これは楽。複数のpng形式を一括で全てjpeg形式に変換する方法

iPadやiPhoneで撮った写真をMacに転送すると、画像ファイルの形式が大体の場合png形式になっています。このままではサイズが大きいです。Macで複数の画像をjpeg形式に変換する方法を紹介します。

広告

Macに元からあるプレビューアプリで一枚一枚書き出して変換する仕方もあるのですが、これでは時間がかかってしまいます。

そこで、フォルダに「フォルダアクション設定」という設定をすることで、複数の画像の形式をいっきに変換します(この記事では「Mac OS X Lion」上で行なっています)。

1. 最初に新しいフォルダをどこでもいいので作って下さい。ここでは「フォルダアクションテスト」というフォルダを新しく作りました。

フォルダアクション設定

2. フォルダを右クリックし、「サービス」から「フォルダアクション設定…」をクリックしてください。

関連付ける

3. 「Image – Duplicate as JPEG.scpt」を選択し、「関連付ける」をクリック。

消す

4. フォルダアクション設定のウィンドウを消します。

ドラッグする

5. jpegに変換したいpngファイルを、先ほどフォルダアクション設定をしたフォルダに移動させます。

フォルダが生成された

6. これで完了です。移動させたファイルはJPEGファイルとPNGファイルの二つに分かれました。「Original Images」には元のファイルが入っていますので、安心してください。「JPEG Images」にはJPEGファイルに変換された画像が入っています。

確認してみましょう。

これが元のPNGファイルです。容量が大きいです。

重い
(画像をクリックすると大きい画像が見られます。)

そしてこれが変換されたJPEGファイルです。軽くなりました。

軽い

100枚以上の画像でも簡単に一括でJPEG形式に変換できるはずです。

他にも、「フォルダアクション設定」ではいろんなことができます。一度に全部TIFF形式に変換したり、画像を回転させたりもできます。