JINS PCを購入しなかった理由とJINS Air frame αのレビュー

JINS PCではなくAir frame α(エアフレームアルファ)を購入した理由。JINS PCでは真の色を堪能できないので映画には不向き。Air frameは軽いので目の負担が減る。JINS PCがなくてもf.luxを使えば問題無い。

広告

目次

  • とにかく軽い
  • 「Air frame α」には4つの種類がある
  • ベーシックは安っぽい
  • 5990円のベーシックではなく7990円のスマートを選んだ理由
  • JINS PCレンズにしなかった理由
  • ただ一つの最悪なところ
  • 目が重くなる苦痛から解放された

とにかく軽い

「Air frame α(エアフレームアルファ)」、とにかく軽いです。これを買うまでに使っていたチタン製のメガネとは、雲泥の差があると感じました。

この軽さは持っただけで分かる。装着してみるとさらに分かります。まさかこれほどまで軽いとは思いませんでした。感動です。

「Air frame α」には4つの種類がある

ややこしいのですが、新しい「Air frame α」にはいくつか種類があります。

  1. 5990円の“MEN BASIC(ベーシック)シリーズ”
  2. 5990円の“MEN WELLINGTON(ウェリントン)シリーズ”
  3. 7990円の丸まったスクエア(四角)の“MEN SMART(スマート)シリーズ”
  4. 7990円のスクエア(四角)の“MEN SMART(スマート)シリーズ”

の4種類あります。

私が買った商品は“MEN SMARTシリーズ”の丸まっていない方の普通のスクエア(四角)です。

ベーシックは安っぽい

5990円の”MEN BASIC(ベーシック)シリーズ”はネットで見るよりも、おどろくほど外観が安ぽかったです。

実物を見てみると、ものすごくプラスチックな感じがしました。TR-X素材のフレームが光をピカピカと反射して安っぽく見えてしまうのです。

5990円のベーシックではなく7990円のスマートを選んだ理由

7990円の”MEN SMART(スマート)シリーズ”の方がかっこいいと感じました。同じTR-X素材を使っているのにもかかわらず、フレームは光を反射せず、どっしりとした高級感があります。しかし持ってみると見た目以上に遥かに軽く、びっくりしました。

また、左右のフレームが平らで大きいので持ちやすい。その分重くなっていると思いましたが、重さは”MEN BASIC(ベーシック)シリーズ”よりもほんの少し重いくらいです。

安っぽいが軽い”MEN BASIC(ベーシック)シリーズ”を選んで「目の負担軽減」をとるか、ほんの少し重い”MEN SMARTシリーズ”を選んで「かっこよさ」をとるか、けっこう悩みました。

“MEN SMART(スマート)シリーズ”を選んで良かったと思います。メガネのデザインが良いだけで良い気分になります。

“MEN SMART(スマート)シリーズ”には「丸まっているスクエア」と「普通のスクエア」の2種類ありますが、「普通のスクエア」の方が見える範囲が広いのでそちらを選びました。

見える範囲で言えば”MEN WELLINGTON(ウェリントン)シリーズ”の方がダントツで広いのですが、きゃりーぱみゅぱみゅじゃないんだし、さすがにダサかったので却下。

JINS PCレンズにしなかった理由

JINSには、JINS PCレンズというブルーライトをカットして目の負担軽くするレンズがあります。度付きのレンズと度付きじゃないレンズがあります。「ブルーライトは目に危ないよ」と言って視力の良い人にも危機感を煽るJINSは、とっても商売上手です。

JINS PCレンズにはクリアレンズとライトブラウンレンズの2種類あります。クリアレンズは30%、ライトブラウンレンズは50%ものブルーライトをカットしてくれるそうです。

実際に私も店舗に赴いて、クリアレンズとライトブラウンレンズがどんなものか試してきました。もったいないと思いました。

JINS PCレンズだと純粋な色を見ることができません。たくさんゲームもするし、テレビも見るし、映画も見るし、視界がずっと茶色がかっているのはもったいないと感じたのです。

これから先ずっとメガネを使っていくんだし、純粋な世界をずっと見られなくなるのは嫌でした。

確かに、クリアレンズもライトブラウンレンズも光の反射を軽減してくれます。視界に入ってくる光(蛍光灯の光の反射など)は全て抑えてくれるのは良いと感じました。ブログラマなどPC画面を見続ける人にとっては重宝するでしょう。でも、動画を純粋な色で見られなくなるのは嫌でした。

パソコン用のメガネを買う余裕も無いし、パソコンの光を調整すれば目の負担は軽くなると思い、JINS PCレンズにしませんでした。

しかも、f.luxというフリーソフトを使えばJINS PCを買う理由がなくなります。

JINS PCを買わなくて本当に良かった。f.luxがJINS PCよりも優秀な理由

ただ一つの最悪なところ

メガネには大変満足しているのですが、ただ一つデメリットがあります。

それは、メガネケースがクサすぎることです。

もうホントにクサい。悪臭。激臭。化学なニオイがする。最悪なのが、このJINSのメガネケースに眼鏡を入れると、眼鏡に悪臭が移ってしまうのです。完全にニオイが取れるまで2、3日は掛かります。

メガネを買うと無料でもらえるメガネケースですが、とっても残念でした。別のメガネ屋でメガネケースを買いました。

目が重くなる苦痛から解放された

メガネケースは大変残念でしたが、メガネはとにかく軽いので、目が疲れにくい。長時間つかっていてもメガネの重さを気にすることはありませんでした。

JINS PCレンズでなくとも、メガネが軽いだけで目の負担は減ります。私は疲れにくいゲームライフを送れています。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。