PC版オーバーウォッチを公式ショップの3割引で購入。日本語化・マッチング共に問題無し

鍵屋のG2AでOverwatch Origins Edition(オーバーウォッチ オリジンズ・エディション)をBattle.netよりも安く購入。グローバル版(海外版)は日本語字幕/吹き替え(音声)有りで、VPN無しで有効化とマルチプレイが可能。価格が高騰してるなら通常版を公式ストアで買った方がいい。

広告

まとめ

  • 鍵屋などで購入できるグローバル版『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』のゲームコード(以下、キー)は、Battle.netにてVPN無しで有効化・プレイが可能。(実際に確認済み)
  • グローバル版にも日本語字幕・日本語吹き替え(音声)が含まれる。
  • 鍵屋(G2A・Kinguin・G2Playなど)のグローバル版だと通常より安く買えることがあるが、鍵屋の利用にはリスクがともなう。
  • 2016年5月24日時点ではオーバーウォッチの鍵屋での価格が定価と同程度にまで高騰しているので、安く済ませたいのであればBattle.net公式ショップで通常版を購入した方がいいかも。

※鍵屋とは、PCゲームのプロダクトコード(キー)が格安で販売されているウェブストアのこと。そのほとんどが海外サイト。

※VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略。例えば、日本では見られない海外サイトを見るために使ったりする。地域によってプレイ制限が掛かっているゲームを、国籍を偽装して有効化し、プレイ可能にするためにVPNが使われることもある。

※記事執筆時点だとグローバル版はVPN無しで有効化・プレイが可能でしたが、急にグローバル版に制限が課される可能性はゼロではありません。鍵屋や海外ストアでのグローバル版の購入は、自己責任で行ってください。

グローバルPC版『オーバーウォッチ』はVPN無しで有効化・プレイが可能

『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』のグローバル版(海外版の一つ)は、VPNを使わなくても有効化(登録・認証)とプレイが可能でした。今回は鍵屋のG2Aで予約購入。『オーバーウォッチ』がリリースされる1時間半前ぐらいにキーが届きました。

なぜか鍵屋では通常版(Battle.net公式ショップで39.99ドルで販売されているもの)が無く、『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』が流通している状況でした。特典付きの『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』を購入し、VPN無しで有効化出来たわけですが、今後通常版『オーバーウォッチ』がBattle.net公式ショップ以外で販売される場合、グローバル版ならVPN無しで有効化できると考えてもよさそうです。

また、G2Aでグローバル版を購入しましたが実際にはEU(ヨーロッパ)版らしきキーが届きました。EU版でもVPN無しで有効化できるためか、G2AではEU版=グローバル版と認識しているのかもしれません。あるいはただの誤配送か…?

実際に届いたキー。右上に、上部が少し途切れた「EU」の文字が見えるのが分かる

実際に届いたキー。右上に、上部が少し途切れた「EU」の文字が見えるのが分かる

キーと商品をBattle.netで引き換える方法・流れ

オーバーウォッチ等のBLIZZARD製ゲームのキーは、SteamではなくBLIZZARD運営の「Battle.net」にて、アカウント単位で登録できます。キーを鍵屋などで購入したら、Battle.netでログイン(あるいは新規にアカウントを作成)し、キーを入力して引き換えの確定を済ませるだけです。

Battle.netアプリにあるオーバーウォッチから「コードの引き換え」をクリックすると、ブラウザが起動しキー入力ページが開く

Battle.netアプリにあるオーバーウォッチから「コードの引き換え」をクリックすると、ブラウザが起動しキー入力ページが開く

鍵屋や海外サイトで購入したオーバーウォッチのキーを入力する

鍵屋や海外サイトで購入したオーバーウォッチのキーを入力する

購入した商品が正しければ、「続ける」をクリック

購入した商品が正しければ、「続ける」をクリック

キーと商品の引き換えが成功した時に表示される文章

キーと商品の引き換えが成功した時に表示される文章

再びBattle.netアプリを開いてみると、オーバーウォッチは「購入済み」になっている

再びBattle.netアプリを開いてみると、オーバーウォッチは「購入済み」になっている

日本語吹き替え/字幕には特に問題が見当たらず

オープンベータ版と同じく、グローバル版は日本語字幕・日本語吹き替え(音声)に対応しています。インストール直後だと設定が英語のままになっているかもしれません。その場合、Battle.netアプリの設定を変えてみましょう。

