超良作と断言する。ゲーム版ウォーキングデッドは最低最悪な気分にさせてくれる哲学的なADVだ

大人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」がPS4/PS3/Vita/iOS/Android/PCでゲーム化。精神をエグッてくる、ある意味クソみたいなゲームだった。その理由と感想/評価/レビュー。シーズン1の全エピソードをプレイした結果、死にたくなった。PC版は日本語化すれば物語を十分理解できる。

広告

ウォーキング・デッドは別の意味でクソゲーだ

はっきり言います。ゲーム版「ウォーキング・デッド」はクソゲーです。

walking-dead-game-03

「クソつまらないゲーム」という意味でのクソゲーではありません。「自分がどれだけクソな人間なのか気づかせてくれるゲーム」という意味でのクソゲーです。

ゲームの内容を簡潔に言うと、「かまいたちの夜」に少し似た、アクションが多少あるアドベンチャーゲームです。ゾンビサバイバルゲーム「DayZ」をドラマ化したような感じ。選択肢によって主人公の運命が変わります。小説のようなゲームとも言えるでしょう。発売・開発元はTelltale Games。

「ゾンビだらけになった世界でどのように生きていくか」という物語が、ドラマ形式で展開されます。その中でプレイヤーは人の命に関わる問題にぶち当たったり、難しい決断をせまられるわけです。

ただただつらい。生きているのが嫌になる。プレイ中は最低最悪な気分になります。

なんで俺はあそこであんな決断をしたんだ!?

あいつの意見に賛同していたら、こんなことにはならなかったはず…

物語はそういう後悔を無視して颯爽と進んでいきます。海外ドラマ版のウォーキング・デッドもそうなんですが、ゲームの方も物語がしっかりと出来ています。だから、次のエピソードがどうなるのか気になって仕方がない。

追記
本文を読まずにタイトルだけを見てゲームの評価が判断されてしまう可能性があったため、記事のタイトルを変えました。指摘ありがとうございます。

変更前:「断言する。ゲーム版ウォーキングデッドは最低最悪のクソゲーである」
変更後:「超良作と断言する。ゲーム版ウォーキングデッドは最低最悪な気分にさせてくれる哲学的なADVだ」

いつのまにか主人公に乗り移っていた

主人公を操作して銃を撃ったり、ゾンビを素手でやっつける場面があります。他にも簡略化してもよさそうな場面がかなりある。

walking-dead-game-04

例えば、穴を掘る場面では一回のクリックで一回しか掘れない。何度かクリックすることで穴掘りが完了します。わざわざプレイヤーに手間をかけさせることで、主人公とプレイヤーを一体化させようという意図なのでしょう。

そのおかげなのか、主人公に憑依してしまった。悪口を言うキャラに対してイラッときたり、キャラによって態度を変えたりすることが当たり前のようになっていきました。

精神をすり減らすゲームでもある

ウォーキング・デッドでは皆の命に関わる問題や人間関係のイザコザで発生した問題に対し、必ず回答する必要があります(沈黙も含む)。

walking-dead-game-02

八方美人として生きるか、一部の人たちから嫌われるか、あるいは無視を突き通すか。いずれにせよ、派閥闘争に巻き込まれるので精神的に疲れる。

誰と仲良くすべきで、誰を切り捨てるべきなのか。そういうことを常に考えないといけません。他人の命を左右する選択肢が突然でることがあり、その時は焦る焦る。考える余裕がないので生き残って欲しい人を反射的に選んでしまう。

結果によっては仲間にグチグチと文句をずっと言われ続けるので、本当に落ち込みます。ゲームのキャラに「そんなこと言ったってしょうがないじゃないか」と言ってやりたくなった。

久しぶりに自分と向き合った。哲学的なゲームでした

果たして、あなたは人としての尊厳・道徳心を保てるでしょうか。一人の人間として生きるのは想像以上に難しかった。きっとあなたも人としての一線を越えてしまう。

walking-dead-game-05

このゲームは、「自分の感情を観察するゲーム」と言ってもいいでしょう。悲惨で、絶望的で、どうしようもない場面に出くわした時、どういう決断をくだすのか。その後の結末を見て、自分自身はどう感じるのか。そういうゲームでもある。

このゲームをプレイすれば、必ず自己嫌悪におちいります。自分が「とんでもないクズ野郎」だったということに気付かされるのです。本当にクソみたいな気分になる。でも続きが気になって次のエピソードをプレイしてしまう。

