『スーパーマリオラン』評価/レビュー 1200円課金は高いけど安い

SHARE

『スーパーマリオラン』評価/レビュー 1200円課金は高いけど安い

任天堂によるiOS(iPhone/iPad)向けアクションゲームアプリ『スーパーマリオラン』(Android配信予定)の有料コースをiPhone7 Plusでプレイし、全クリアした感想。1200円の課金で6つのワールドで遊べるのは流行りのソシャゲと比較すれば良心的で、一つ一つのコースは丁寧に作られている。画面が大きいスマホなら両手でプレイした方が攻略・安定しやすい(左手で持って右手の指でタップ)。

広告

(このページでは、任天堂株式会社を代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。)

『スーパーマリオ ラン』(Super Mario Run)は、任天堂によるスマートフォン向けの新タイトル。十字キーやAボタン、Bボタンを駆使してコースを進めていく既存の「スーパーマリオブラザーズ」シリーズとは違い、『スーパーマリオ ラン』では主人公のマリオが自動的に走り続ける。

具体的に言うと、コースは基本的に強制横スクロールで左から右へ動くが、マリオの動きに合わせてコースも動くといった感じだ。

コースにはマリオの進行を阻む障害物や穴があったりするが、プレイヤーはタイミングよくスマホの画面をタップすればいいだけ。

画面をタップするだけでマリオはジャンプし、クリボーやノコノコ等の敵キャラクターを踏みつけて始末したり、空中に舞うコインを獲得したりといった行為が可能になる。操作はいたってシンプルで、マリオのアクションは見ているだけでも爽快だ。

『スーパーマリオ ラン』を実際にプレイした感想を述べていく。ざっくり言うと「Downwell」や「Super Hexagon」、「TIME LOCKER」等(いずれも傑作中の傑作)のような革新的な面白さにまでは到達していないが、普通に楽しめる作品ではあった。

ただ、1200円も払って6つのワールドを解放する価値があるかどうかは微妙。クリアするだけなら1~2時間で全コースを完走できる。各コースに存在する特別なコインをゲットすることもボリュームの内に入れるなら、かなりのボリュームと言える。

問題はそのボリュームをこなしたくなるかどうかだ。僕には「特別なコイン集め」はただの苦行にしか思えなかった。しかしそれぞれのコースにはマリオらしさを感じられたし、十分満足している。

追記
スーパーマリオランはてっきり任天堂が作っているものと思っていましたが、制作はDeNAで、デザインは任天堂が担当しているとのこと。

参考:DeNAがアメリカのゲーム子会社を解散・清算——任天堂との提携で、世界市場でのプレゼンス挽回を狙う – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

とにかくシンプルなマリオ

何度も言うようにプレイヤーは画面をタイミングよくタップするだけでいい。それだけでマリオは跳躍し、障害物もモンスターも穴も飛び越えていく。

壁を蹴ってジャンプする時もタップするだけで可能。モンスターと対面した時にタップしなかった場合でも跳び箱を越えるようにスルーしてくれるし、めっちゃシンプルなゲーム。

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』 マリオは自動(オート)でダッシュし続ける

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』
マリオは自動(オート)でダッシュし続ける

特別なコイン集めはダークソウルっぽい

2016年12月16日時点で『スーパーマリオ ラン』に搭載されているゲームモードは、「ワールドツアー」「キノピオラリー」「王国作り」の三つ。

ワールドツアーはピーチ姫をさらったクッパの城へ向かうという、あるようでない王道のストーリーが用意されており、ワールドは6つ、コースは24個ある。ゲームが下手な人でも、クリアするだけなら3時間もあれば全コースを回れるだろう。

コースをクリアするだけでなく、特別な色のコインを探したり、ハイスコアを狙ったりなどといった遊び方もできる。

各コースには黄金のコイン以外にも特別なコインが5枚設置されており、特別なコインを全て獲得してゴールすると新たなコインが解放されるといった具合。特別なコインはあえて取りづらい場所に設置されているので、初挑戦のコースに挑む時は特別なコインを全て獲得するのはまず不可能だろう。

要するに特別なコイン集め=やりこみ要素と考えればいい。『スーパーマリオ ラン』で用意されているコースは全体的に難易度は低めで(けれどもワールド3-1から少しずつ難しくなってくる)、高難易度のコースで遊びたい人が特別なコイン集めに挑戦すればいいよね、という感じだ。

特別なコインはピンクコイン、パープルコイン、ブラックコインの3種類があり、一つのコースでピンクコインを制覇したらそのコースにおけるパープルコインが解放され、同じようにパープルコインを5枚獲得してゴールすればブラックコインが解放される。

特別なコインがアップグレードするたびにコースの様相が変わってくる。今まで無かった場所に雲や段差が設置され、その周辺にパープルコインやブラックコインが設置される。

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』 ジュゲムの下に配置されたパープルコイン。

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』
ジュゲムの下に配置されたパープルコイン。

特別なコインを全て獲得しようとなれば何度も同じコースに繰り返し挑戦しなければならない。ここが『スーパーマリオ ラン』の真価が試される部分だと思うのだが、正直ここは意見が分かれるところだろう。

