MineCon 2012で発表されたTNT砲台がまるでNASA

Minecarft 1.5などいろいろと発表されたMineCon 2012ですが、とんでもないレッドストーン作品も発表されていました。

広告

月まで届きそうなTNTキャノン

レッドストーンで作られた装置でTNTを高く積み上げていき、着火。着火状態のTNTが一気に落下。突如画面が青くなりバグったかと思いきや、上空に飛ばされていました。落下していくと、オレンジ色に輝く太陽が見えてきました。

発射は3分22秒あたりから。動画に表示されているy座標に注目してください。一気に上昇していくのが分かります。

落下していくTNT
上空11kmまで上昇
太陽がみえてきました
TNTキャノンはNASAを彷彿とさせるような出来となっています

出典元:Creativity with Redstone – MineCon 2012 – YouTube

使用されているTNTの量が多すぎる。それにしてもぶっ飛ぶなあ。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。