松本人志のドキュメンタル(動画)が面白い!笑ってはいけないを超える重圧

10名の芸人が100万円を持って集い、最後まで笑わずにいられたら優勝賞金1000万円を獲得できる密室笑わせ合いサバイバル『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』が面白すぎる。Amazonプライム会員なら特典のプライムビデオで無料で見放題。すべらない話や絶対に笑ってはいけない以上の緊張感。ネタバレ無しで感想や評価(レビュー)を。

広告

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズをご存知でしょうか。毎年大晦日に日本テレビで放送されている、笑ったら棒状の物でお尻を叩かれる、あのお笑い番組のことです。

「笑ってはいけない」の素晴らしいところは、その名の通り、笑ってしまったらシバカれるというプレッシャーがあることです。しかし『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』(以下、ドキュメンタル)では、「笑ってはいけない」を超えるプレッシャーが芸人たちに課されます。

それは「参加費が100万円もかかる」ということ。ドキュメンタルのルールは簡単。参加者同士で笑わせ合い、最後まで笑わずにいられた人が賞金1000万円を獲得できるというものです。(賞金は番組側が提供)

しかし数回笑ってしまい、レッドカードが出たら100万円は水の泡。即退場。笑ったらお尻を叩かれるだけの「笑ってはいけない」とはプレッシャーが比ではないのです。

コント・大喜利・漫才・ピンの漫談とお笑いの形式が数ある中で、意外と誰もやっていない無法地帯を見つけた松本人志(まっちゃん)。小学生の頃からお笑いのことばかり考えてきた彼がたどり着いた仮説。それがドキュメンタルです。

何が起きるか誰も予想できない大実験番組『ドキュメンタル』の魅力について、誰が脱落するのかといった核心的なネタバレをせずに語っていきます。

▼Amazonオリジナル『ドキュメンタル』のトレーラー

芸人達の元に松本人志から“ドキュメンタル”の招待状が突然届く。招待状を手にした者は驚き、戸惑い、喜び、苦悩する。このバトルに参加するのかしないのか、参加費100万円をどう工面するのか。それぞれが葛藤する。そして勇敢な10人の参加者が一堂に会し、いよいよドキュメンタルの火蓋が切って落とされる。

引用:『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』 Amazonプライム・ビデオ(アフィリンク)

補足
ドキュメンタルとは、松本人志が「ドキュメンタリー」と「メンタル」をあわせて作った造語。「文書の」という意味を持つ英単語のdocumental(=documentary)とはまた別の言葉。

ドキュメンタルの細かなルール等

  • 参加者は10名
  • 参加費は1人100万円(自腹)
  • 試合会場は外部から遮断された部屋
  • 最後まで笑わずに勝ち残った者が賞金1000万を獲得
  • 制限時間は6時間
  • 小道具の持ち込みOK(生き物も使用可能)
  • トイレ・風呂・キッチンも完備
  • 部屋の中では本当に何をしてもいい
  • 松本人志からの指示が電話で届くことがある
  • 中断ブザーが鳴った後、競技再開までは一時的に笑ってもOK
  • 笑顔も「笑った」と判定される
  • 審判は松本人志で、別室から芸人たちをモニタリングしている
  • イエローカード→オレンジカード(最終警告)→レッドカード(完全アウト)と三段階で判定

参加人数10人や賞金1000万円などの細かいルールは、シーズン2、シーズン3、シーズン4…と続いていくにつれ、少しずつ変わっていくかもしれません。

ちなみにシーズン2が開催されることはまだ決まっていません。しかしドキュメンタルを超える面白いバラエティ番組はそうそうないですし、個人的にはIPPONグランプリみたいに何度も開催されるのではないかと勝手に思っています。というかそう期待しています。

