バイオハザードヴィレッジ海外PC版所有者でもSteamでWinters’Expansionを買えば普通に日本語で遊べる

海外PC版バイオハザードヴィレッジ(海外正式名称はRESIDENT EVIL Village)をGamesplanet等の外部ストアで購入した人は、Winters’Expansion等のDLCも海外版をわざわざ購入しなくてもOK。

広告

海外版所有者はSteamでDLCを買っても遊べます

Gamesplanet等で海外PC版バイオハザードヴィレッジを購入したとしても、SteamでDLCのWinters’ Expansionを買っても普通に日本語で遊べます。

要は、海外版所有者でも日本のSteamでDLCを買っても一応遊べるということです。

特殊な敵が現れるため、Shadows of Roseの序盤では表現規制の確認が取れず。(※追記:通常版のWinters’Expansionを購入してました。Z版だとまた表現が変わる?尚、ゲーム本体は表現規制無しの海外版です)

Gamesplanetでは当初はWinters’ Expansionは日本からでも有効化できるとの記載がありました。が、今はリージョンロックが明記されており、特に事情がない限り買わない方がいいでしょう。

ゲーム本編では”表現規制無し”は変わらず?

SteamでWinters’ Expansionを購入した後で、ゲーム本編(海外版)をプレイ。スナイパーライフルでゾンビの頭を撃つと、頭が破裂して無くなったので、少なくともゲーム本編の表現規制は変わっていないと思います。

ただ、三人称視点がバグってました。両腕がありません。

腕がなくなった主人公

腕がなくなった主人公

まとめ

まとめると、海外版所有者はわざわざGamesplanetで海外版のDLCを買う必要はありません。Gamesplanetの場合、商品ページの表記通り、日本からでは有効化できないSteamキーが送られてくるでしょう。

また、円安のためかSteam(通常版)よりも海外版の方が値段が高いため、海外版所有者でも普通にSteamで買う方が安上がりになります。(※記事執筆時点では)

追記
海外版のWinters’ ExpansionとGold Editionの日本に対するリージョンロックは解除された模様。海外版のSteamキーも日本からでも有効化できるようになったとのこと。

海外PC版バイオハザードヴィレッジのWinters'Expansion、リージョンロックが解除された模様

2022.11.02

▼Gamesplanetでのゲームの買い方は以下の記事で解説

Gamesplanet(GP)の使い方、Steam等のゲームキーの買い方や魅力を解説

2017.02.26

PC版バイオハザードヴィレッジ海外版所有者はWinters'Expansion(DLC)も外部ストアで買うべき?

2022.10.05

PC版バイオハザードヴィレッジをSteamより安く買う方法と注意点について

2021.01.31

海外PC版バイオハザードヴィレッジ(バイオ8)は表現規制無しで遊べる

2021.05.08

(Image:©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.)