ヤフオクで入札する前に絶対にしておくべき二つのこと

偽物を買ってしまったことがあるので、自戒を込めて。

広告

1. 出品者のYahoo IDを検索して調査する

必ず出品者のYahoo IDをググる。鉄則です。

偽物をたくさん出品しているIDなら、2chや価格コムなどで情報が出回っているはずです。ネットの情報を信頼するのも問題がありますが、本物を出品している人に悪評はでないでしょう。

2. 「非常に悪い・悪い」だけを見る

「非常に良い・良い」の落札者コメントは、良いことしか書いていないので見る価値はありません。偽物だけを出品しているIDなら、「非常に悪い・悪い」の数が普通の人と比べて多い。

偽物を落札してしまったら

「非常に悪い」評価がつくことを覚悟するか、取引ナビで交渉しましょう。偽物を出品していることを指摘するのが良いかもしれません。

出品する側は「出品料(10.50円)+落札手数料(5.25%)」をYahooに支払っています。その手数料を払うことでキャンセルできるかもしれません。全ては出品者との交渉で決まります。粘りましょう。

偽物を見極める

経験上、すごく高いものが1円でたくさん出品されているものは偽物の可能性が高いです。うまい話なんてない、ってことですね。

ブランド物は特に気をつけた方がいい。「本当にこれは◯◯製か?」と常に疑いましょう。写真に元箱や保証書などの付属品が写っているものは本物の可能性が高い。公式サイトの画像をそのまま使っている商品は怪しいです。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。