PC版ウォッチドッグス速攻レビュー。重すぎてクソゲー感MAX。ハッキングは超能力だった

SteamではなくUplayの海外版Watch_Dogsを購入し、軽く批評。主人公エイデン・ピアースはただの超能力者(チート使い、チーター)だった。最低設定だとヌルヌルだが、垂直同期有効の最高(最大)設定だとガクガクに。ただし解決方法はある。

広告

ウォッチドッグスが頻繁にカクつく。これはちょっと酷いレベル

GMGで北米版ウォッチドッグスを予約購入し、北米Uplayアカウントでキーを認証できました(詳しくはこちら)。しかしUplayサーバーが落ちたのが原因で、オフラインのシングルプレイしかできない状態に。

北米版だと英語とその他多数の言語で遊べるのですが、日本語は選択できませんでした。

マルチプレイと日本語化は諦めて、PC版ウォッチドッグスのシングルプレイを3時間ほどプレイしました。感想を述べます。

ネタバレになっちゃうので、ストーリーについては書いてません。たったの3時間ぐらいしかプレイしていないことを考慮してお読みください。

結論から言いますと、PC版ウォッチドッグスはカクカクし過ぎてプレイしづらい。

PCの環境はCPUが「Core i5-4670K」で、GPUが「GeForce GTX780Ti 3GB」、ストレージはSSDです。(詳しくはこちら)。かなりハイエンドな部類に入ると思いますが、なかなか重かったです。

追記:
「Core i5-4670K」は「Core i7-4770K」とほぼ同じの性能です。ゲームによってはi5-4670Kの方が少しだけFPSが上回ることもあるようです。

参考:ついに登場した「Haswell」の特性とゲーム性能を明らかにする

最大(ウルトラ)設定からグラフィック設定を下げても、場所によっては急激にFPSがガタ落ちします。人が多いところだとほぼ確実にガクガクになる。

最悪なのが、頻繁にカクつくせいでカーチェイスの難易度が難しすぎるという点。設定を下げればカクつきは減ります。しかし、そうすると中途半端な画質になってしまう。

テクスチャのクオリティは、GTA IV・セインツロウ3・GTA Vと同じぐらいのレベル。GTA VはまだPS3/Xbox360版しか発売されていませんが、PC版が出たらウォッチドッグスのクオリティを超えてきそうな予感がします。

クオリティは最大設定にしても期待していた以上に高くなりませんでした。しかし、反射・ビル窓・光・水の表現は素晴らしい。太陽の眩しい表現や、大雨の時の水たまりがかなりリアル。

ENBseriesやSweetFX等のグラフィックModが登場したら、恐らく4K~8K解像度でプレイできるようになるのではないでしょうか。ただ4K~8Kが可能だとしても、フルHDですら激重なので、4K~8Kは現実的ではないでしょうね。

↓というわけで、PC版ウォッチドッグスを最大設定にし、警察と鬼ごっこしてきた動画を撮ってきました(V-sync有効)。

PC版ウォッチドッグス(ウルトラ最高設定)でハッキングしつつカーチェイス – GTX780ti Ultra Max Settings Graphics 1080p FullHD gameplay – YouTube

やっぱりYoutubeにアップロードするとけっこう画質が悪くなるんですね。本当はもっと綺麗なんですが。

カクカクしているようには見えないかもしれません。ただ、シングルプレイなのにラグを感じました。

FPSが急激にガタ落ちする原因

とまあ、ウォッチドッグスが重すぎる点について語ってきましたが、実はV-sync(垂直同期)を無効にすると大幅にFPSが改善します。

大体のゲームがそうなんですけどね。特にウォッチドッグスの場合は無効/有効時の格差がひどかった。

↓こちらがV-syncをオフにした状態のウォッチドッグスです。

ウォッチドッグス(Watch_Dogs)で電車vs.バイクのスピード対決!(異種レース) – YouTube

ただし、V-syncを無効にすると画面が乱れる乱れる。かといってV-syncを有効にすると、画面の乱れがほぼ収まる変わりにカクカクになる。まさに「あちらを立てればこちらが立たず状態」。

一番の解決策は今使っているグラフィックカードよりも上級のものを使うこと(VRAMが6GB以上あるヤツとか)。この解決方法は金銭的に無理があるので、私はV-syncをオフにする方を選びました。

あともう一つ解決策があります。それはG-sync対応モニタを使うこと。G-syncなら低FPSでもぬるぬるになるはず。

追記:
最大設定のウォッチドッグスでは4GB以上のVRAMがないとカクカクになる模様。GeForce GTX780Ti 3GBではVRAMが足りていないようです。

追記:
Modを使うことで改善する場合もあるそうです。
軽量化したらラッキー。ウォッチドッグスを最適化するEnhanced Reality Modの導入方法とスクリーンショットまとめ