目を背けたくなる場面が多々ありますが、逃げることはできません。一瞬の迷い・判断ミスで死んでしまうかもしれないという緊張感。一気に状況が変わる急展開。

心の奥深くにある最低最悪なクズ的要素をこれほどまでに引っ張りだしてくれるゲームは、きっと他にはない。物語が進むにつれ、どんどん打算的な方法で生き残ることを選ぶようになっていきました。自分でも気付かないうちに自分の中でクズ化が進行していたようです。

自分自身を常識人だと思ってる人は、本当はクズだったということに気付かされるはず。初めからクズだと自覚してる人は、さらにクズになっていく。本当にひどいゲームだった。

全てのエピソードを終えた時、放心状態で何も手につかなくなった。

ゲーム版ウォーキング・デッドを思う存分楽しむ方法

ネタバレには絶対に注意しよう

シーズン1のDLCとして「The Walking Dead: 400 Days」も発売されています。Steamでは既に続編の「The Walking Dead: Season 2(ウォーキング・デッド シーズン2)」も発売中。

また、開発・発売元であるTelltale Gamesは現在、スピンオフ的作品である「The Walking Dead Michonne」を開発中です。

しかし、まだシーズン1すらプレイしていない人は、公式サイトでシーズン2の情報を得ようとしない方がいいです。なぜなら、ページの説明文自体がややネタバレ気味になっているからです。情報収集せずにシーズン1から地道にプレイした方が絶対に楽しめます。

どのハードでプレイした方がいいのか

安さにこだわるなら絶対にPC版です。Steamでセールになった時に買えばいい。ただし、有志が作ってくれた日本語化ファイルが利用できなくなっていたら、日本語が含まれているコンソール版で遊ぶのがベスト。

英語のリスニング・リーディングが得意なら、手軽なAndroid/iOSアプリで遊ぶといいでしょう。

PC版は日本語化する必要がある

PC版はSteam等で販売されています。しかし、日本語に対応していません。自分で日本語化する必要があります。

The Walking Dead(ウォーキング・デッド)を日本語化する

(以下、アフィリエイト有り)

Android/iPhone版は英語のみ

Android/iOSアプリも用意されています。日本語ではプレイできないようですけど。

The Walking Dead: Season One

The Walking Dead: Season One
開発元:Telltale Inc
無料

ちなみに、「ウォーキング・デッド サバイバルへの道」という無料スマホアプリゲームもリリースされています。ドラマやTelltale Games版とは違う物語になっています。こちらは日本語に対応。

ウォーキング・デッド サバイバルへの道

ウォーキング・デッド サバイバルへの道
開発元:Scopely
無料

▼ウォーキング・デッドとは一味違うゲームアプリはこちら

Last Empire -War Z ゾンビサバイバルRPG

Last Empire -War Z ゾンビサバイバルRPG
無料
posted with アプリーチ

PS4/PS3/Vita版は日本語付き

シーズン1の日本語版は、PS3/Vitaでは既に日本語字幕版が発売されています。

シーズン1・PS4版は2016年6月23日に発売。

また、シーズン2日本語版はPS4/PS3/Vitaで2016年6月30日に発売。

傑作海外ドラマ「ウォーキング・デッド」を観たことがない?

ゲーム版をプレイする前に、ドラマ版を先に観たほうがよりゲーム版を楽しめる…かもしれません。でも、楽しむ順番はどっちでもいいかな。どちらもめちゃめちゃ面白いし。そこら辺はお好みで。

ドラマ版「ウォーキング・デッド」は、huludTVなどの有料動画配信サイトで観られます。無料期間中に解約してしまえばタダで観られます。

まだウォーキングデッドを観たことがないなら本当にもったいない。一度観てしまったら休暇が全部ウォーキングデッドに盗られちゃいますが、無料期間中に全シーズンを観て予習してみるのはどうでしょうか。

hulu

ゾンビ海外ドラマ「ウォーキングデッド」の動画を無料で観る方法【高画質&正規手段】

2016.10.07

ネタバレ注意 ウォーキングデッド:シーズン7の感想を1話~最終回まで随時追記中

2016.10.28

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドが面白い。俺ならグループが滅んだら別のグループに加入して…を繰り返す

2016.10.15
Last Empire -War Z ゾンビサバイバルRPG

Last Empire -War Z ゾンビサバイバルRPG
無料
posted with アプリーチ

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。