読めばスマホ/ゲーム/オナニー等の依存症が治る?『マンガで分かる心療内科 依存症編』は必読

「読むだけでスマホもゲームもやめられる!」という表紙のゆうきゆう原作『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』を読んだ感想(評価やレビュー)。読むだけでは絶対に変われない。大事なのは読んだ後の行動。オナニー(自慰行為)やパチンコに依存してしまう仕組みを誰もが知るべき。本当の意味で幸せになりたいのであれば…。

広告

ゆうきゆう先生の『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』を読みました。『マンガで分かる心療内科 依存症編(酒・タバコ・薬物)』の続編です。

正直な感想として、この漫画を読んだだけでは絶対に依存症は治らないと思いました。依存症を改善させる解決方法がいくつか紹介されてはいましたが、「もっと知りたければメンタルクリニックへ来るんだな! フハハ!」という印象が残りました。

しかし、なぜ人間はネットやオナニーに依存してしまうのか、その原理を知っているのと知っていないのとでは雲泥の差があります。

補足
『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』では、オナニー依存については語られていません。アダルトビデオ等のポルノコンテンツを視聴しすぎてしまう「ポルノ依存」に関する情報や対処法が載っています。本書に書かれている方法を応用すれば、長期間のオナ禁が可能になる…かもしれません。

いまや誰もがデジタルデバイスを持っている時代。時間を無駄にしたくないのについついネットサーフィンをしてしまう。アダルトコンテンツに没頭してしまう。そんな人が多いかと思います。

『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』の内容についてさらっと紹介していきます。

(以下、アフィリエイト有り)

依存症を克服する方法

『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』は実際の研究結果を紹介しつつ、最終的に依存症から抜け出す方法を提示する漫画です。

僕はこの「依存症から抜け出す方法」を知りたかったのですが、その方法を実行すること自体が難しいと感じました。

『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』で紹介されていた「依存症から抜け出す方法」はおおまかに言えば以下の通りです。

ギャンブルもゲームも 一度の勝ち負けで さらにのめり込むため
強制的に『断ち切る』しかないのです

引用:マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) 63ページ

すべての依存は『たった一回』から始まり
心も体も抜けられない状態になっていきます

であれば『最初からやらない』ことが何より重要なのです!

引用:マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) 102ページ

…とこんな感じで「いやいや、それが難しいんだって!」と思ってしまうことがしばしば。しかし素晴らしいのは、そこからさらに具体的な方法を紹介してくれる点。

簡単に言うと、依存している物を「物理的に遠ざける」だとか、「勉強が終わるまでゲームはしないと決める」など。

あとは依存症に対して「どのように考えるべきか」も提示してくれます。「やっちゃダメだ!」と考えるほどダメだとか、依存しているものよりも仕事を優先するだとか。

「とにかく一回こらえてみること」。これもまた重要だと提唱してます。あとはついついやってしまうことを先延ばしにするとか、記録を付けてみるとか。

僕はGoogleカレンダーにオナニーしなかった日を記録しているのですが、確実に効果が出ています。この方法に加えて、DMMポイントを絶対に保有しないという手段を使って、1週間は我慢できました。オナ禁したいと思っている男子高校生はぜひ試してみてね!

最後に:ネット依存症の人も麻薬中毒者も脳が壊れている

一番びびったのは「ネット依存症の人は、コカイン・ヘロインなど麻薬中毒患者と同じように脳が損傷している」という旨の記述でした。もうこれだけで依存することの怖さが分かるかと思います。

自傷行為や自己憐憫(じこれんびん)も依存症の一種とも考えられるみたいです…。自分をかわいそうだと思うこと自体が快感に繋がっている可能性があるとのこと。

「なぜ依存してしまうのか」その理論を分かっていれば、清原先輩やASKA先輩みたいに人生を破滅させるまでにはいかないはず。

『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)』、何かをやめたいと思っているなら必ず読むべし。集中すれば1時間で読み切れますし、Kindle版も販売されています。

とりあえず僕は、現時点で世界一面白い対戦型FPS「レインボーシックス シージ」をパソコンからアンインストールすることも検討しています(これで10回目)。でも、まだあんまり日本マップで遊べてないんだよなぁ。どうしよう…。

(以下、アフィリエイト)

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。現在の年齢は若者とオッサンの間ぐらい。ゲームはとにかく安く買いたい&高く売りたい派。ゲームの作品性よりも、プレイを通して得られる純粋な「オモシロ度」を重視。現時点で最高に面白いFPSは「レインボーシックス シージ」だと思っている。