PC日本語版CODE VEIN(コードヴェイン)をSteamより50%安く購入する方法

バンダイナムコから2019年9月27日に発売されるドラマティック探索アクションRPG「CODE VEIN」(コードヴェイン)の日本語音声・字幕対応のPC版を、格安ゲームキーストアのGameBilletで定価の半額で予約購入。ロシア版なら最安値ですがかなり面倒なので購入非推奨。

広告

(Image:『CODE VEIN』プラットフォーム決定 – YouTube)

※海外ストアでのゲームキーの購入は自己責任でお願いします。

主要ストアごとに価格を比較

2019年9月27日にリリースされるPC版CODE VEINの通常版(Standard Edition)を安く購入できるストアは以下の表の通りです。(価格は2019年9月9日時点のもの)

下記リンクをクリックすると、それぞれのサイトのPC版CODE VEINの商品ページが開きます。なお表の中にあるG2A・G2Play・Green Man Gaming・Gamesplanet・GameBilletへのリンクはアフィリエイトリンクとなっています。

ストア名 価格
Steam 8,856円(定価)
Green Man Gaming 取り扱い予定?
Gamesplanet $50.99(5,452円) ※15%OFFの場合
GameBillet $41.19(4,402円) ※18%OFFの場合
G2AG2Play等の鍵屋 約3,094~円(時価)
注意
ロシアのゲームキー販売ストアは上級者向けなので除外。価格はG2Playでは標準でユーロになっているので注意。PayPalを利用した場合、手数料が別途掛かる場合があります。
補足
鍵屋とは、PCゲームのプロダクトコード(ゲームキー)等をAmazonのような「マーケットプレイス方式」で出品できるオンラインマーケットのこと。当ブログでは「売り手と買い手が自由に参加できる市場」を鍵屋と呼び、GamesplanetやGreen Man Gamingのようなサイトをゲームキー販売ストアと呼んでいます。

GameBilletがヤバイ

「GameBillet(ゲームビレット)」というゲームキーストアを紹介します。私はここでPC版CODE VEINのSteamキーを購入しました。理由は日本語対応かつ日本からでも有効化できて一番安かったからです。

先に価格を言いましょう。通常版は4,402円です。日本の定価「8,856円」の半額です。ロシア版じゃないのにこの価格はヤバいです。日本の定価の方がヤバいのかもしれませんが。デラックスエディションだと5,519円($51.62)です(Steamだと11,772円)。

というわけでGameBilletで買いました。今までGreen Man GamingやGamesplanetを利用してきた人は「大丈夫なの?」と心配するかもしれませんが、PayPalが当たり前のように使えますし、日本からでも問題なく買えます。

GameBilletにおけるCODE VEINの商品ページ。ACTIVATES IN JP(日本からでも有効化可能)と明記

GameBilletにおけるCODE VEINの商品ページ。ACTIVATES IN JP(日本からでも有効化可能)と明記

GameBilletの商品ページ下にある対応言語欄。Japaneseの記載がある

GameBilletの商品ページ下にある対応言語欄。Japaneseの記載がある

GameBilletのカートページ。PayPalとクレジットカードを選択できる。価格は41.19ドルでしたが37ユーロに変換されます。今だとドルよりユーロ払いの方が少し安い(安全なPayPalで支払うのがおすすめ)

GameBilletのカートページ。PayPalとクレジットカードを選択できる。価格は41.19ドルでしたが37ユーロに変換されます。今だとドルよりユーロ払いの方が少し安い(安全なPayPalで支払うのがおすすめ)

PayPalを選んでそのまま進むとPayPalで支払う画面が開きます

PayPalを選んでそのまま進むとPayPalで支払う画面が開きます

支払ったばかりだと「Your  payment is pending」になりますが、支払いが完了するとProcessingに変わります。まだ予約の段階なのでProcessingで止まっています。発売直前になればゲームキーが表示されます

支払ったばかりだと「Your payment is pending」になりますが、支払いが完了するとProcessingに変わります。まだ予約の段階なのでProcessingで止まっています。発売直前になればゲームキーが表示されます

ではこのGameBillet、安全なストアなのでしょうか?GameBilletにはこう書かれています。

Authorized ? Legit ? Where are the keys coming from ?

All of our digital products come directly from the Publishers. We do not support grey market and code stripping practices. A great portion of the payments will go to the Publishers. With us, you never have to use VPN’s to activate your game, and will never get Steam gifts. Therefore you don’t need to worry that your key will be revoked. There is zero risk when activating your games from GameBillet.

引用:About Us

以下、Google翻訳。

承認済み?合法?キーはどこから来ますか?

