[爆速起動]MacでJavaアプリの起動が遅いのを解決する方法。ウィルス対策ソフトが原因だった

Mac(Mavericks)でMinecraftやV2C等のJavaアプリケーションの起動が遅い。アンチウイルスソフト「Sophos Anti-Virus(ソフォス)」が原因だった。設定を変えたらアプリの起動速度は爆速に。

広告

MacでJava系アプリの起動が遅い原因

Mac OS X Mavericks(マーベリックス)にアップグレードしてからというもの、Minecraftや2ch閲覧アプリV2CなどのJavaアプリケーションの起動が遅すぎる現象に悩んでいました。

しかし、原因を突き止めました。それは無料ウィルス対策ソフトの「Sophos Anti-Virus(ソフォス)」。

Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition

MacでJava系アプリの起動が遅いのを解決する方法

解決方法は簡単。設定を少しいじるだけ。

上部メニューバーにあるソフォスのマークをクリックし、「環境設定を開く…」を選択。

「オンアクセス検索」タブから、「アーカイブおよび圧縮ファイル内」と「ネットワークボリューム上のファイル」のチェックを外す。

mac-java-sophos-anti-virus-mavericks-01

これでJavaアプリの起動が通常通りになりました。以前と比較したら爆速。

ただ、「ネットワークボリューム上のファイル」にチェックを入れていてもJavaアプリの起動速度は変わりませんでした。

Javaアプリの起動速度を速くしたいだけなら、「アーカイブおよび圧縮ファイル内」のチェックを外すだけでいいでしょう。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。