マリオは左から右へ動き続ける。ジャンプすると後ろに戻れるブロック等がない限り、基本的には後ろ(左)へは戻れない。特別なコインを見逃しようものなら、それを獲得するためにスタートからやり直す必要がある。正直面倒。

ワールド1-1(一番最初のコース)で全てのブラックコインを獲得して達成感は味わえたが、達成感よりも疲労感の方が強く残った。『スーパーマリオ ラン』の特別なコイン集めには、死んではボスに挑戦し、その度に敵の動きを学習してクリアを目指す「ダークソウル」シリーズのような残酷さがある。

コースをクリアするだけなら普通に楽しい

とは言いつつも、特別なコインを気にせずに全コースをクリアするだけ、という遊び方なら全然楽しい。というより、やっぱり任天堂はすげぇ、と感じざるを得ない。

どのコースも一つずつ工夫されていて飽きを感じさせない。次のコースにはどんなギミックが待ち受けているのだろう?そう思いながら遊んでいたらあっという間にラスボスのクッパを倒していた。

確かに各ワールドの最終コースに鎮座するボスのほぼ全員は弱くてあっさり倒してしまうほどだが、それでも初見では負けてしまうことがあった。と思いきや何度か登場するクッパは、キノコを取って巨大化していればゴリ押しで倒せる。簡単なのか難しいのかよく分からない場面もあった。

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』 火の輪とクッパ。ここは少し手こずった。

引用:任天堂『スーパーマリオ ラン』
火の輪とクッパ。ここは少し手こずった。

しかしマリオを追跡するテレサなど、敵キャラクターの特性を活かしたコースがあったりと、一つ一つのコースが全く手抜きされていない。全コースをクリアした後の満足度は高い。

キノピオラリーと王国作りと使用可能キャラ

キノピオラリーはプレイするたびにコースが変わる対戦モードで、集めたコインと応援にかけつけたキノピオの数でスコアが決まり、スコアの高い方が勝ちとなるルール。「王国作り」はその名の通り自分好みの王国を作るというゲームモード。コインで建物や飾りを購入しオシャレな王国を作っていく。

マリオ以外にも使えるキャラクターが用意されていて、クリア後に「キノピオ」と「ピーチ姫」を使ってみた。キノピオは移動スピードが速くて、ピーチ姫はジャンプ後にふわふわと浮くことができる。コースや好みによってキャラを使い分ける感じかな。個人的にはピーチ姫が使いやすいと思う。

他にも「ルイージ」や「ヨッシー」なども扱えるようだが、なんだかんだでマリオを使うのが一番しっくりくる。

最後に:1200円は高いけど安い

これで1200円は高いと思う。確かに、特別なコイン集めや王国作りもボリュームの内に入れればボリュームは膨大。けど1200円でこの面白さはどうなんだろう。今時、基本無料(0円)でも面白いゲームはたくさんあるし(「TIME LOCKER」とか「ハースストーン」とか「クラッシュ・ロワイヤル」とか)、任天堂は相当強気なんだなと感じた。

ここまでくると任天堂ブランド、マリオブランドにお金を払っている気すらする。けれども嫌な気はしない。多彩なギミック、敵を駆使した芸術性の高いコースには満足しているからだ。

あとやっぱり任天堂だしね。課金者に向けてのコース追加等の何らかのアップデートが用意されているんだろうな、という期待が持てる。安心感が半端ないのだ。1200円払えば何度でも挑戦できるし、別にスタミナ制でもないしガチャもないから課金しすぎるということもない。

しかしApp Storeの表記だと「ワールド1〜6 ¥1200」となっているから、今後配信されるであろうコースで遊ぶためには再び1200円程度は課金しなければならない可能性も十分ある。任天堂が課金者に対してどのようにサポートするかは、今後の『スーパーマリオ ラン』の評価・評判次第だろう。

要するに1200円でこの面白さは高い。しかしコースに対するこだわりやボリューム、ブランドといった面を見れば1200円なんてむしろ安く感じる、ということだ。課金すべきかどうかは一度遊んでみてから決めればいい。ダウンロードは無料で出来るし、4面序盤まではタダで遊べる。

(以下、アフィリエイト)

▼ダウンロード無料なのに面白いスマホゲームアプリ

TIME LOCKER - Shooter

TIME LOCKER – Shooter
開発元:sotaro otsuka
無料
posted with アプリーチ

クラッシュ・ロワイヤル (Clash Royale)

クラッシュ・ロワイヤル (Clash Royale)
開発元:Supercell
無料
posted with アプリーチ

Hearthstone: ハースストーン

Hearthstone: ハースストーン[PR]
無料
posted with アプリーチ

俺の面白いおすすめ最新無料スマホゲームアプリランキング(iPhone/Android) 2017年も新作を随時追加中

2016.12.06