大作ゲームって何だ…?Downwell感想/評価/レビュー

値段の高いゲームは必ずしも面白いわけではない。ただし、安いからといってつまらないわけでもない。インディーズゲーム「Downwell」はそのことを証明している。Downwellをプレイした感想(レビュー)と、PC版(Steam版)で動作が重くなる現象の対処方法について。

広告

大作ゲームの意義を考えさせられるゲームだった

「Downwell」(Windows/iOS)を1時間ほどプレイしました。

downwell-review-1

Downwellはとにかく下へ下へとくだっていくゲームです。井戸の中にはモンスターがうじゃうじゃ。下半身から発射される弾のようなものを放出して、敵と障害物を破壊しつつ、下っていきます。ある程度くだったらゴール地点が見えてくる。そこを通れば一面クリア。

音と動き。これらが爽快。弾のどこか懐かしい発射音と、ゲームセンターで流れてくるようなBGMが、いい意味で切ない。

シンプルながらもかわいらしい棒人間型の主人公は、どこまでも深く暗黒な井戸の中で、弾の発射によってうまれた滞空時間を利用しつつ、軽快に落ちていく。

初心者向きのゲームではない。主人公の体力はあまりにも脆弱で、最初は4回敵に当たれば死ぬ。敵は多く、いやらしい動きでプレイヤーを苦しめてくる。

コウモリの動きにはキレそうになりました。あまりにも動きがムカつくので、とても汚い言葉を何度も叫んでしまった。心の中で。

それでも「次こそは…!! 次こそは…!!」とのめり込んでプレイしてしまう吸引力が、このゲームにはある。

downwell-review-3

自分はSteamでDownwellを298円で買いました。無料スマホゲームにむしばまれてしまった人には高いと感じるかもしれません。

約束しよう。298円以上の何かは必ず返ってくる。何がどのように得られるのかは、自分の五感で確かめてみてください。

自分はDownwellをプレイして、大作ゲームの存在意義について考えたくなりました。たった300円程度のお金と少しの時間を使うだけで、体にあるほとんどのエネルギーを奪い去っていき、それらを全て快感に変換してくれるゲームはそうそうない。

5000円も払ってまあまあ面白い大作ゲームって一体…?

PC版が重い場合はウィンドウモードでプレイしよう

downwell-review-2

自分の環境(Windows10)だと、フルスクリーンモードでプレイすると動作がカクカクになって重たかったです。45fpsぐらいしか出てなかった。しかし、ウィンドウモードに切り替えたらすこぶる動作が軽くなったので、「なんか重いなー」と感じる方はウィンドウモードに変更すると幸せになれるかもしれません。

あと、DownwellはiPhoneでプレイするよりPCで遊んだ方がいいらしい。指のせいで画面が見づらくなってしまうそうです。PC版だとプレイ中はスペースキーと左右の矢印キーしか使わないので、ゲームセンター感を味わえて楽しいですよ。

Steam:Downwell

iOS(iPhone/iPad):Downwell

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。