MENU

カテゴリー

アーカイブ

Fanatical(ファナティカル)でのゲームキー購入方法や返金規則を解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

最新PCゲームが半額で買える、GMGやGamesplanetと似たような格安ゲームキーストアのFanatical(ファナティカル)におけるゲームキー(Steamキー等)の買い方・使い方を画像を使って分かりやすく解説。返金期間は14日間ありゲームキーを表示したりしなければ問答無用で返金可能です。

広告

※Fanaticalへのリンクは全てアフィリエイトリンクとなってます。またFanaticalは数多くのパブリッシャーから公認されており鍵屋よりも安全なストアと思われますが、海外のサイトを利用する場合は自己責任で行ってください。

Fanaticalとは?

Fanatical(ファナティカル)はゲームキー(プロダクトコード)を販売している海外のサイトで、他のゲームキーストア(公式ゲーム小売業者)よりもゲームのセット販売(以下、バンドル販売)に力を入れています。

Green Man GamingやGamesplanet、もしくはGameBilletといったゲームキーストアを利用している人ならすぐに理解できるかと思いますが、Fanaticalも同じ形態のゲームキーストアです。

つまりFanaticalも発売元(パブリッシャー)からゲームキーを直接仕入れている外部ストアということです。

FanaticalのAbout usにおける記載

FanaticalのAbout usにおける記載

数多くのパブリッシャーに正式認可を受けている…らしい

数多くのパブリッシャーに正式認可を受けている…らしい

ちなみにFanaticalの本拠地はイギリスで、90年代から運営されています。またBundle StarsからFanaticalに改名した過去もあります。

Fanaticalの特徴

安い

海外で運営されているゲームキーストアにあるゲームは日本の定価よりも安いことが多く、Fanaticalもその例外ではありません。

例えば最近ではボーダーランズ3があの割引率の高いGreen Man Gamingよりも少し安く販売されていました。

FanaticalにおけるBorderlands 3の商品ページ。GMGよりも安い時があった

FanaticalにおけるBorderlands 3の商品ページ。GMGよりも安い時があった

PC日本語版ボーダーランズ3を1円でも安く購入する方法【Borderlands3】

2019.08.19

とは言ってもGreen Man Gamingの方が割引率が高いこともあるのですが、Green Man Gamingの場合はゲームの発売日前後に割引率が渋くなる傾向にあります。(そのゲームの売上本数が多そうな時は特に)

Green Man Gamingで割引率が高い時に買えば良かったのに、つい買うのを忘れていた。もしくはもっと割引率が高くなると思っていたけどそうでも無かった。

そんな時にはFanaticalもチェックしましょう。もしかしたらGreen Man GamingやGamesplanetといったゲームキーストアよりもほんの少し安く欲しいゲームが安く販売されているかもしれません。

ゲームキーを発売元から直接仕入れている

G2AやG2Playといった鍵屋と呼ばれているストアとゲームキー販売ストア(公式ゲーム小売業者)との違いは「ゲームキーを発売元から直接仕入れているかどうか」にあります。

補足

鍵屋とは、PCゲームのプロダクトコード(ゲームキー)等をAmazonのような「マーケットプレイス方式」で出品できるオンラインマーケットのこと。当ブログでは「売り手と買い手が自由に参加できる市場」を鍵屋と呼び、GamesplanetやGreen Man Gaming、Fanaticalのようなサイトをゲームキー販売ストアと呼んでいます。

Fanaticalは自身のサイトでパブリッシャーから正式に認可を受けていることを明言しており、各ゲームの商品ページでも日本語は少し変ですが「すべてのキーは、ゲームの公式発行元から直接入手されます。」と記載されています。

各商品ページにおける記載(ボーダーランズ3の場合)

各商品ページにおける記載(ボーダーランズ3の場合)

また、公式ライセンスを受けたパブリッシャーの一覧もFanaticalが用意しているページから閲覧可能です。

スクリーンショット 2019 09 14 15 07 54

参考:公式ライセンスを受けたメーカー | Fanatical

要するにFanaticalはパブリッシャーからゲームキーを直接仕入れているため、鍵屋よりは遥かに安心して使えるというわけです。

しかし鍵屋で購入した方が安く済む場合もありますし、パブリッシャー側が厳しい販売体制を敷いている場合(やたらとリージョンロックが厳しい時)は鍵屋やVPNを利用する他ないケースもあるので、状況によってどのストアを使うか考えましょう。

補足

VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略。例えば、日本では見られない海外サイトを見るために使ったりする。地域によってプレイ制限が掛かっているゲームを、国籍を偽装して有効化し、プレイ可能にするためにVPNが使われることもある。

日本からでも有効化できるか明記している

他のゲームキー販売ストアだと日本からでも有効化できるのかどうか分かりづらかったりしますが、Fanaticalではリージョンロックに関しては各商品ページごとに明確化しています。

