Minecraftサーバーを荒らしてBANされ復帰した話

PvPマルチマイクラ鯖でチートを使い、荒らし対策プラグインにかかりBAN。探索系Mod(ツール)を使ってダイヤモンド鉱石を掘るとログに残る。お金を払いIDをBAN解除してもらい復活。窃盗を防ぐ方法や荒らし動画も。

広告

結論:ダイヤモンドを掘りすぎると荒らし認定されBANされる

海外のハードコアサバイバル形式のマイクラ鯖(mcpvp.com)でBANされて復活するまでの経緯(半年以上前の出来事)。

レーダーModを使ってダイヤモンドブロックを連続して掘りまくる。

次の日ログインすると、なぜか透過Modを使ったという理由でBANされていた。

3日後、PayPalで15ドル払ってBAN解除してもらう。30分後にログインできるようになった。

運営に怪しまれたら即BAN

私が使っていたのはELLIAN’S MATERIALDETECTORというMod。このModを使用すればダイヤモンド鉱石のある位置がマップに表示されるようになる。

Ellian's Material Detector 1.3.1 Review and Tutorial – YouTube

設定次第でマップに表示したいブロックを変更できるので、ダイヤモンドブロックとチェストを表示させていました。

チェストが大量にマップに表示されると、その地点が誰かの秘密基地だと分かるので大変便利でした。

チェストの地点に行き、チェストを漁りまくってダイヤモンドやTNTを獲得しまくる…そんな悪行を繰り返していました。

また、ダイヤモンドブロックが埋まっている地点が正確に分かるので、マップにダイヤモンドが表示されたらそこまで掘っていって獲得し続けました。

そんなことを20回ぐらい続けました。

次の日からサーバーに入れなくなりました。

運営元はどんなModを使用していたか検知できなかった?

BANされた理由はダイヤモンドブロックを掘り当てすぎたことにあると推測。

ダイヤモンドブロックを掘るまではチェストだけを漁っていました。ダイヤモンドブロックを連続で獲得した次の日にBANされました。

どのプレイヤーがどのブロックを壊したのか分かる荒らし対策プラグインを、ほとんどのサーバーは導入しているそうです。

HawkEye等のブロック検知プラグインのログからダイヤモンドブロックを連続で掘り当てていたことがバレて、その行動が怪しいと思われたのでしょう。

運営元は私がXray Mod(透視Mod)を使っていると勘違いしたんだと思います。

なぜなら、Xray ModではなくMaterial Detectorを使っていたし、サーバーからはじき出された後に表示されるメッセージにはX-rayの文字があったから。

お金を払って解決した

mcpvp.comで遊べなくなるのはイヤだったので、PayPalで15ドル払ってBAN解除してもらいました。

3回BANされると永久BANになるらしかったのですが、私の場合は一発で永久BANとなりました。

参考:permanently banned? Email Us! – Banned from the servers? – MinecraftPVP.com

普通は24時間後に復帰できるらしかったのですが、3日待っても変化が無かったので「あぁ…永久BANをくらったんだな」と察しました。

他にもMinecraftのIDが余っていたので、そのIDでログインして遊ぶこともできました。

しかし、IDとセットでIPアドレスも記録されているはずと考え、余っているIDでログインしてもBANされると判断。素直に15ドル払いました。

それ以降、チート認定される可能性の高そうなModは使っていません。

ちなみに、下記のリンクからお金を払えばBANを解除してもらえます。

Purchase Unban

BANされて分かったこと。チートは超つまらない。最悪。

Material Detectorを使う以前は、透明テクスチャパックを使用していました。下の動画を見てもらえば、透明テクスチャパックがどんなものか分かります。

Texture Pack Review: XRay Pack – YouTube

透明テクスチャパックだけは絶対に使用しない方がいいです。透明テクスチャパックを使ってもBANされることはありませんでしたが、とても大切なものを失います。

透明テクスチャパックを使うとマインクラフトが超つまらなくなります。

すべてのブロックが透明になると、敵プレイヤーやチェストがどこにあるのか容易に分かるようになる。

確かに、敵の背後を襲ったり、大量のチェストを見つけた時には快感を覚えました。しかし、それ以外は超つまらない。

チートを使うと、マインクラフトのマルチプレイが歩いて敵とチェストを探し続けるだけのクソゲーに成り果てる。一体何のためにマイクラをやってるんだ、という気持ちになりました。

