Windows10でMinecraftが動くか検証。AviUtlで動画も作った

ウィンドウズ10でマインクラフトが動作するか試してみた。無料でWindows10版をダウンロードする方法やレビュー(感想/評価/評判)も。PC(JAVA)版でModを導入したり、AviUtlで動画を作成。Realmsサーバーでマルチプレイもできるようになる予定。

広告

ウィンドウズ10でPC(JAVA)版マインクラフトを動かしてみる

従来のPC版マイクラは動作する

Windows10では普通のマイクラは動きます。

この場合の”普通”とは、従来のPC版のことです。別の言い方だとJava版ですね。

最新バージョンの1.8.8は動作いたしました。

windows10-minecraft-aviutl-4

公式ランチャーも動作します。

windows10-minecraft-aviutl-3

マジックランチャーも動いた!

Modを導入するのに大変便利な「Magic Launcher」も動作確認がとれました。

windows10-minecraft-aviutl-5

軽量化Mod「OptiFine」がちゃんと動作していたようなので、他のModも普通に動くかと。過去のバージョンのやつもイケました。

実は常駐アプリのせいで起動できていなかった

当初、自分の環境ではPC版マインクラフトは動作しませんでした。原因は「MSI Afterburner」(以下アフターバーナー)でした。

しかし、アフターバーナー無しだとあっけなく公式ランチャーが動作。その後はアフターバーナーを常駐させていてもマインクラフトが動くようになりました。

参考:Windows10と互換性有り/非対応なPCゲーム一覧。動かないか動作するか実際に試した

Minecraft Windows 10 Editionはもちろん動く

マインクラフトにはPC版以外に、Pocket Edition(PE版)がiOSAndroidでリリースされています。

Windows 10がタブレットやスマートフォンで動作するようになったし、マインクラフトを開発しているMojang(モヤン。モージャン)がMicrosoft(マイクロソフト)に買収されたせいもあってか、Windows10版マインクラフトなるものも登場しました。

正式名称は「Minecraft: Windows 10 Edition」。記事執筆時点だとまだBetaテストの段階です。

で、従来のPC版を持っている人なら無料で遊べるということで、試しにプレイしてみました。

Windows10版マインクラフトで遊んでみた

スタートメニューの雰囲気

Windows10版、やってみました。スタート画面はこんな感じ。

windows10-minecraft-aviutl-26

ワールド選択画面。

windows10-minecraft-aviutl-7

ワールド(マップ)は詳細設定から、名前・シード値・ワールドタイプ(古い/無限/フラット)・ゲームモード(サバイバル/クリエイティブ)を決めて作成できる。

windows10-minecraft-aviutl-17

外部サーバーを追加(記憶)することもできる。マルチプレイも想定されてるようです。

windows10-minecraft-aviutl-18

フレンドリストや…

windows10-minecraft-aviutl-19

Realms(レルム、レルムズ)まで。Realmsはまもなく登場するとのこと。

windows10-minecraft-aviutl-20

設定メニューの雰囲気

設定画面。サウンド音量、BGM、難易度、三人称視点のオンオフ、ローカルサーバーマルチプレイのオンオフを変えたり…

windows10-minecraft-aviutl-27

マウス感度、Y-軸変換、左利きのオンオフ、分割コントロール、方向キーサイズ、オートジャンプ、キーボードレイアウトを変えたりできる。ただし、PCだとマウス感度ぐらいしか変えられませんでした。

windows10-minecraft-aviutl-24

言語設定。日本語やらフランス語やらイタリア語やら英語やらがある。PC版と同じ、いわゆるマルチランゲージだ!

windows10-minecraft-aviutl-25

スキンが変更できる

スキンも変更できます。おなじみのスティーブや、レックス、都会人、町人など。カスタムスキンもいけるみたいです。
windows10-minecraft-aviutl-23

都会人や町人のスキンはロックされているものもある。スキンを購入しないといけないパターンかな。

windows10-minecraft-aviutl-22

実際に遊んでみた

PC版と同様、村人とかもいます。

windows10-minecraft-aviutl-16

クリエイティブモードだとブロックとかアイテムは自由に選べる。

windows10-minecraft-aviutl-15

チャットとかも打てる。シングルプレイだとコマンドは打てないみたい。/help と打っても怒られる。

windows10-minecraft-aviutl-14

建築物を作ってみる

とりあえず家つくった。

コンセプトは「日焼けサロン」。天井がガラスになっている家を砂漠に建てることで、機械なしで日焼けが出来る。という仕組み。

windows10-minecraft-aviutl-13

ミニタワーも作った。

windows10-minecraft-aviutl-12

もっと大きいタワーも作った。

windows10-minecraft-aviutl-11

細部までこだわってみた。

windows10-minecraft-aviutl-10

いやーマインクラフトって楽しいね!

