デスティニーオブクラウン(デスクラ)を評価/レビュー。堅実なSRPG

『デスティニーオブクラウン』のイメージ

おすすめとされている英雄をガチャで入手して(またはリセマラしまくって)、冒険を自動で攻略し、オンラインマルチプレイの騎士戦で賢さを見せつけろ。魔界戦記ディスガイア的なシミュレーションRPG『デスティニーオブクラウン』で遊んだ感想。iOS(iPhone・iPad)とAndroidに対応。ダウンロード価格は無料でアイテム課金制。

広告

※このページでは、ASONE GAMESとGAMEVILを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を引用しております。©2017 ASONE GAMES. All Rights Reserved. Published by GAMEVIL Inc.

またこのページに貼られているApp StoreやGoogle Playなど外部サイトへ飛ぶリンクやイメージ画像は、ほぼ全てアフィリエイトリンクとなっています。察していただけるとありがたいです…。

▼今すぐ遊んでみたいならこちらからダウンロード

デスティニーオブクラウン

デスティニーオブクラウン
開発元:GAMEVIL Inc.
無料
posted with アプリーチ

評価の概要:キャラクターが多彩で普通なシミュレーションRPG

意外と悪くありませんでした。『デスティニーオブクラウン』はスマートフォン向けのターン制シミュレーションRPGです。炎・水・風・闇・光の5属性の中から一つの属性が割り当てられた英雄(キャラクター)を5体使用し、将棋盤のようなマス目状の狭い四角形のマップでどこに英雄を動かすか考慮しつつ、英雄が持つパッシブスキルをうまく利用しながら特殊なアクティブスキルで手強い敵たちをやっつけていくゲームです。

ステージ制の「冒険」やボス戦がある「ストーリー」、他プレイヤーが操る5体の英雄とオンラインで真剣勝負ができる「騎士戦(いわゆるランク戦)」などで楽しめます。

オンラインマルチプレイの「騎士戦」の様子。行動力が回復した順に英雄のターンが回ってくる。

オンラインマルチプレイの「騎士戦」の様子。行動力が回復した順に英雄のターンが回ってくる。

スタミナ制でフレンド機能があり、至って普通のソシャゲです。釘宮理恵などの有名声優も採用されていて、グラフィックは3D。しかし肝心のゲーム内容は頭を使って遊ぶ「戦略シミュレーションゲーム」です。高低差によって与えられるダメージが増減したり、キャラクターが多くいるのはまるで魔界戦記ディスガイアのようです。

オンラインマルチプレイの「騎士戦」は、2人のプレイヤーがそれぞれ5体の英雄を出して、将棋の駒のように英雄を動かして戦うPvP(対人戦)となっています。英雄の配置やスキルの効果を考えつつプレイしないといけないので戦略性があり楽しいです。非常にノーマルなシミュレーションゲームですが手堅さがあります。

マップを見下ろし型に変更することも可能。

マップを見下ろし型に変更することも可能。

個人的にはスマホゲームアプリのオートモードには否定的な立場を取っています。しかし『デスティニーオブクラウン』の場合はオンラインマルチプレイがまあまあ面白いので、オートモードは全然許せるレベルでした。騎士戦では結局は対戦相手の属性に合わせて英雄を選ぶ必要があるんですが、戦士系・魔法使い系・錬金術師系・暗殺者系の英雄など多彩な英雄がたくさんいます。

オンラインマルチプレイで勝ちたいがために「もっと扱いやすいスキルを持っている英雄が欲しいなぁ」という欲求が出てきます。ガチャである「英雄召喚」でレアな(星が多い)英雄をゲットしたくなってきます。ガチャを回したいから冒険をオートモードで進めて課金アイテムのジェムを無料で集めたくなるゲームでした。

スキルの発動も派手。

スキルの発動も派手。

音量をゼロにした消音状態の時にオートモードで戦闘を終えるとバイブレーションで知らせてくれるのも良かったです。仲間を強化したりする「リーダースキル」がうまくハマって勝てた時が気持ちいいです。

