半額セールの対象になるでしょうし、1年待てばVault入りするでしょうし、その時に買うかOrigin Accessに加入するかした方がいいです。

あと、無料プレイ期間も来るはず。もしかすると無料プレイ期間中に満足してしまうかもしれません…。

Origin:Plants vs. Zombies Garden Warfare 2

あわせて読みたい

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。