なおシーズン1は全4回配信で、毎週水曜日に新たなエピソードが配信されます。

追記
『ドキュメンタル』Amazonプライム・ビデオ配信記念イベント」におけるインタビューによると、アマゾンジャパン合同会社のジェームズ・ファレル氏がシーズン2に向けて動き出しているそうです! 松本人志も「僕は第2弾やりますよ!」と乗り気。嬉しすぎる。

シーズン2はほぼ確定?『ドキュメンタル』記念イベント動画まとめ。松本人志「僕はやりますよ」

2016.12.03

▼規則や雰囲気はこの動画が分かりやすい

人選が最高

シーズン1ではテレビでよく見かける芸人や、味の濃い個性的な芸人が参加します。その一覧は以下の通り。

  • ジミー大西
  • 宮川大輔
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • くっきー(野性爆弾)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • 久保田和靖(とろサーモン)
  • 斎藤司(トレンディエンジェル)
  • 川原克己(天竺鼠)
  • アントニー(マテンロウ)
  • 大地洋輔(ダイノジ)

吉本芸人ばかりです。制作が吉本興業だからでしょうか。

「笑ってはいけない」シリーズでいつも爆笑をかっさらっていく天才「ジミー大西」や、世界の果てまでイッテQ!で大活躍中の「宮川大輔」、M-1グランプリ2015で優勝したハゲの「斎藤司」、ロンドンハーツやアメトーークで他人の芸をパクって笑いを取っている「藤本敏史」などは有名どころですね。

それに加えて変人枠もすごい。天竺鼠の川原克己は「あらびき団」ではなすび芸でシュールな笑いを披露してましたし、野性爆弾のくっきーに至っては常人には理解しがたい笑いを追求しています。

そんな一癖も二癖もある芸人たちが「相手を笑わせるための小道具」を持参して、密室された空間で一堂に会し、相手を笑わせようと企んだり、必死の形相で笑いをこらえたりします。最高です。特にジミー大西が。

あと、芸人の人となりについて松本人志の視点から一人ずつ詳細に解説してくれるのもいいですね。一般人には知り得ないような、その人ならではの特徴を説明してくれます。

お金を賭けたプレッシャーから生まれる笑いが凄まじすぎる

シーズン1のエピソード1「勇敢な10人の参加者」では、松本人志が「笑いのメカニズム、何が面白いのか未だに答えがでない」や「ドキュメンタル形式が本当に一番面白い奴を決めるのに適しているのかもしれない」といった旨の発言をするのですが、既に彼は「必ず笑いが生まれる仮説」を持っていると思います。

それは、とにかく人間にプレッシャーをかけること。その仮説がドキュメンタルで証明されます。

またドキュメンタルでは、ゲームが始まる前から「100万円をどうやって集めてきたか」をそれぞれの芸人たちが語っていきます。もうこの時点で笑いそうでちょっとヤバい。ドキュメンタルでは試合開始前からシリアスな演出で前フリを全力で効かせてくるんです。(ちょっと長いけど)

ブラックマヨネーズの小杉竜一なんかは「無理ですよこんなん!ムリムリムリ」と言って出場を拒否しましたし、雨上がり決死隊の蛍原徹(ホトちゃん)、フットボールアワーの岩尾望(のんちゃん)、平成ノブシコブシの吉村崇も辞退。

ダイノジの大地(エアギターの世界大会で優勝した人)は嫁に100万使っていいか電話で頼むぐらい。とろサーモンの久保田は治験(人体実験)のアルバイトで残りの20万円をかき集め、野性爆弾のくっきーは吉本ファイナンスから100万を借りて参加します。

「本気で戦わなければならない」という雰囲気が、画面越しからでもビシビシと伝わってくるのです。

笑ってしまったら必死に貯めたお金、借りてきたお金がパーになる……この重圧がヤバい。

そのためか、クソつまらないボケがめちゃくちゃ面白いというねじれが発生するのです。些細なことが爆笑に変わります。その面白さは、松本人志が舌を思いっきり出してゴリラみたいに両手で胸を叩くレベル。

