MENU

カテゴリー

アーカイブ

PC版RDR2・RDOでプチフリーズする現象を激減させる方法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

PC版レッド・デッド・リデンプション2(Red Dead Redemption 2)またはレッド・デッド・オンライン(Red Dead Online)で一時的にゲームが固まる現象は、突発的にCPU使用率が100%になった時に発生する模様。無料で使えるBES(Battle Encoder Shirasé)でRDR2.exeのCPU使用率を制限することでプチフリ現象がかなりマシになります。

広告

なぜプチフリーズが起きるのか

記事執筆時点ではPC版RDR2もしくはRDOでプチフリーズする現象が起きることがあります。ハイスペックなPCなら安定してプレイできるようですが、自分の環境(GTX1070+Core i5-4670K 4.4GHz+メモリ16GB+SSD)ではゲームが一時的にストップしてしまうことがそこそこ起こり、明らかにプレイ体験が良くありません。

RDR2・RDOをプレイしている時のCPU使用率を観察していると、CPU使用率が一時的かつ瞬間的に100%になる時にプチフリーズが起きている様子。

アプリケーションごとにCPU使用率を制限するBES(Battle Encoder Shirasé)というフリーソフトを利用することでプチフリーズが激減しました。プチフリーズする現象をゼロに抑えることはできませんが、プチフリーズに悩まされている方はBESを使う方が絶対にマシだと思います。

注意

※BESの利用はRDR2に限った方がいいかもしれません。RDOをプレイしている時にも使うとチート扱いでBANされる可能性がゼロとは言い切れないので。(それでも私は使います)

BESの使い方(簡易版)

BESの利用方法は超簡単です。まずはBES(Battle Encoder Shirasé)をダウンロードし、ファイルを解凍します。フォルダの中にBES.exeがあります。BES.exeを起動している間は選択したアプリケーションのCPU使用率に制限をかけられます。

BES.exeを起動し、BESのウィンドウ内にあるTargetをクリックすると現在起動中のアプリケーションの一覧が表示されます。制限をかけたいアプリケーションを選びましょう。この場合はRDR2.exeです。

RDR2.exeに管理者権限を付与している場合はBES.exeも管理者権限で起動してください。でないとRDR2.exeがリストに表示されません。

2019 11 08 23h45 53

RDR2.exeを選択したら「Limit this」をクリックします。確認画面が表示されるのでYesを選びましょう。

2019 11 08 23h46 19

どれくらい制限するか決めます。例えば-7%なら、選択したアプリケーションは最大で93%しかCPUを使いません(ただし完璧に動作するわけでもない様子)。パーセンテージに関してはお好みで決めてください。-5%〜-20%くらいが現実的でしょう。

2019 11 08 23h47 01

CPU使用率を制限している時はBESのウィンドウにどのアプリケーションに制限をかけているかが表示されます。以下の画像の場合はRDR2.exeに-7%の制限をかけています。

2019 11 08 23h46 33

BESでCPU使用率に制限をかけた状態でRDR2とRDOをプレイしてみました。プチフリーズが起きていないことが一応確認できると思います。

完璧ではないが無いより圧倒的にマシ

もう一度言いますが、BESでプチフリーズが完全に解決するわけではありません。

現在はロックスターゲームス側が精力的にアップデートを重ねている状況なので、いつかはBESを使わなくても安定して遊べるようになると思います。BESはそれまでの繋ぎとして使用しましょう。

BESをダウンロードする

▼RDR2でトラブルが起きてる人は以下の記事も参考に

PC版RDR2・RDOは無規制かつ世界共通サーバーで遊べて日本語に対応

2019.11.06

PC版RDR2の軽量化と高画質化を両立させるおすすめグラフィックス設定

2019.11.09