ピクトロジカFF…ってパズドラのパクリじゃねーか!でも面白いぞこれ

SHARE

ピクトロジカFF…ってパズドラのパクリじゃねーか!でも面白いぞこれ

スクエニ最新作アプリ・ピクトロジカファイナルファンタジーはパズドラを超えた。両者を比較すると使う脳に違いがあり、FFの音楽と職業キャラのドット絵にはパワーがある。iPhone・Androidで無料でプレイ可。レアガチャは有料。

広告

スクエニの新作スマホゲーム「ピクトロジカFF」とは一体…?

スクウェア・エニックス最新作「ピクトロジカファイナルファンタジー(PICTLOGICA FINAL FANTASY)」、始めました(iOS版で)。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 PICTLOGICA FINAL FANTASY

PICTLOGICA FINAL FANTASY – Google Play の Android アプリ

パーティを編成して、クエストを選択。
pictlogica-final-fantasy-pazudora-01

一緒に戦ってくれるゲストを選んで出発。
pictlogica-final-fantasy-pazudora-02

バトル開始。マスをタップしたり、なぞったりしながらパズルを解いて敵に攻撃。
pictlogica-final-fantasy-pazudora-03

クエストクリア。アイテムをゲットしたぞ。
pictlogica-final-fantasy-pazudora-04

う〜んこの流れ、どこかでプレイしたことがあるような…。

いやいや、ちょっと待て。パズドラのパクリやないか!!

パズドラは毒薬だ。引退した。

スタミナは時間が経つと回復したり、パーティを編成できたり、システムのほぼ全てがパズドラと同じ。

魔法石=ジェム
モンスター=メモリア(キャラクター)
合成=フュージョン
ダンジョン=クエスト
ガチャ=プレート鉱床
パズル=ピクトロジカ

という風に名前を変えただけ。違いはそれだけなのか?

ピクトロジカ ファイナルファンタジー | SQUARE ENIX

ピクトロジカFFとパズドラの違い

ピクトロジカFFにはパズドラと違う部分が多々ある。

メモリア(パズドラでいうモンスター)はアイテム(武器)やアビリティ(呪文)を装備することができる。

パズルのシステムも違う。数字が5なら一列全てを塗る。21なら2つマスを塗って、最低でも1つ以上のマスを飛ばして1つ塗る。急がなければ誰でも簡単に解ける。

ピクトロジカ(パズル)を解けたらメモリア(キャラクター)が敵に攻撃を開始します。それの繰り返し。

パズドラと違って、力・知恵・祈り・守りという戦闘モード(メメント)があります。力のメメントでは攻撃力が1.2倍になったり、祈りのメメントではHPを回復させたり、メメントを選択することでピクトロジカを解いた後の行動が変わります。

キャラクターには力・知恵・祈り・守りの4つのスロットがあって、4種類のアイテムをセット(装備)できる。

戦闘モードの切り替えのことも考えると、パズドラよりも戦略性があります。

また、キャラクターをフュージョン(合成)させるだけでなく、アイテムを錬金(合成)することもできる。ということは、戦略の幅がかなり広がるということ。

「モンスター同士を合成させてモンスターを強くしていく」というのがパズドラの流れでした。

しかし、ピクトロジカFFではキャラクターとアイテムを進化させることができる。

pictlogica-final-fantasy-pazudora-05

つまり、ピクトロジカFFの方がやりこみ要素があるということです。

やっぱりパズドラに似すぎ

ピクトロジカFFのレアガチャは1回300ジェム(300円)。ジェムは200ジェムから購入可能ですが、300ジェムの選択肢がないのはなぜ?

pictlogica-final-fantasy-pazudora-06

モーグリにプレート鉱床を探索させると、メモリアを獲得できる。パズドラでいうところのレアガチャ。

pictlogica-final-fantasy-pazudora-07

▶ ピクトロジカ ファイナルファンタジーをやってみた – YouTube

実際どうなの?ピクトロジカFFは面白いの?

ピクトロジカFFはパズドラのパクリでしかない。そう言われればそうですが、実際にやってみるとハマる。

悔しいけれど、ドット絵がなごむ。しっくりきてしまう。懐かしい音楽は卑怯だ。特に戦闘勝利後のBGM。あれを聞くとちゃんとしたファイナルファンタジーをプレイしている感覚になる。

ピクトロジカFFがパズドラに負けているところ

ピクトロジカFFのゲームシステムは、100人中100人がパズドラのパクリだと直感的に分かるぐらいパズドラと同じです。

残念なことに、ピクトロジカFFにはパズルを解く爽快感が足りない。パズドラには、ドロップが連鎖して消えていくにつれ気持ちが高ぶる感覚があった。

パズドラと比較するとピクトロジカFFは、パズルを解く途中や解いた後の演出が派手じゃない。爽快さを感じさせる演出に欠ける。

また、ピクトロジカFFのパズルは速く解くのが良しとされています。

ピクトロジカFFはパズドラよりも作業感が強いのです。簡単な数独を解き続ける感覚、脳トレをしている感覚に近い。

パズドラには色のついたドロップを揃えるだけという容易さと、連鎖させ続ける難しさ(運要素)がありました。

どのドロップが落ちてくるか分からないし、たまにくる大連鎖は快感そのものでした。

ピクトロジカFFとパズドラの最大の違い

使う脳みそが違う

ピクトロジカFFとパズドラの最大の違いは使う脳みそにあります。

ピクトロジカFFをやってみたら、パズドラでは視覚に頼って何も考えずにプレイしていたことに気づきました。

ピクトロジカFFではちゃんと考えてパズルを解いてしまっています。パズドラではほとんどの場合、適当に指を動かしていれば何とかなっていました。

ピクトロジカFFの方がパズドラよりも疲れる。なぜなら、ピクトロジカを解くには多少なりとも論理的に考える必要があるからです。

ピクトロジカFFとパズドラ、どっちをプレイすればいいの?

爽快さを求めるならパズドラ。多少の戦略性とやりこみ要素を求めるならピクトロジカFF。

ピクトロジカFFの方が好きです。ピクトロジカFFの音楽とドット絵は、心に直接訴えかけるものがある。

でも、周りに迷惑なので音楽はオフにしています。ファイナルファンタジーをプレイしている気分になりたい時だけ音楽を聴く、という事が気軽にできるのは良い点です。

ピクトロジカFFは誰がどう見てもパズドラのパクリですが、パズドラを超える潜在能力を秘めています。

もしかしたら、あっさりとパズドラを追い抜くかもしれないし、スクエニはガンホーに裁判を起こされるのかもしれません。今後が楽しみです。もうちょっとだけプレイしてみます。