PC日本語版ディスオナード2購入ガイド Steam/Amazon/鍵屋のどこで買うべきか

SHARE

PC日本語版ディスオナード2購入ガイド Steam/Amazon/鍵屋のどこで買うべきか

パソコンでDishonored 2をプレイしたいけどSteamでの価格がちと高い…と思っている人のための購入指南。G2A/G2Play等の鍵屋で販売されているグローバル版でも日本発売日以降は日本語吹き替え(音声)・日本語字幕で遊べるかも。鍵屋のリスクについても解説。安全性をとるならアマゾンかSteamで買おう。

広告

開発元はArkane Studios、発売元はBethesda Softworksの「Dishonored 2」。対応しているハードはPC/PS4/XboxOneで、海外発売日は2016年11月11日、日本発売日は2016年12月8日となっています。

PC版も日本語吹き替え(音声)・日本語字幕に対応。PC版の場合、海外発売日の2016年11月11日以降は日本語以外の言語でプレイ可能で、日本発売日の2016年12月8日以降から日本語に対応することが発表されています。

リリース時にサポートする言語は以下の通り。

At launch, Dishonored 2 supports the following languages:

  • English
  • German
  • French
  • Italian
  • Spanish
  • Russian
  • Polish
  • Traditional Chinese (text, subtitles)

引用:Dishonored 2 – Japanese Release Info

2016年11月9日時点でのSteamにおける価格(定価)は7,980円。SteamDB(Steamで販売されているゲームの詳細な製品情報が載っているサイト)によれば、北米Steamでの販売価格59.99ドルを基準とすると日本での価格は30.19%も高いそうです。いわゆる「おま値」というやつですね。

実はPC版「Dishonored 2」はSteam以外でもSteamキーを受け取るという形で購入可能です。例えば日本のアマゾン(Amazon.co.jp)や、海外のGreen Man Gaming(GMG)、あるいは鍵屋のG2AやG2Playとか。

補足
鍵屋とは、PCゲームのプロダクトコード(キー)等が格安で販売されているウェブストアのこと。そのほとんどが海外サイト。

ちなみに2016年11月9日時点では、鍵屋ではグローバル版「Dishonored 2」が4000円台で売られています。

以下、なるべく「Dishonored 2」を安く買いたいという人のために、どこで買うべきか解説していきます。

鍵屋で買うのが一番安いので鍵屋で買いましょう!と言いたいところですが、鍵屋は一般的に評判が悪いですし、利用する際にリスクが伴ってきます。ある程度覚悟している人以外にはおすすめできません。迷ったらSteamかアマゾンで買いましょう。

グローバル版で遊ぶためにはVPNが必要?

SteamDBによると、「Dishonored 2」にはいろんなエディションというか、様々なバージョンの「Dishonored 2」が存在しているとされています。中国にいる人だけが遊べる中国版とか、ロシア版など。他にもグローバル版らしきものもあるみたいです。

鍵屋で主に販売されているのはグローバル版かロシア版ですね。ロシア版を購入するとSteamキーを有効化したりゲームを起動する時にロシアのVPNに接続するか、実際にロシアに行かないとゲームで遊べないので注意が必要です。

補足
VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略。例えば、日本では見られない海外サイトを見るために使ったりする。地域によってプレイ制限が掛かっているゲームを、国籍を偽装して有効化し、プレイ可能にするためにVPNが使われることもある。

問題なのがグローバル版。もしかするとSteamキーの有効化時やゲームの起動時に国外のVPNが必要になってくる可能性もなくはないです。しかし発売元がBethesda Softworksの場合、グローバル版ならVPN無しで有効化・起動ができるでしょう。

根拠は、発売元がBethesda Softworksの「Fallout 4」は、グローバル版ならVPN無しで有効化と起動が可能だったからです。発売元の意向が急に変わることもあるので、一概に断定できるわけではないのですが、グローバル版ならVPN無しでプレイできる可能性は高いと言えるでしょう。

注意
もちろん、鍵屋でのグローバル版の購入は自己責任で行ってください。
追記
グローバル版「Dishonored 2」はVPN無しで有効化・起動できることを確認できました。

グローバル版は日本語音声・日本語字幕で遊べるのか?

鍵屋などで格安で販売されているグローバル版「Dishonored 2」。問題はもう一つあって、それは「日本語で遊べるのか?」ということ。

結論から言うと、グローバル版でも日本語で遊べる可能性は高いです。根拠は上記の例と同じ。発売元がBethesda SoftworksのPC版「Fallout 4」が日本語でプレイできたからです。

しかし記事序盤で紹介した通り、日本発売日である2016年12月8日まではほぼ確実に日本語でプレイできません。公式がそう発表していますから。

参考:Dishonored 2 – Japanese Release Info

PC版「Fallout 4」の場合でも、グローバル版は日本語版「Fallout 4」の発売日に日本語データが追加されたので、「Dishonored 2」も同じパターンが適用されると思います。

補足
実際に鍵屋でグローバル版「Dishonored 2」を購入し、「グローバル版は日本発売日以降に日本語が追加されるのか」「VPN無しで遊べるのか」を確認し、追記して報告します。

追記
グローバル版「Dishonored 2」に日本語音声・字幕が追加されました。

最後に:鍵屋のリスクを知ろう

確かに鍵屋では「Dishonored 2」が安く販売されていますし、今後も時間が経つにつれ安くなっていくものと予想されます。

しかし鍵屋を利用すると既に使用されたキーが送られてくるトラブルに遭遇したり、キーを有効化してしばらく経った後にSteamからゲームを削除されて遊べなくなる可能性もあります。鍵屋の利用は自己責任でお願いします。

鍵屋でキーを購入する際に補償オプション(G2A Shield等)を付ければまず問題ないので、鍵屋でキーを購入する際は必ず補償オプションを付けるようにしましょう。

鍵屋の使い方やリスクについては「G2AでのPCゲーム(キー・ギフト)の買い方&リスク・デメリット」で解説しています。まだ鍵屋を使ったことがないなら必ず読んで下さい。

(以下、アフィリエイト有り)

▼Steamキーの購入はこちらから(アフィリンク)

補足
初めてG2Playを利用する際は、G2PlayアカウントのメールアドレスとPaypalのメールアドレスを一致させるようにしましょう。でないと身分証明書の提示を求められる場合があります。

「鍵屋ってなんか怖いなー」と思った方は、普通にSteamで買いましょう。あるいは、鍵屋よりも比較的マシなGreen Man Gaming(GMG)でもいいんじゃないでしょうか。

アマゾンでもSteamキーが販売されています。アマゾンだとSteamよりも安くなってる時があったりするかも…。

G2AでのPCゲーム(キー・ギフト)の買い方&リスク・デメリット

2016.07.02

G2playでのゲーム(キー・ギフト)の買い方と鍵屋のリスク・デメリットについて

2015.11.11

超常能力×暗殺『ディスオナード2』評価/レビュー 人を殺すのは悪いことなの?

2016.11.14

▼「Dishonored 2」のトレーラー