サバイバルモードも遊べるよ

サバイバルモードもPC版と同じように遊べます。どれだけ違いがあるのかは分かんないけど。

windows10-minecraft-aviutl-8

実績もあるぞ

Xboxアプリを覗いてみると、実績機能があることを確認できました。

windows10-minecraft-aviutl-21

ヤマネコを調教したり、ポーションを調合したり、モンスターを退治したりすると実績が解除されます。正直どうでもいい。

PE版とほとんど同じらしい

どうやら、ほとんどPE版と同じような作りらしいです。PE版持ってないから分からないけど。

あと、なんかすごく軽い。非常に軽量。低スペックPCでも十分動作するんじゃないかな。

あ、そうか。タブレットやスマホでも遊べるようにできるだけ軽量化したというか、PE版をほとんどそのまま移植したのかな。

さらに詳しいレビューは以下の記事が参考になりまっせ。

参考:マインクラフトWindows 10エディションベータ版レビュー

Minecraft: Windows 10 Editionのダウンロード方法

Mojangアカウントでログイン

PC/Mac版マインクラフトを持っている人は無料でMinecraft: Windows 10 Editionをゲットできます。(持ってる人以外は、価格は期間限定で10ドル)

まず、Mojangでログインします。

windows10-minecraft-aviutl-31

コードを発行する

Minecraft: Windows 10 Edition Betaという項目にある「Claim your free copy」をクリック。

windows10-minecraft-aviutl-32

画像引用元:Get Minecraft: Windows 10 Edition Beta for free!

持ってなかったらマイクロソフトアカウントを作っとく

マイクロソフトアカウントのページに飛ばされます。マイクロソフトアカウントを持っていない場合、作っておきます。

「コードかギフトカードをお使いください」と出るので、「使用」をクリック。

windows10-minecraft-aviutl-30

ストアアプリからダウンロード&インストール

あとはストアアプリを開き、検索バーから「Minecraft」と検索。

Minecraft: Windows 10 Editionのページを開いて、「開く」をクリック。Windows10版マインクラフトが起動します。

「開く」の部分が「¥1000+」になっている場合は、「¥1000+」をクリックしてそのまま進んでマイクロソフトアカウントを作っていけば、なんやかんやでダウンロードできるはずです。

ダウンロードできたらWindows 10のスタートメニューにWindows10版マインクラフトのショートカットが追加されているはず。今後はショートカットから起動しましょう。

Xbox Liveのゲーマータグが名前として使われる

Windows10版マインクラフトを起動すると、Xbox Liveで使う「ゲーマータグを作れ」と急かされます。

windows10-minecraft-aviutl-29

適当に進むと、適当なゲーマータグが勝手に決められます。そのゲーマータグがWindows10版マインクラフトの名前として使われるのです。

windows10-minecraft-aviutl-28

このゲーマータグは後で自由に変更できます。

windows10-minecraft-aviutl-6

無料で変更できるのは一回だけみたいです。ケチですね。

Windows10だと簡単に録画・撮影が可能

Windows 10のXboxアプリの「ゲームバー」を使うと、簡単にスクリーンショットの撮影やゲーム画面の録画ができます。

一部のPCゲームだとゲームバーが機能しない場合があるのですが、PC版マインクラフト、Windows10版マインクラフトではゲームバーが動きました。

windows10-minecraft-aviutl-1

ショートカットは

  • ゲームバーの表示は「Win + G」
  • 録画開始は「Win + Alt + R」
  • スクリーンショットの撮影は「Win + Alt + PrintScreen」
  • バックグラウンド録画は「Win + Alt + G」

となっています。

簡単に録画できるようになったけど、低スペックPCには厳しいかもしれません。スクリーンショットが簡単にとれるようになったので嬉しい。

Windows10でAviUtlが動いた!

動画を作成したり編集したりする時はいつもAviUtlを使っているのですが、Windows 10でもちゃんと動作してくれました。

AviUtlのプラグイン設定などはそのままでしたし、Windows 7とほぼ同じ感覚で使えた。動画(mp4)の書き出しも可能でした。

windows10-minecraft-aviutl-2

ゲーム実況でマインクラフト動画をアップしている方は、Windows 10にアップグレードしてもさほど問題ないかもしれません。

ただし、自分の場合は問題なく動きましたが、他の人も問題なく動くというわけではありません。心配な方はWindows 10にアップグレードしない方が無難です。

実際にAviUtlで動画を作ってみました。この記事のまとめのような動画です。

Windows 10でのマイクラのプレイ感覚が伝われば幸いです。良かったら見てね!

Windows10でMinecraftが動くかテスト。AviUtlで動画作った – YouTube

まとめ

windows10-minecraft-aviutl-9

わざわざPCでWindows10版をプレイするメリットはあまりない

まとめると、「PC版を持っている人がわざわざPCでWindows10版をプレイするメリットはそんなにない」ということ。

PC版(Java版)はWindows 10でも動作するし、Modも使えるし、Magic Launcherも使える。

Windows 7/8.xでマインクラフトを遊んでいた人は、今まで通りPC版で遊べるはずです。

だったら、多機能なPC版で遊んだ方がいいよね。

低スペックPC、タブレット、スマホでならアリ

Windows10版はPCで遊ぶというより、タブレットやスマホでプレイするマインクラフトなんだなーと感じました。

なんせめっちゃ軽いし、プレイしてみた限りタブレットやスマホに最適化されている雰囲気が伝わってくる。

あとは「低スペックなPCしか持ってないけど、マイクラがやりたい!」なんていう層には需要がありそう。ノートPCでも快適に遊べそうな感じがします。

というわけで、レビューは以上です。

つまり、あれです。

Windows10版はわざわざWindows 10にアップグレードしてまでプレイするもんじゃないです。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。