CIAに容疑者扱いされてもパニクらない人々

日常生活の中で、人々はCIAに目をつけられたらどんな反応をするか実験した動画の紹介。終始ふざけた感じになっています。

広告

「容疑者は通話中…緑色のパンツを履いていて…」

CIAに扮装した二人が、見知らぬ他人を容疑者と断定。容疑者にわざと聞こえるように追跡報告をしています。


CIA Prank – Blow Up Guys Ep. 16 – YouTube

容疑者扱いされている人たちは意外にもパニックを起こさない。冷静にCIAを無視しているところが素晴らしい。むしろCIAが変質者扱いされているところがおもしろい。

ヤラセではなく、本当に見知らぬ他人を容疑者扱いしている様子なのですが、コントのような仕上がりになっています。