PC版アサシンクリードシンジケートをSteamの半額で購入。日本語化すれば無問題

PC版『Assassin’s Creed Syndicate』のグローバル版UplayキーはVPN無しで有効化と起動が可能。そのままだと英語でプレイすることになるが、海外版は字幕とメニューを日本語化できる。G2A等の鍵屋で海外版を格安に買って、日本語で遊べる。

広告

PC版の違い、日本語の有無について

Steamで買えるPC版『Assassin’s Creed Syndicate』(アサシン クリード シンジケート)には日本語字幕・音声が含まれています。

一方、鍵屋のG2A・G2Play・Kinguinなどで安く購入できるUplayグローバル版アサシンクリードシンジケートでは、何もしないと英語やその他言語で遊ぶことになります。しかし、日本語化すれば日本語字幕で遊べます。メニューも日本語で表示されるようになります。

assassins-creed-syndicate-japanese-6

実際に鍵屋のKinguinでUplayグローバル版を購入し、アサシンクリードシンジケートをダウンロード&インストール。その後、日本語化しましたが、ちゃんと日本語で遊べています。

日本語化の方法については「海外PC版アサシンクリードシンジケートを日本語化する方法」で解説しています。

※鍵屋とは、PCゲームのプロダクトコードが格安で販売されているウェブストアのこと。そのほとんどが海外サイト。

注意してほしいのは、Uplayグローバル版のキーはSteamで有効化するわけではないということ。簡単に言うと、アサシンクリードシンジケートはUplay版とSteam版とで分かれているのです。SteamとUplayは全く別の配信プラットフォームです。

Uplayキーは、Uplayアカウントを作成した後、Uplayクライアントで有効化することになります。

この記事で言いたいのは、「Steam版は高いけど、鍵屋で売られているUplay版は安い」ということです。

Uplayグローバル版はVPNなしで有効化・起動が可能

グローバル版のUplayキーは、VPN無しでUplayで有効化・起動が可能です。つまり鍵屋でUplayキーを買えば、そのままの普通の状態でキーを有効化でき、ゲームがUplayのゲームライブラリに追加され、プレイ可能ということです。

※VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略。例えば、日本では見られない海外サイトを見るために使ったりする。地域によってプレイ制限の掛かっているゲームを、国籍を偽装して有効化し、プレイ可能にするためにVPNが使われることもある。

鍵屋にはリスクがあるけど、安い

鍵屋の利用は自己責任で

G2A等の鍵屋の利用には、リスクが伴います。既に使われているキーが送られてきたり、商品内容と違うキーが送られてきたり、有効化したゲームが突然ライブラリから消えたり、そんなリスクがあります。

鍵屋によって保証内容は違いますが、返金保証オプションを付けてキーを買うと、何かあった場合に返金してもらえることもある。ただ、返金してもらえると言っても、返金されるまで時間が掛かったりすることもあります。最悪の場合、どんなにサポートに訴えても返金されない場合もあるかもしれません。

鍵屋を利用する際は、サポートに対して絶対に期待してはいけません。一般的に、鍵屋は依然として「怪しい業者」という位置づけです。

しかし、ゲームが安く買えるのは確かです。

Steamの半額で買えました

自分はグローバル版Uplayキーを手数料も含めて3868円で購入できました。記事執筆時点だと、Steamでは8100円で販売されているので、価格だけを比較すると半額以下で買えたことになります。

assassins-creed-syndicate-vpn-1

今回の購入先はKinguinという鍵屋。鍵屋は他にもG2AやG2Playなどがあります。利用方法は大体同じです。アカウントを登録して、ゲームをカートに入れて、Paypalで払う、という流れ。後はメールにプロダクトコード(キー)が届きます。また、鍵屋のウェブサイト上でもコードを確認できます。

購入はこちらから

鍵屋の場合、需要と供給や、キー供給側の価格競争などで値段が常に変動しています。今はどれだけの価格になっているのかは分かりませんが、もっと安くなっているかもしれません。

G2A:Uplayグローバル版『Assassin’s Creed Syndicate』 商品ページ(アフィリエイトリンク)

Kinguin:Uplayグローバル版『Assassin’s Creed Syndicate』 商品ページ(アフィリエイトリンク)

G2Aの使い方やリスクの詳細については「G2AでのPCゲーム(キー・ギフト)の買い方&リスク・デメリット」で解説しています。

Kinguinの使い方は、G2Playとほぼ同じです。購入方法の注意点については「G2playでのゲーム(キー・ギフト)の買い方と鍵屋のリスク・デメリットについて」で説明しています。KinguinやG2Playでアカウントを作る際は、Paypalアカウントのメールアドレスと同じものを使用した方が無難です。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。