もうね、この時点で『「笑ってはいけない」を超えたな』と確信したわけです。僕は今まで、あれほどまでにダウンタウンの松本人志が笑ったところを見たことがないので。

しかもシーズン1の場合、試合開始数秒で波乱の展開になります。ドキュメンタル、最初からヤバいです。

芸人たちの不自然な行動に笑ってしまう

ドキュメンタルでは一つの部屋に10人の芸人が入れられて、そこで芸人たちが自由に行動します。「笑う」以外は何をしてもいいのです。

そわそわと部屋中を歩き回る者、緊張をほぐすためにタバコあるいはiQOS(アイコス)を吸う者、ワインを飲む者、細かいことにやたらとツッコミを入れる者、おかしな格好をして笑いを取ろうとする者……人によって行動が全然違って、その様子を見ているだけでも笑いがこみ上げてきます。

一番怖いのは誰かがボケを仕掛けた後に生まれる沈黙。みんな絶対に笑わないように真顔を決め込んでいるので、それが余計プレッシャーになってきます。

試合終了後は芸人同士の仲が悪くなるのでは?

部屋の中では何をしてもいい。ということは、「一人で全員のお腹をくすぐってしまえば勝ちなのでは?」と疑問に思ってしまいました。

ドキュメンタルには既に細かいルールがいくつかあるものの、番組は2016年11月30日に開始されたばかり。暗黙のルールみたいなグレーゾーンがまだまだあります。その内の一つが「どこまで相手の体を触っていいのか」ということ。

ここらへんはシーズン、話数が増えていくごとに明確になっていくのでしょうね。

というか芸人の皆さんはそれぞれ100万円を持参し本気で参加しているので、卑怯な手で勝ってしまったらあとで先輩に怒られたりしないのでしょうか。モラルが試されていることを考えると、さらに楽しめますね。

ドキュメンタルでは芸歴が浅いほど不利になってくるのかもしれません。空気を読まないクズであるほど、つまり精神力がタフな人ほど有利。

もちろん、ゲラな人(笑い上戸。ちょっとしたことでも大笑いする人)はめっちゃ不利ですね。松本人志は配信記念イベントで「何かあれば僕もやってみたい」と語っていましたが、彼もゲラなので本格的に参戦したとしてもすぐアウトになりそうです。

ドキュメンタルの真の意味とは

ドキュメンタルはドキュメンタリーとメンタルを合わせた新語です。なぜメンタルという言葉が番組タイトルに使われたのか。松本人志はシーズン1:第1話の冒頭で「結局ドキュメンタリーなんですけど、メンタルの部分にスポットを当てたということでドキュメンタルでいいんじゃないか」と番組タイトルについて説明します。

僕はこの番組を見るまではドキュメンタルの意味をあまり掴めていなかったのですが、第1話を見てその本質がなんとなく分かってきた気がします。つまり、リアルな本気度(ドキュメンタリー)と精神力(笑いをこらえる力やあらゆる事を乗り越える力)、この二つが根底にあると思うのです。

ドキュメンタルは賭博罪には当たらない

番組を見ている限りでは参加費を総取りできるように見える設定ですが、賞金1000万円は番組側から提供されています。

「賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ」によれば、その場合は賭博罪には当たらないとのこと。

勝負について賞金が出る場合であっても,「賞金=賭け金」「リターン=リスク」のイコール関係が成立しない場合は「相互的」と言えないので賭博罪は成立しない。
たとえば将棋で,「アマチュア竜王戦」という大会がある。
同大会は優勝賞金として50万円を提供する一方,参加者から2000円程度の参加費を徴収している。
しかし,同大会が賭博罪に問疑されたことはない。
同大会においては,参加者の払う参加費は会場使用料に充当されており,賞金は別途スポンサーが提供している。
よって「参加費=賭け金=賞金」という関係が成立せず,相互的得失の要件を欠くので,賭博罪が成立する余地はない。

