Humble Bundleの買い方

Humble Bundle(ハンブルバンドル)の購入方法を画像を使って詳しく解説。1ドル払うだけで名作PCゲームなどをまとめて購入でき(ボーナスもあるかも)、購入した物はSteamやOriginにキーを登録してからプレイできる。

広告

Humble Bundleって何?

Humble Bundle(ハンブル・バンドル)では、定期的に超格安でゲームがセット販売されています。

いくら払うかは購入者が決めることができ、購入額の平均を超えて払うとゲームがボーナスとして付いてくることがあります。

例えば1ドル(Steamキーを獲得できる最低額)を払うと3個ぐらいのゲームを購入できる。5ドル(平均額)を払えば2個ぐらい追加されます。

また、ボーナスがあればさらに2個程のゲームが追加される場合もある。最終的には5ドル払うだけで合計7個のゲームを獲得できることがあります。

大抵の場合はゲームキーが発行されます。ゲームキーをSteamに登録し、Steamでダウンロード&インストールした後にプレイするというパターンが多いです。

また、購入額をどのチャリティーに配分するか決めることもできます。

Humble Bundleの購入方法

以下の解説はHumble Origin Bundleが販売されていた当時の購入方法です。サイトの仕様が変わっていなければ今後も以下の方法で購入できるでしょう。The Humble Weekly Saleでも購入方法は同じです。

↓購入先
Humble Bundle

今回は1ドル払うことで

  • Dead Space(Steamキー、Originキー)
  • Burnout Paradise: The Ultimate Box(Steamキー、Originキー)
  • Crysis 2 Maximum Edition(Steamキー、Originキー)
  • Mirror’s Edge(Steamキー、Originキー)
  • Dead Space 3(Originキー)
  • Medal of Honor(Steamキー、Originキー)

上記の6個のゲームを買うことができました。

記事を書いている時点では、4.73ドル(平均額)より多く払うと「Battlefield 3」、「The Sims 3 + Starter Pack」が付いてきました。

後に、追加ボーナスとして「Command & Conquer: Red Alert 3 – Uprising」と「Populous」も平均額以上払った人にだけ付いてきました。

平均額は刻一刻と変わります。1ドルで買う人が多ければ下がるし、平均額よりも多く払う人が一人でもいれば上がります。

購入額を決める

大抵の場合は最低でも1ドル払わないとゲームキーが付いてきません。今回は1ドルだけ払いました。

ボーナスが欲しい人は平均額よりも1セント(0.01ドル)多く払う必要があります。

例えば、平均額が4.73ドルだった場合は4.74ドル払うとボーナスが付いてきます。

humble-bundle-002

チャリティーの配分はお好みで。そして、メールアドレスを入力します。このメールアドレスはアカウント登録で必要になります。

humble-bundle-003

自分のためだけに買う場合は「Yes, send me a gift code.」にチェックを入れる必要はありません。

支払い方法を決める

支払い方法はクレジットカード、PayPal、amazon、Googleウォレットのいずれか。

PayPalで払うのが無難だと思います。支払いたい方法をクリックして選び、クリックして進んでいって払いましょう。

humble-bundle-010

クレジットカードを持っていない人には購入するのは難しいでしょう。Vプリカならコンビニでも買えるので、それを使うといいかもしれません(購入できるという確証はありません)。

ゲームキーを取得する

購入できたら下のようなページが表示されます。

humble-bundle-004

CLICK HEREを押すとさらに進みます。

humble-bundle-001

自分専用のゲームキーが保管されているURLが表示されます。このページの内容とURLは登録したメールアドレスに送信されています。

URLをクリックしてさらに進みます。

humble-bundle-005

キーを表示させるページに飛ばされるので、「Steam」と書かれたボタンを押してSteamキーを取得します。

今回はOriginキーも付いてきました。

humble-bundle-006

さらに、ゲームのサントラも付いてきました。FLACとMP3形式のファイルがダウンロードできます。

humble-bundle-007

ゲームキーを登録する

後は取得したキーをSteamやOriginで登録すれば購入したゲームをプレイできます。

Steamでキーを登録する

Steamを起動し、Games > Activate a Product on Steamと進みます。

humble-bundle-012

NEXT > I AGREEと進み、ハイフン入りのゲームキー(プロダクトキー)をコピペし、NEXTを押します。

humble-bundle-013

おま国(お前の国には売らない)等の問題がなければSteamに登録できるはず。

humble-bundle-014

今回はDead Space、Burnout Paradiseの2つがおま国だったらしくSteamには登録できませんでした。

SteamとHumble Bundleを関連付けてゲームを登録する

Steamボタンを押してもキーが出ない場合、Humble BundleからSteamに飛んでログインすることでゲームを登録することができます。

Steamボタンを押してその先のリンクへ移動し、Steamのユーザーアカウント、パスワードを入力してログインしましょう。

humble-bundle-01

次にHumble Bundleのアクセスを許可します。

humble-bundle-02

許可をクリックすれば、購入したゲームがSteamのライブラリに追加されているはず。

Originでキーを登録する

Originの場合もSteamと同様にゲームキーを登録していきます。Origin > 「製品コードの利用」と進みます。

humble-bundle-015

Steamキーではなく、Originキーをコピペして入力します。

humble-bundle-016

ゲーム言語を選択する画面が出てくる場合は、日本語版がなければとりあえず英語版を選べば良いと思います。問題がなければOriginのライブラリにゲームが追加されるはず。

今回は日本語版を選択できないゲームが多かった。日本語版はクライシス2とミラーズエッジだけだったと思う(BF3とsims3は未確認)。例え英語版しか選べなくても、有志が日本語化をしてくれている場合があります。

ちなみにSteamでは追加されなかったDead SpaceとBurnout Paradiseは、Originでは無事追加されました。

ゲームキーを登録しようとしてもできない場合がまれにあります。その場合は時間をおいて再登録しましょう。

購入したゲームを確認する

Humble Bundleを購入する際に登録したメールアドレスでHumble Bundleにアカウント登録(Create Account)すれば、今まで購入してきたゲームをダウンロードしたり、ゲームキーを確認できます。

「Log in / Sign up」 > 「Need to create an account?」 > 「Create Account」で購入する際に登録したメールアドレスとパスワードを入力してHumble Bundleに登録します。これでアカウントにログインできるはず。

ゲームキーが保管されているページを再び確認するには、トップページからMy Accountをクリックします。

humble-bundle-008

一番下に今まで買ったバンドルが表示されるので、確認したいバンドルをクリックしてページを表示させます。

humble-bundle-000

購入額を増やしてボーナスを獲得する

ゲームキーが保管されているページから、購入額を増やすことができます。例えば、1ドルしか払っていない人は後から購入額を追加することでボーナスを獲得することができます。

humble-bundle-011

Like what we’re doing? Click here to increase your order amount!」と書かれたところをクリックし、買ったときと同じように進めていきます。

平均額が4.73ドルで1ドル払っていた場合は、3.74ドル以上払えばボーナスを獲得できます。

最後に

1ドルでゲームをまとめて買えるのは大変お得。ただ、結果的にはゲームをSteamのライブラリに追加するだけになってしまう。

Humble Bundleを乞食のように購入しても、なかなかプレイできないでいます。そのかわりチャリティーに寄付できたし、所有欲も満たされた。それでいいのだ。

早い段階で平均額以上払った人は追加ボーナスのゲームを確実に獲得するために、再びHumble Bundleで購入履歴を確認するのを忘れないようにしましょう。運が良ければ、1週間後ぐらいにゲームが追加されるでしょう。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。