当社のデジタル製品はすべて出版社から直接提供されています。グレーマーケットとコードストリッピングのプラクティスはサポートしていません。支払いの大部分は出版社に送られます。私たちと一緒に、あなたはあなたのゲームをアクティベートするためにVPNを使用する必要はありません。したがって、キーが取り消されることを心配する必要はありません。 GameBilletからゲームをアクティブ化する際のリスクはありません。

どうやらGreen Man GamingやGamesplanetといったゲームキーストアと同様に、発売元(パブリッシャー)からゲームキーをちゃんと仕入れている正規のストアのようです。

正規ストアなのに「Green Man GamingやGamesplanetよりも安いのは大丈夫なのか…?」と心配するかもしれませんが、他のゲーム(例えばボーダーランズ3とか)はGreen Man Gamingとかと同じクラスの値段なので正規ストア感があります。

▼GameBilletでのゲームキー購入方法は以下の記事で分かりやすく解説

GameBillet(ゲームビレット)でのキー購入方法や返金規則を丁寧に解説

2019.09.11

Gamesplanetも日本語対応でかなり安い

Steamでの定価が8,856円であるのに対し、格安ゲームキーストアのGamesplanetは5,452円(15%OFFの場合)。価格差は3,404円と、定価より約38%安い事態になっています。

ここまで価格差があるのはCODE VEINの発売元(パブリッシャー)がバンダイナムコだからでしょう。バンダイナムコから発売されるゲームは日本の定価が世界一高くなる「おま値」になりがちです。ちなみにSteamで販売されているゲームの詳細な製品情報が載っているサイト「SteamDB」によると、日本が突出して高額になっています。

こういったゲームの場合、ゲームキーストアでもリージョンロック(地域制限)が掛けられていることが多々あるのですが、Gamesplanetの場合はリージョンロック無しの模様。Gamesplanetではリージョンロックのあるゲームキーに関しては「リージョンロックがあるから注意してね」という注意書きが明記されるので、リージョンロックに関する記載が無いということは日本からでも有効化できることを示しています。

なおかつ言語対応欄に「Japanese」とあるので日本語音声(吹き替え)、日本語字幕でプレイ可能です。

しかし発売元がバンダイナムコなので、発売日の前後で急に仕様が変わる可能性もわずかではありますがあります。例えば当初は「リージョンロック無し」だったのに、発売直前で日本だけ有効化できなくなったり、もしくは急に日本語に対応しなくなったり…。

安心して欲しいのはGamesplanetではそういうことが起きてもちゃんと返金してくれるということです。鍵屋のG2Aでも最近は返金スピードが早くなってきましたが、そもそもGamesplanetは企業からゲームキーをちゃんと仕入れている正規のゲームキーストアなので安心感があります。

なお、Green Man GamingでもCODE VEINは販売されているものの日本からでは商品ページにアクセスできません。

鍵屋のロシア版は最安値だけど…

鍵屋のG2AやG2Playではロシア版やヨーロッパ版、北米版のSteamキーが流通しています。その中でもやはりロシア版が3,000円台と突出して安いです。ロシア版はYuplayでも買えます。

しかしロシア版は少なくとも有効化時にロシアのVPNに接続する必要があります。しかも最近はSteamの仕様が変更され、Steamアカウントを居住国も使用するVPNに合わせて変更しなければいけません。

居住国を変更すると二週間は居住国を変更できなくなり、急にSteamで欲しいゲームがセール対象になったとしても居住国を日本以外に変更したSteamアカウントでは実質にそのゲームを購入することが不可能です。

その対策としてSteamのサブアカウントを作成するという方法があります。詳しくは以下の記事で解説しています。

地域制限のあるSteamキー、VPNだけでは有効化不可能に。対策方法を考える

2019.08.20

ゲームキーを安く買える鍵屋のリスクとデメリットを丁寧に解説する

2018.09.29

まとめ

ストア名 評価
Steam 定価で買える
Green Man Gaming いつかは販売する?
Gamesplanet 安くて日本語対応で安全
GameBillet 日本語対応で約半額で買える
G2AG2Play等の鍵屋 ロシア版は最安値(購入非推奨)

各ストアでのゲームキーの購入方法については下記記事で解説しています。

GameBillet(ゲームビレット)でのキー購入方法や返金規則を丁寧に解説

2019.09.11

Green Man Gaming(GMG)でのゲームの買い方、クーポンの使い方

2018.03.27

Gamesplanet(GP)の使い方、Steam等のゲームキーの買い方や魅力を解説

2017.02.26

G2AでのPCゲーム(キー・ギフト)の買い方&リスク・デメリット

2018.09.29

G2playでのゲーム(キー・ギフト)の買い方と鍵屋のリスク・デメリットについて

2015.11.11

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.