マルチプレイにおけるマッチングも問題無し

overwatch-global-vpn-6

グローバル版であっても、「長時間待っていてもマッチングされない」などといった問題はまるでありません。その人気の高さゆえか、クイックプレイに参加後1分以内にはマッチングされていました(もちろん、プレイヤー人口が減り、過疎ってしまった場合はより長く待つ必要があるでしょう)。

また、南北アメリカ・ヨーロッパ・アジアの三つの中から参加したいサーバーをBattle.netアプリで選択可能でした。

(以下、アフィリエイト)

グローバルPC版『オーバーウォッチ』を安く買う方法

overwatch-global-vpn-7

鍵屋のリスクについて

鍵屋ではゲームのプロダクトコード(キー)が安く売られています。しかし鍵屋の利用には「キーを有効化できない」「有効化したゲームが突如として削除されるかもしれない」といったリスクがあります。

また、「基本的にサポートが悪く対応が遅い」「注文したのにページのローディングが永遠に続く」といったサポート・サイト上の問題や、「鍵屋で買っても、開発元・発売元にお金が直接流れない」といった倫理的問題もあります。

つまり、「鍵屋の利用は自己責任で行ってください」ということです。鍵屋のリスクを許容できない場合、Battle.net公式ショップで買うことをおすすめします。

大手鍵屋の保証オプションについて

G2A・Kinguin・G2Playのような大手鍵屋には保証オプションが用意されています。保証オプションを付けてキーを買った場合に、キーを有効化できなかった際には代わりのキーを送ってもらったり、キー購入代金を返金してもらったりできます。

中でもG2Aの保証オプション「G2A Shield」の場合は、「ゲームが消えてしまった時」でも返金を受け付けてくれます。

またKinguinとG2Playのサポートスタッフによれば、KinguinとG2Playの場合はゲームが消えた証拠となるスクリーンショット(ライブラリのゲームの並び等)をサポートに送ることで返金対応を進めてくれるとのこと。

グローバルPC版『オーバーウォッチ』を3割引で買えました

今回はG2Aで、4481円でグローバル版『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』を購入できました。Battle.net公式ショップだと定価が6538円なので、価格を比較すると3割引で買えたことになります。

※公式ショップでの定価は2016年5月24日時点のもの。59.99ドルを1ドル=109円で換算。

overwatch-global-vpn-9

しかし実際にPaypalで支払う場合、支払い手数料が100円ほど掛かってきます。また、個別に保証オプション(G2A Shield等)を付ける場合は130円ほど掛かるので、なるべく安全に買うとなるとなんやかんやで230円ぐらいは手数料として払うことになると考えた方がいいでしょう。これはG2Play等の場合でも同じです。

購入はこちらから

鍵屋の場合、需要と供給や、キー供給側の価格競争などで値段が常に変動しています。今はどれだけの価格になっているのかは分かりませんが、もっと安くなっているかもしれません。

オーバーウォッチの場合、発売日の2週間前だと4400円程度だったものが発売日が近づくにつれ鍵屋価格が高騰していき、ついには定価と同程度(あるいはそれ以上)にまで上がりました。よって、オリジンズ・エディションの特典を捨ててでも安く済ませたい場合はBattle.net公式ショップで通常版(定価39.99ドル)を購入した方がいいでしょう。

(以下、アフィリエイトリンク)

▼キーの購入はこちらから▼
G2A:グローバル版『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』 商品ページ

G2Play:EU版『オーバーウォッチ オリジンズ・エディション』 商品ページ(恐らくグローバル版と同じ扱い)

鍵屋での買い方について

G2Aの使い方やリスクの詳細については「G2AでのPCゲーム(キー・ギフト)の買い方&リスク・デメリット」で解説しています。

G2Playの購入方法の注意点については「G2playでのゲーム(キー・ギフト)の買い方と鍵屋のリスク・デメリットについて」で説明しています。G2Playでアカウントを作る際は、Paypalアカウントのメールアドレスと同じものを使用した方が無難です。

あわせて読みたい

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。