透過テクスチャパックを使って分かったこと

透明テクスチャパックを使って気づいたのは、自分以外にもXrayerが多いこと。

Xrayer(エックスレイヤー)とは透明テクスチャパックやXray Modを使っている人のこと。いわゆるチーター。

Xrayerには、地下にあるチェストを見つけたらチェストの真上から掘り下げていく特徴があります。

当時のマップには、地上から地下へ一直線に続く不自然な穴が多く存在していました。穴の下にはチェストがあったものの、中が空っぽだったり、役に立たないアイテムしかないことがほとんどでした。

また、チャットでは「誰かにXrayされた」と英語で被害報告をしている人が多数いました。

不自然な穴とXray被害報告の多さからして、Xrayerの仕業だと考えられます。

チーター(Xrayer)からチェストを守る方法

普通のサーバーではXray Modを使っている人は即BANされ、透明テクスチャパックを使う人は検知されずBANされないでしょう。

荒らし専用クライアントなるものがありますが、チートを使用した段階で検知されると思う。あるいは、空を飛んだり、高速移動しているところを管理人に見られたら即BANされるはず。

下の動画では、実際に荒らし専用クライアントを使ってプレイしています。

Minecraft Griefing: PVP Hacking VaultCraft Pt. 1 – YouTube

【Minecraft】荒らし専用クライアントを試してみた – ニコニコ動画:Q

どこにどのブロックがあるか分かるModは、有名ではないModほど検知されにくいでしょう。Material Detectorのような前からあるModは既に対策されている可能性があり、使っただけで検知されるかもしれない。

よってチーターからチェストを守るためには、透明テクスチャパックを使うチーターと、レーダーModのような特殊で新しめのModを使うチーターに注意すればいいわけです。

透明テクスチャパックの対策としては、チェストを溶岩やブロックで隠したり、真っ暗な場所にチェストを置くのが有効です。

透明テクスチャパックを使うチーターは、ブロックで完全に隠されたチェストを視認することができません。透明になっているブロックでチェストを覆うと、チーターにはチェストが黒く見えて、バレにくくなります。

下の画像を見てもらえば分かると思いますが、チーターにはブロックに囲まれたチェストは黒く、隣に松明があるチェストは明るく表示されます。

ban-xray-texture-minecraft-001

しかし、チェストを溶岩で覆う方が見つけられにくい。透明テクスチャパックでは溶岩は透明になっていませんが、大抵のプレイヤーは不必要に溶岩に近づいたりしません。基地全体を溶岩で覆うのも有効です。

ban-xray-texture-minecraft-002

しかし、溶岩で完全に覆わないと角度によっては基地の存在がバレます。溶岩の明るさでチェストの存在もバレる可能性があるので注意。

最善策は、最深部の岩盤(Bedrock)地帯でチェストを溶岩で覆う方法。溶岩で覆われたチェストは、チェストよりも下からだと見破られます。

ban-xray-texture-minecraft-003

チーターも岩盤よりも下に行けないはずなので、最深部でチェストを溶岩で覆えば溶岩の中にチェストがあるとは分かりません。

最深部まで行って水バケツで溶岩を石にするのは一苦労。レーダーModでバレたとしても、面倒臭がって寄ってこないでしょう。

難点はチェストの中身を管理するのが面倒くさすぎること。

MCPVPで許可・禁止されているMod

使用許可されているMod

使用禁止されているMod

  • 許可されているMod以外のMod

参考:Allowed Client-Modifications – Rules – MinecraftPVP.com

許可されているMod以外は禁止されていますが、ゲーム性を大きく変えないModなら使用しても大丈夫かな…とは思います。

最後に

ハードコアサバイバルサーバーのmcpvp.comだけでなく、ハンガーゲームズサーバーのmc-hg.com等を運営しているMCPVP(www.minecraftpvp.com)では、15ドル払えばBANを解除してもらえました。

しかし、他のサーバーではBANされたら永久にそのサーバーで遊べなくなるでしょう。

ハードコア以外のゲームモード(ハンガーゲームやキャプチャー・ザ・フラッグ)で透明テクスチャパックを使えば相当有利になります。しかし、マインクラフトの楽しさが失くなってしまいます。

チートを使うのをやめて改心したとしても、「マインクラフトは楽しい」と再び思えるようになるまで時間が掛かってしまうことでしょう。