風邪や花粉症で鼻の奥がヒリヒリする時は「温かいお茶」を吸い込むのが良い

秋と春は花粉で苦しむ季節です。花粉症や風邪で起こる鼻の中の炎症を、一時的にやわらげる方法を紹介します。

広告

Photo | AlishaV

ヒリヒリがずっと続くとつらい

花粉症になってしまうと必ず鼻の奥がヒリヒリします。ヒリヒリとして熱いし、その状態で冷たい空気を吸うのは苦痛です。

しかし、風呂場では鼻の奥がヒリヒリする状態(炎症)が一時的に治ります。それを風呂場だけでなく、家の中、あるいは外で再現する方法があります。

温かい水分を用意するだけ

温かい飲み物を用意します。外にいる場合は「温かい缶コーヒー」がいいでしょう。家にいる場合は、やかんに水を入れて沸騰させ、お茶のパックを入れて「温かいお茶」を作ります。

温かい飲み物を用意したら、その飲み物の湯気を鼻で吸います。すると、鼻の奥のヒリヒリが弱まり、呼吸するのが気持ちよくなります。

鼻詰まりや花粉症で悩まされている人は、その状態で呼吸し続けると透明な鼻水が出てきます。力強く鼻をかまずに、ティッシュで優しく吸い取りましょう。

湯気を鼻で吸いながら温かい飲み物を飲むと、鼻と喉が同時に癒されます。しかし、鼻水が飲み物に入らないよう注意しましょう。

花粉症の薬が切れたときや、風邪を引いて鼻に炎症が起きたときは、この方法を使えば一時的に楽になるでしょう。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。