炎(赤)は風(緑)に強く、風は水(青)に強い。光(黄)は闇(紫)に強く、闇は光に強い。

炎(赤)は風(緑)に強く、風は水(青)に強い。光(黄)は闇(紫)に強く、闇は光に強い。

ライトな「魔界戦記ディスガイア」×洋風ファンタジー

『デスティニーオブクラウン』にはキャラクターの育成、装備品やスキルの強化といった要素があり、RPG的でもあります。用意されたステージを延々とクリアして報酬を獲得していく「冒険」の他にも、ミッドランドを舞台にした壮大な物語を楽しめる「ストーリー」があります。本当に壮大に感じるかどうかは人によるかと思います。洋風ファンタジーな世界観です。ありきたりなヤツなのであまり期待しない方がいいです。

人間の最初の王「アーウィン」のおかげで戦争が終わり、その後はふわふわとした物語が展開します。

人間の最初の王「アーウィン」のおかげで戦争が終わり、その後はふわふわとした物語が展開します。

グラフィックも洋風ファンタジーです。英雄には可愛さもあり、カッコよさもあるミニチュアな感じで僕はけっこう好きです。ライオンみたいな「アスラン」は非常にかっこいいですし、攻撃タイプの英雄は使い勝手がいいのでお気に入りになりました。

これが僕のおすすめの「アスラン」。かっこよくないですか。

これが僕のおすすめの「アスラン」。かっこよくないですか。

ガワはソシャゲで、中身は簡易的な「魔界戦記ディスガイア」。それが『デスティニーオブクラウン』です。「魔界戦記ディスガイア」について知らない人のために言っておくと、「魔界戦記ディスガイア」はやり込み要素が半端ないシミュレーションRPGで、今はシリーズ化されていてニンテンドースイッチでも最新作が発売されています。キャラクターはいろんなスキルを持っていて、フィールドはマス目状になっていて、レベルがとにかく上がって、転生を繰り返してキャラクターを強化していくゲームです。

『デスティニーオブクラウン』は普通のソシャゲです。「魔界戦記ディスガイア」ほどの細かいシステムがあったりするわけではありません。しかしマスの高低差によってダメージが変わるなど、ディスガイアっぽさがあります。なおかつゲーム中は英雄をどう動かすか考える必要があります。脳がないと遊べません。しかしオートモードを使えば猿でもプレイできると思います。

高低差を利用して弓を使う英雄で攻撃。

高低差を利用して弓を使う英雄で攻撃。

オートモードでも全滅してしまう難易度

僕はスマホゲームアプリのオートモードがあまり好きじゃありません。キャラクターが動くのを眺めるだけのゲームのどこが面白いのかまだ分からないのです。若さゆえでしょうか。78歳くらいになったらそういったゲームの良さが分かるのかもしれません。

でも『デスティニーオブクラウン』のオートモードはまだ許容できます。なぜならオンラインマルチプレイの「騎士戦」が案外悪くないからです。またオートモードでステージを進めていても、英雄を強化していないと全滅する時があります。たまに人間の手を加えないと前に進めないので、多少のやりがいがあります。

オンラインマルチプレイの騎士戦でもオートモードが可能ですが、オートモードだと速攻で負けます。順位とスコアが下がります。やめましょう。

オンラインマルチプレイの騎士戦でもオートモードが可能ですが、オートモードだと速攻で負けます。順位とスコアが下がります。やめましょう。

特に物語が楽しめるモードでは敵を全滅させるだけではクリアできない場合があります。例えば「ストーリー」の「バードの詩」における1-2では、「6ターンの間、英雄死亡なしで耐える」という条件でクリアする必要があり、「どうせソシャゲだから余裕でクリアできるっしょ」と思っていた僕はボッコボコにされて「ソシャゲのくせに舐めやがって…!」と悔しい思いをしました。もしかするとソシャゲは少しだけ良い方向に向かってきているのかもしれない…と思った2017年春。

