Firewatch感想/評価/レビュー かまいたちの夜には到底及ばないミステリー(ネタバレ無し)

【ストーリーのネタバレ無し】Firewatchはミステリーアドベンチャーゲーム(FPS)としては良作かもしれないが、結末が弱い。しかし謎を追う過程や女上司とのやりとりが良質なので日本語化されてから遊ぼう。個人的には全体的にセンスが高くて気に食わないゲームだ。高評価にしてる奴らもいけ好かない。

広告

Firewatchはこんなゲームだ

firewatch-review-6

広大なオープンワールドで丸太を斧で倒し、集めた木材でたき火を起こし、魚や肉を焼いて食べ、凶暴化したモンスターや野蛮な他プレイヤーと死闘を繰り広げながらも生きていく。Firewatch(ファイアウォッチ)はそんなサバイバルゲーム…ではありません。

Firewatchは自然豊かでオープンワールドな舞台を利用したミステリーアドベンチャーゲームです。先ほどの文章を読んで、「ありがちなサバイバルゲーム」をイメージした人はFirewatchをプレイする資格があるでしょう。きっとあなたは騙されやすいタイプです。

このゲームのキモはミステリー、つまり謎を追って解明していくこと。ミステリーにはもちろんミスリードがあって、騙されやすい人にはぴったりなゲームというわけです。もしかして「自分は絶対に詐欺には引っかからない!」なんて思ってません? いいですね、その意気です。

お前らのそういうところが気に食わない

firewatch-review-3

実を言うと本当は事前情報なしで遊んでもらいたいのですが、核心的ネタバレ無しでFirewatchの雰囲気や感想を述べていきます。まぁ安心してください。楽しみは奪いませんから…。

カートゥーン調で表現された美しい自然、主人公ヘンリー(Henry)と女上司デライア(Delilah)の何気ないやりとり、そしてゲームのロゴまでもシンプルでセンスがいい。ハイセンスなゲームです。

firewatch-review-1 firewatch-review-5

個人的にはそういうところが気に食わない。なんかムカつく。調子にのってると思うんですよ。「こうやって表現すれば気に入ってくれるんでしょ?」と開発元に言われてるみたいで…。ちなみに開発元はCampo Santo(インディーズ系)で、Campo SantoとPanic Inc.が協同してFirewatchは発売されました。

で、Firewatchを持ち上げてる人たち(Steamで好評に投票してる人たち)に対しても私はちょっと不信感を覚えます。お前らこういうセンスの高いゲームを持ち上げてカッコよく思われたいだけちゃうんかと。

結末にインパクトがない

firewatch-review-4

ざっくり言うとFirewatchはミステリーゲームとしてはインパクトに欠けるんですよ。「ミステリーアドベンチャー!」と言うより「これはいい香りがしますねぇ…どこで作られたワインですか? なるほどなるほど…」といったような“気取ったミステリーアート”って感じです。

ええ、もちろん分かってますよ。Firewatchが素晴らしいゲームだってことは。オープンワールドやFPSの利点を活かして没入感を高めてますし、ハイキングをしている途中で心情表現のためにBGMが急に流れてくるなど、音楽面での演出もしっかりしています。

しかしですね、かまいたちの夜と比べたら全く相手にならない。ミステリーの面白さとしてはかまいたちの夜の方が断然上なんです。あとFirewatchは前フリが長い。そういうところもなんか気に食わないのだ。

かまいたちの夜とは方向性が違う

firewatch-review-2

私は「ミステリーゲームで遊んだら絶対にかまいたちの夜と比較してしまう」という亡霊に取り憑かれてるので、そこは申し訳ないと思ってます。

まぁ、かまいたちの夜よりもつまらないミステリーゲームだとしても、Firewatchが良いゲームであることは間違いありません。

というかそもそも、「Firewatch」は「かまいたちの夜」とは方向性が違うゲームです。かまいたちの夜が「主に文章を読み進んでいくゲーム」であるのに対して、Firewatchは「オープンワールドでアクションを取りながら謎を追うゲーム」ですからね。形態がまるで違います。

最後に:過程を楽しもう

firewatch-review-7

要するにFirewatchは別につまらないわけじゃないし、悪いゲームでもない。ただ単に「ミステリーの衝撃度」が弱いゲームだってことです。まぁそう感じたのは英語でプレイしたせいかもしれませんが…でもゲームだから大体の結末は分かります。

Firewatchで楽しみたい場合、過程を堪能することに集中しましょう。主人公と他の登場人物との関係性の描き方は逸品ですし、無線で女上司に誘導されるのも…意外と悪くありませんでした(むしろ最高)。文書や多彩なオブジェクトから謎が徐々に明らかになっていきます。やっぱりそういうのって興奮しちゃうんだよなあ。

つまり私が言いたいことは「かまいたちの夜をまだプレイしたことがないなら、まず先にかまいたちの夜からプレイしようぜ!」ということです。

開発元のツイートによると、どうやらいろんな言語がサポートされる予定みたいですし、もしかしたら公式に日本語化されるかもしれません。Firewatchで遊ぶのはその後でいいでしょう。

Steam:Firewatch

▼Firewatchの紹介動画を作ってみました。約1分で終わります。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。