Fanaticalで販売されているボーダーランズ3のEpic Gamesキーは日本からでも有効化可能

Fanaticalで販売されているボーダーランズ3のEpic Gamesキーは日本からでも有効化可能

商品ページを見て「こちらで起動 日本」と記載されていれば、日本からでも有効化できるゲームキーであることを表しています。

まずほぼありえないと思いますが、「こちらで起動 日本」と明記されているのにそのゲームキーが有効化できなかったら必ずサポートに頼りましょう。何も問題が無ければ少なくとも返金はされるはずです。(キャンセルや返金に関しては後半で解説)

各商品ページにある対応言語欄も必ずチェックしましょう。日本語が無い場合、日本語で遊べることを必ずしも保証しているわけではありません

各商品ページにある対応言語欄も必ずチェックしましょう。日本語が無い場合、日本語で遊べることを必ずしも保証しているわけではありません

サイトが日本語に対応している

Fanaticalは英語がちょっと苦手な人のために日本語のページも用意しています。

URLの最後、もしくは途中でjaが付くかどうかでそのページが日本語に対応したものかどうかが分かります。

日本語に対応しているかわりに変な日本語訳になっている部分も多少ありますが、そこはご愛顧。サポートも日本語で受け付けています。

何かトラブルがあった場合は日本語でサポートに頼れる

何かトラブルがあった場合は日本語でサポートに頼れる

参考:Fanatical.comカスタマーサービス

様々なバンドル販売があり、どれも激安

Fanaticalはバンドル販売、つまりゲームのセット販売に力を入れています。

サイト上部にあるゲームセットをクリックすると、現在販売中のバンドルを確認できます

サイト上部にあるゲームセットをクリックすると、現在販売中のバンドルを確認できます

例えば何が入っているか分からないバンドルを超激安で購入することが出来るのです。

どんなゲームが当たるか謎のバンドル。一つから購入が可能ですが、10個で買うとさらにお得

どんなゲームが当たるか謎のバンドル。一つから購入が可能ですが、10個で買うとさらにお得

入っているゲームはインディーズゲームからAAA級の大作ゲームなどです。複数回購入することも可能ですが、同じゲームが被ってしまうことがあるかもしれません。

また、10ドル以下の価格で数多くのゲームが買えるバンドル等もあります。

このバンドルは3.49ドルを支払うことで183.82ドル分のゲームが買えるというもの。画面に収まらないほどのゲームで遊べる(ゲームを集めるのか、ゲームで遊ぶのかは本人次第)

このバンドルは3.49ドルを支払うことで183.82ドル分のゲームが買えるというもの。画面に収まらないほどのゲームで遊べる(ゲームを集めるのか、ゲームで遊ぶのかは本人次第)

Fanatical独自のブラウザ拡張機能が便利

Fanatical独自のブラウザ拡張機能「FANATICALアシスタント」を導入すると、Fanaticalで急に開催される「スターディール」をチェックしたり、SteamアカウントとFanaticalのウィッシュリストを同期してどちらの方が安いかが瞬時に分かったりします。

Fanaticalで開催中のスターディール(とてつもなく安いセール)を確認できる

Fanaticalで開催中のスターディール(とてつもなく安いセール)を確認できる

SteamとFanaticalのウィッシュリストを同期した状態。Fanaticalの方が安く買えることが分かります

SteamとFanaticalのウィッシュリストを同期した状態。Fanaticalの方が安く買えることが分かります

例えばSteamでゲームの商品ページにアクセスすると、Fanaticalでもそのゲームの扱いがある場合、Fanaticalアシスタントが自動的に価格を比較してくれます。

Steamにある商品ページにアクセスすると、その商品がFanaticalにある場合はページの上部にその商品の価格が表示されます

Steamにある商品ページにアクセスすると、その商品がFanaticalにある場合はページの上部にその商品の価格が表示されます

またFanaticalがクーポンを配布している時はFANATICALアシスタントからチェックできます。

たまにクーポンコードも配布されます

たまにクーポンコードも配布されます

ただし絶対に入れておくべき拡張機能というわけでもないので、気になっているゲームが無い以上は入れなくてもいいと思います。

ゲームキーを購入する方法と有効化するまでの手順

必要なもの

Fanaticalでゲームキーを買うにあたって必要な物は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • クレジットカード、もしくは銀行口座
  • PayPal(推奨)

海外のサイトで買い物をする際、PayPalは事実上必須です。アカウントが無いなら作っておきましょう。

PayPalにクレジットカードを登録しておけばクレジットカードの情報を支払い先に教える必要がないので少し安心です。(しかも何かトラブルが起きれば異議申し立てをして料金を取り戻せる)

またPayPalに銀行口座を登録すれば、クレジットカードが無くてもPayPalで支払いが可能になります。

参考:銀行口座の登録方法(個人アカウント)|サポート-PayPal(ペイパル)

アカウントを作成する

FanaticalのTOPページにある「サインイン」をクリックします。

スクリーンショット 2019 09 14 16 20 29

サインインの隣の「登録」をクリックし、メールアドレスとパスワードを入力。ロボットではない証明をするreCAPTCHAにチェックを入れます。そして下の方の「登録」をクリック。