ポイントは,「参加費は会場使用料に充当される」「賞金はスポンサーが提供する」という点である。
もしも参加費が賞金に充当されるのであれば「賞金=賭け金」の関係が成立する余地が出るので,賭博罪(ないし富くじ罪)のおそれが出る。
賞金を出すスポンサーがいる,という点が大事である。

引用:賞金付ゲーム大会と賭博罪|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

製作著作元である株式会社YDクリエイションに問い合わせメールを実際に送り、以下の回答を頂きました。(掲載許可は取ってあります)

「ドキュメンタル」をご覧いただき誠にありがとうございます。

お問い合わせいただきました件ですが、賞金 1000 万円は、参加費とは関係なく、別途番組側で
用意しております。

その他にも、企画・制作にあたっては専門家からの適切なアドバイスをいただいておりますので、
安心してご視聴いただければと存じます。
今後とも本番組に対する厚いご声援をいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

アマゾンの方にも問い合わせた結果、以下の回答を頂きました。(掲載許可に関しては「お客様のご判断にお任せいたします」と言われましたが、OKとみなし掲載します)

「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」についてお問い合わせいただいた件に関しまして、Amazon.co.jpでは作品の権利元である株式会社YDクリエイションより、本作品のコンセプトや内容に違法性が無いことを確認いただいた上で、配信しております。

なぜ番組内で賞金1000万円が番組側から説明されていないのかは不明ですが、シーズン2以降は番組内でテロップで説明されるかもしれません。あるいはアマゾンの商品ページ内で説明されるとか。

ドキュメンタルは賭博罪にあたらず賞金1000万円は番組が用意「専門家からの適切なアドバイスをいただいております」

2016.12.20

最後に:ドキュメンタルはお笑い番組史上最高傑作かもしれない

「笑ってはいけない」シリーズではガキの使いメンバー専用の部屋が用意され、そこではメンバー同士がお互いに足を引っ張ったりしますよね。ドキュメンタルはそれの究極形態。上位互換番組です。

僕はドキュメンタルはお笑い番組の中でも一二を争う傑作だと思います。ここまでガチに笑いを競い合い、極限にまで緊張感が高まるものはほとんどないのではないでしょうか。

行動の自由度が高く、ハプニング性も突出。笑いの神が降りてくる環境が整えられていて、しかも競技性もある。笑いの総合格闘技といったところでしょうか。

世界各国でパロディ化されたガキの使いの企画「サイレント図書館」のように、海外のテレビ局に丸パクリされそうな予感がします。

序盤でジジイ(高齢者)・女性・子供を軽視する発言をしたりと、松本人志の毒舌も冴えています。

笑うのを我慢して「笑ってはいけない」シリーズを見る人も多いことでしょう。初めてドキュメンタルを見る場合でもぜひそうしてください。僕は一瞬で撃沈しました。

(以下、アフィリエイト)

お笑い好きならおすすめの『ドキュメンタル』の動画を無料で見る方法

『ドキュメンタル』はインターネットでしか観られません。地上波でもやってません。具体的に言うとアマゾン(Amazon.co.jp)でしか観られません。アマゾン独占配信なので。

Amazonプライムに加入している場合、特典のプライム・ビデオを利用すれば無料で見放題です。

Amazonプライムでは初回加入30日間は無料体験扱いになるので、その期間を利用して『ドキュメンタル』を観てしまいましょう。年会費を払いたくなければ、30日以内に解約してしまえば実質タダです。

▼ドキュメンタルのエピソード0(無料)を見る

『ドキュメンタル』のエピソード0(無料)を見る

『ドキュメンタル』シーズン1:1~4話(最終回)のネタバレ感想まとめ

2016.12.02

シーズン2はほぼ確定?『ドキュメンタル』記念イベント動画まとめ。松本人志「僕はやりますよ」

2016.12.03

ドキュメンタルは異次元のお笑い 最終回まで観た評価/レビューをネタバレ無しで

2016.12.21
広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。