ゲーム内容はそこそこ面白い

ハッキングが斬新

ウォッチドッグスは見た目も内容もほぼGTAです。ただし、他のクライム系ゲームとは違う斬新なシステムがあります。

それは、いろんな物にハッキング(クラッキング)ができるというシステム。

ウォッチドッグスの主人公「エイデン・ピアース」はひげ面で冴えないおっさんなんですが、ハッキングの天才です。ソーシャルエンジニアであり、フィクサー(請負人)でもあります。

主人公エイデンは、シカゴのインフラシステムである「Central Operating System(ctOS)」を支配することができます。

例えば、カーチェイス中に信号をちょちょいとハッキングするだけで、連鎖事故を起こして追ってくる警察を妨害することが可能です。

もちろんキャラクターモデルは使い回されていますが、モブ(Mob)はみんな名前が付いています。モブがiPhoneなりAndroidなりスマートフォンを操作していれば、すれ違うだけで個人情報を盗んだりできます。

銀行口座の情報を盗むことができれば、ATMに行ってお金を引き出すことも可能です。

ウォッチドッグスのハッキングは、まさに超能力です。「ハッキング」という超能力が使える人間を操作している感覚。

ハッキングといえば、ハリウッド映画みたいにターミナル(端末)から文字を打って他人のPCに侵入する様子を思い浮かべることでしょう。ウォッチドッグスの場合、スマホをちゃちゃっと操作するだけでハッキングが完了します。実際にはキーボードのキーを2秒ほど押すだけで終わります。一瞬です。

近くにあるカメラをハッキングすると、視点がそのカメラに変わります。カメラ越しから別のカメラをハッキングすると、さらに視点が変わります。

このカメラ越しのハッキングが斬新で面白くて、そこからさらにカメラに写っている人物から情報を盗んだりもできます。例え自分が遠くにいても、爆発できるものがカメラに写っていればハッキングして爆発させることが可能です。

ハッキングをしていると、テレポートしながら超能力を使っている感覚になります。神(チーター)になったかのような超越感を味わえる。

現実世界ではカーチェイス中に信号をハッキングして全部青にしたりすることはまず無理ですが、ウォッチドッグスではハッキングが一瞬でできます。そんなことは朝飯前です。

ちなみに、カメラ越しに主人公を見るとモザイクが掛かります。謎。

クラフト・スキル・ステルス要素もあるよ

ウォッチドッグスにはHitmanのようなステルス要素もあります。例えば、ピッチングマシーンを遠くの方からハッキングし、それを動かすことで敵の注意を引きつけることができます。

敵がピッチングマシーンに驚いている間に、見つからないようにそそくさと目的地へ向かうことができるわけです。

拾ったアイテムをクラフトすることもできます。クラフトしたアイテムを敵の近くに投げ、それをハッキングすることで敵の注意を引きつけたりできます。クラフトは攻略には欠かせないシステムでしょう。

経験値が貯まるとレベルのようなものが上がって、スキルを解放することもできます。スキルにはハッキング・車・戦闘系などがあります。

ハッキングスキルを上げると、警察を妨害する時に役立つスキルなどが使えるようになります。

今のところ一番気に入っているのはFocusスキル。Focusを使うと時間の流れが遅くなります。いわゆるバレットタイムとかいうヤツ。

運転中にもFocusが使えます。これがあれば事故の回数を減らせるので重宝しています。

GTAみたいにヒャッハーすることも可能

GTAシリーズのように、車で「人間ドミノ倒し(人を轢くこと)」もできます。

ただし、人を殺しすぎるとエイデンの評判が悪くなって、街中の人に嫌われます。

最後に:クソゲー感はあるが、グラフィック設定次第でなんとかなる

まとめ:ウォッチドッグスのリアルな表現(エフェクト)は素晴らしいが、テクスチャのクオリティは少し前のゲームとほぼ同じレベル。ただし、ゲーム内容は斬新。そこそこ面白い。

ウォッチドッグスを言葉でざっくりと表現すると、「GTA5にハッキングという新チートが追加された感じのゲーム」がふさわしい。

本当は一刻も早くマルチプレイがしたかった。それなのにUplayサーバーが応答せず、出来なかった。

また、ウォッチドッグスを認証したのにゲームライブラリに表示されない状態にもなりました。

ほとんどの場合、警察とカーチェイスすると死にます。なぜならFPSが急に下がって、本当は曲がりたいのにまっすぐ進んでいって電柱に直撃することが頻繁に起こるからです。

カクつきに対する不満は大きいのですが、ウォッチドッグスがつまらないわけではありません。たぶん、内容はクソゲーではありません。

しかし、FPS問題を修正するパッチでアップデートされない限り、クソゲーと言われてもしょうがないのではないでしょうか。ただ言えることは、操作感に関してはクソです。

↑なーんてことを最初は思ってましたが、V-syncをオフにしてからFPSはかなり改善しました。カクつきがほぼ無くなったかわりに画面が乱れるようになったけど、ウォッチドッグスにはギリギリ満足しています。

でもやっぱり、FPSを改善するパッチを当てて欲しいなあ。

挑発隠れんぼが面白いウォッチドッグスの全クリア後レビュー。私的評価スコアは37点

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。