やっぱSteam?Windows(PC)版ダークソウル2購入ガイド

PC版ダクソ2には安い英語(海外)版と高い日本語版がある。日本版と海外版の限定特典(DLC)と価格の違いを比較し、どこで買うのがベストか調査。AmazonやDMMのダウンロード版なら配送を待たずにSteamで即DL可能。

広告

結論:SteamのアカウントBANを避けて日本語版を買うべき

「パッケージが配送されるまで待てない & 買ったらすぐに遊びたい」なら、Amazonの日本語版ダークソウル2(ダウンロード版)一択。

PC版ダークソウル2はSteamで配信されます。つまり、DRMがSteamということ。遊ぶ前にSteamアカウントを作る必要があります。

AmazonやDMMでダウンロード版を買って、Steamキー(アクティベーションコード)を取得。SteamクライアントでSteamキーを認証(アクティベート)すると、ゲームライブラリにダークソウル2が追加される。

その後、Steamクライアントでダークソウル2をダウンロード&インストールして遊ぶ。という流れになります。

なおSteamでもダークソウル2を購入できますが、特典DLCアイテムは付いてきません。Amazonのダウンロード版なら限定特典DLCアイテム「咎人の杖&咎人のレザーシールド」が付いてきます。

※特典がいつまで付いてくるかは不明。特典アイテムはゲーム中に入手できるので、それほど重要な物でもない。

Making Dark Souls 2: Enemy and Boss Design (Part 2) – YouTube

追記
特典アイテムはついてきませんが、今は追加DLC(シーズンパス)全部付きのダークソウル2が発売されています。お得。

ダークソウル2の推奨・最低動作スペックについて

PC版は4K解像度イケる。ダークソウル2の詳細な推奨/最低スペック(環境)が公開されてた

日本語版と海外版を比較してみる

PC版ダークソウル2には二つのバージョンがあります。

「値段が高い日本語版」と「値段が安い海外版」の2つです。

ダークソウル2の日本語版と海外版の違い

日本語版ダークソウル2
http://store.steampowered.com/app/236430/?cc=jp

価格:79ドル

対応言語日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポーランド語、ロシア語、韓国語、ブラジルポルトガル語、中国語 (繁体字)

予約特典:特製マップ(JPEG形式)、オリジナルサウンドトラック(MP3形式)

特典DLCアイテム:無し

海外版ダークソウル2
http://store.steampowered.com/app/236430/?cc=us

価格:49.99ドル

対応言語:英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポーランド語、ロシア語、韓国語、ブラジルポルトガル語、中国語 (繁体字)

予約特典:オリジナルサウンドトラック(MP3形式)、公式アートブック(PDF形式)、デジタルコミック

特典DLCアイテム:黄結晶のロングソード&黄結晶の盾、縛られたハンドアクス&縛られたウッドシールド、小人のメイス&小人の木盾、咎人の杖&咎人のレザーシールド、黒炎石のダガー&黒炎石の円盾

※価格は2014年3月14日時点のもの

日本語版が79ドル。それに対し、海外版は49.99ドル。これは明らかなおま値ですね。

※「おま値」とは、「お前の国にも売ってやる、ただし割高な値段で」の略。おま国(お前の国には売ってやんねーよ)の一種。

日本語版は店舗ごとに特典DLCアイテムが付いてきますが、海外版は特典DLCアイテムがフルで付いてくる。なんという差別。

ただ、特典DLCアイテムはゲーム内でも獲得できます。

ロシアのYuplayなら激安で購入できるが…

Yuplay 海外版ダークソウル2
http://yuplay.ru/product/14684485/

Yuplay(Steamキーを売る店。いわゆる鍵屋)なら、799ロシアルーブル(py6)でダークソウル2のSteamキーが販売されています。

799ロシアルーブル=約2300円(※為替変動で価格は変わります)。激安。日本語が含まれていない海外版ですが、予約特典がフルに付く。

恐らく、ロシアのVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を通してSteamキーを認証する必要があるでしょう(やったこと無いから詳しくは知りません)。

Yuplayで購入したSteamキーをVPNを介して認証するのはリスクのある行為です。なぜならSteamストアでVPNを利用し、国籍を騙して海外版ゲームを購入することは規約違反に当たるからです。

ユーザーは、ユーザーの所在地を偽る目的で(ゲームコンテンツの地理的制限を回避するため、ユーザーの地域に適用されない価格設定で購入するためなど、いかなる目的であるかを問いません)、IP プロキシまたはその他の方法を利用しないことに同意しているものとします。ユーザーがこのような行為を行ったときは、ユーザーアカウントへのアクセスを無効化する場合があります。

引用:Steam 利用規約

しかし、「鍵屋で買ったSteamキーをVPNを介して認証すること」が規約違反かどうかは定かではありません。

ネット上では「VPNを介してキー認証するとBAN(アカウント無効化)される」という噂がありますが、これも定かではありません。

VPNを利用している人が大勢いる様子からして、きっとまだValveが黙認している状況なのでしょう。いつBANされるか分かりませんし、VPNを介してキー認証するのはおすすめできません。

どうせするならSteamでサブアカウントを作って、そちらでやった方がいいと思います。個人的にはVPNを使ってキー認証しても大丈夫だと思いますけどね。というより、一度やってみたい。怖いけど。

海外版を買ったら、ダークソウル2が日本語化されるまで英語でプレイすることになりそうです。

ダークソウル2が起動しなかったり、コントローラーがおかしかったら以下の記事を参考にしてください。

まとめ:BANが怖いなら、価格の高い日本語版一択

  • 海外版ダークソウル2はYuplayなどの海外サイトで日本語版より安く買えるし、特典がフルに付く。しかし日本語は含まれておらず、SteamアカウントがBANされる可能性がある。
  • 日本語版ダークソウル2は海外版より高いし、特典は少ない。しかし日本語が含まれており、SteamアカウントがBANされる心配はない。

AmazonやSteamのダウンロード版なら、配送を待たずに発売日の「2014年4月25日の0:00 (日本時間)」からプレイできるでしょう(実際にもできたらしい)。

Steamアカウントを汚したくないのであれば、日本語版を買うしかない。どうせ買うなら、配送されるまで待つ必要がなく、特典DLCアイテムも付いてくるAmazonのダウンロード版を買うのがよろしいかと。

もちろん、Steamで買うのもアリです。ただ、アマゾンで買う方が安い場合があります。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。