ハロウィンじゃないのにお菓子を要求したら

ハロウィンといえばトリック・オア・トリート(お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ)です。しかし、ハロウィンの日でもないのにトリック・オア・トリートを唱えると、それ自体がいたずらになってしまうようです。

広告

「Trick or Treat!(トリック・オア・トリート!)」と言われても今日ハロウィンじゃないし…

最初に訪問した家では、子供に「マジで言ってんのか? 今日はハロウィンじゃないよ」と言われてしまいます。帰り際に、プラスチックでできたカボチャの入れものを大量に落として笑いを起こそうとするものの、しらけてしまっています。


Trick or Treating Prank – YouTube

冗談が通じている人の家に訪問している場合は、微笑ましく見えます。落ち葉を掃除している集団にもトリック・オア・トリートをかましていっていますが、騒音もうるさく完全拒否状態。ハロウィンコスプレに変装した不審者を完全に警戒している人もいて、なんだか楽しそう。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。