スクリーンショット 2019 09 14 16 21 34

登録時に入力したメールアドレスに確認のメールがFanaticalから届きます。「アカウントを確認してください」をクリック。

スクリーンショット 2019 09 14 16 22 53

アカウント登録が完了すると表示されるページ

アカウント登録が完了すると表示されるページ

ゲームを探す

Fanaticalで欲しいゲームを探しましょう。「ゲームセット」から様々なバンドルを漁ってもいいですし、検索バーから欲しいゲームを英語名で探すのもいいでしょう。

FanaticalのTOPページ。いろんなところをクリックしてゲームを探そう

FanaticalのTOPページ。いろんなところをクリックしてゲームを探そう

ジャンル別に探すことも可能

ジャンル別に探すことも可能

商品をカートに入れる

欲しいゲームの商品ページを開いたら、そのゲームが日本からでも有効化できるかどうか、日本語で遊べるかどうかを確認しましょう。

FanaticalにおけるJust Causeの商品ページ。今回はこれを買って解説します

FanaticalにおけるJust Causeの商品ページ。今回はこれを買って解説します

Just Causeの場合、「こちらで起動 日本」と記載されているので日本からでも有効化できるゲームキーを提供していることが分かります。「カートに追加」をクリック。

このゲームは日本からでも有効化可能

このゲームは日本からでも有効化可能

Fanaticalではドル表示と日本円表示のどちらかを選択できます。サイト上部にある「マイアカウント → アカウント設定 →言語を変更/通貨」から表示を変えられます。

スクリーンショット 2019 09 14 17 22 08

日本円表示にした状態

日本円表示にした状態

料金を支払う

ページ上部にあるカートマークをクリックすると今までカートに入れたゲームを精算するページが開きます。

クーポンコードがあるならカートページの段階で入力して適用します。なお、日本円表示にしていても結局はドルで支払うことになります。

また、ミステリーキーを追加する等と書かれている場合もありますがこれは無視していいです。「レジに進む」をクリック。

スクリーンショット 2019 09 14 17 24 22

決済方法を選びます。クレジットカードも選べますが、さらに安全なPayPalを使いましょう。

PayPalをクリック

PayPalをクリック

決済」を押すとPayPalのサイトに移ります。

スクリーンショット 2019 09 14 17 26 13

PayPal内で使用するクレジットカードを選んで決済します。

スクリーンショット 2019 09 14 17 26 53

この時、日本円ではなくドルで支払う設定にしておくと実際の請求額が少しだけ安くなるそうです。気に食わなければ「通貨換算オプションを表示する」をクリック。

ドルで払う前の画面。このまま支払っても問題はありません

ドルで払う前の画面。このまま支払っても問題はありません

通貨換算オプションでドル(USD)を選択

通貨換算オプションでドル(USD)を選択

ドルにした状態。「同意して支払う」をクリックで注文を確定させる

ドルにした状態。「同意して支払う」をクリックで注文を確定させる

ゲームキーを有効化する

PayPalで支払った後はFanaticalのページが開き、注文完了と出ます。「注文とキーを表示」をクリックし、ゲームキーを有効化しましょう。

スクリーンショット 2019 09 14 17 31 49

キーを公開」をクリック。(ゲームキーを表示すると何か特別な事情が無い限り返金は受け付けてもらえません)

スクリーンショット 2019 09 14 17 32 56

ゲームキーが表示されます。このゲームキーをコピーしてSteamクライアントから有効化するのもアリですが、「Redeem(引き換え)」をクリックしてブラウザから有効化する方が圧倒的に楽です。

スクリーンショット 2019 09 14 17 33 41

Steamキーを購入した場合、Redeemをクリックすると「Steamでゲームキーを有効化するページ」が開きます。Steam利用規約にチェックを入れ、「続ける」を押します。

※Steamキー以外のゲームキーを購入した場合、各プラットフォームでゲームキーをコピペして有効化します。

スクリーンショット 2019 09 14 17 34 44

これでゲームキーの有効化が完了しました。

スクリーンショット 2019 09 14 17 36 11

あとはSteamクライアントからゲームをダウンロード&インストールし、遊ぶだけです。

返金(キャンセル)ルールとその例外について

Fanaticalでゲームキーを購入しても返金してもらえることがあります。しかし条件があり、その条件は以下の通りです。

  • 返金してもらえるのは購入してから14日以内
  • ゲームキーを取得・表示していない
  • ゲームキーを有効化していない
  • 何か特別な事情がある

参考:規約と条件 – Fanatical.comカスタマーサービス

購入したゲームが動作環境を満たしておらず満足のいくプレイができなかった等の理由では返金は受け付けてもらえません。

「特別な事情」というのはFanaticalの裁量で合理的と認められた場合でのみ有効です。

特別な事情として考えられるのは、Fanaticalの商品ページには日本語に対応していると明記されているのに、パブリッシャー側のミスか何かで実際は日本語で遊べない等があるでしょう。

こういったことはたまにあるので、そんな時は必ずFanaticalのサポートに頼ってみてください。