他にも1-4ではボスっぽい風格の「リザードマンキング」が登場して苦戦しました。その後は「他の使えなさそうな英雄」を素材にして「マイ英雄」たちをレベルアップさせたり、ちゃんと武器やアクセサリを装備させました。するとどうでしょう。楽にステージをクリアできるようになりました。ここで「デスクラ、お前もか…」と思ったのが本音ですが、ステージを踏破していくと、あるタイミングで「騎士戦」と呼ばれるゲームモードが開放されたのです。

広告

5vs5のオンラインマルチプレイが案外楽しい

ソシャゲはべろべろなめろ

ソシャゲは舐める。舐めて舐めて舐めまくる。ソシャゲはその程度の気概でプレイするのが妥当だと僕は思います。「ソシャゲの50%以上はクソゲー」それが僕の今のところの結論であり、そこは譲れません。命にかえても。でもアフィでお金が貰えるんなら…いや僕は負けないぞ!

そんな調子でスマホゲームアプリのレビューを書き始めたわけですが、この話は今はあまり関係ないですね。つまるところ僕が言いたいのは、「デスクラのオンラインマルチプレイ(騎士戦)が意外と面白いぞ」ということです。いやステマとかそういうのじゃなくて(こう言うと余計に怪しい)。

「マップの端っこに英雄を集結させて相手の動向を見守る臆病者」と戦う機会もある。そういう奴を倒せた時の快感は、言うまでもないでしょう。

「マップの端っこに英雄を集結させて相手の動向を見守る臆病者」と戦う機会もある。そういう奴を倒せた時の快感は、言うまでもないでしょう。

ただ「騎士戦」は時間が掛かります。頭を使いますし脳に負担をかけますし、爽快感をサクッと得られるようなものではありません。しかし2人のプレイヤーがそれぞれ5体の英雄を出し合って将棋の駒のように英雄を動かして真剣勝負をするのは、ちょっとというか、意外と楽しいんです。

まず英雄の強さが補正されるのが良いです。酷いゲームだと「どれだけキャラクターを強くしたのか」で勝負が決まってしまうものがありますが(例えばHITとかブラサスとか)、『デスティニーオブクラウン』は英雄の「スキル強化度」以外は騎士戦向けに調整されます。「スキルの強化はマルチに反映されるんかい!」と思ったのは僕だけではないはず。

そのことに関しては僕も「おや?」と思ったわけですが、一応プレイヤーの努力が多少はオンラインマルチプレイに反映される形になっています。ここは仕方ないというか、ソロで遊べるステージをクリアしていくモチベーションになっていると思います。

スキルを強化するとそのスキルで敵に与えられるダメージが少し上がります。ただスキルを強化するためには20,000ゴールドが必要ですし、『デスティニーオブクラウン』では20,000ゴールドは大金です。業績(Steamでいう実績みたいなもの)を達成するとゴールドがけっこう貯まりますが、20,000ゴールドも使うと財布がけっこう痛いです。しかもスキルを強化しようと思っても自分で強化したいスキルを選べません。スキルはランダムで強化されます。ちょっといじわるです。装備を解除するにもクリスタルっていう英雄を引退させると得られる変なアイテムが必要ですし、このあたりはちゃんとソシャゲしてて偉いと思います。

スキルを強化するためには同じ形の英雄が必要。(属性は問わない)

スキルを強化するためには同じ形の英雄が必要。(属性は問わない)

そういうソシャゲっぽさに目をつむれば騎士戦は面白いです。英雄のレア度は全て星6に、レベルは最大に、なおかつ武器とアクセサリのステータスが下方補正されるというところに好印象を抱きました。英雄のスキル強化度は何の補正も掛からないわけですが、実際に騎士戦に挑んでみるとその楽しさが分かるかと思います。

遠距離攻撃型の英雄は一人以上はパーティに入れとけ

戦略シミュレーションゲームなので英雄を動かして敵にダメージを与えていくわけですが、相手もガチで挑んできているので勝負が全然決まらないことがあります。英雄には近接攻撃を得意とするヤツ、弓矢や魔法を使う遠距離攻撃が得意なヤツ、回復や蘇生などが得意なサポート役、といった英雄たちがいます。

厄介なのは遠距離攻撃が得意な英雄です。騎士戦では英雄の遠距離攻撃に気を付けながら英雄を動かしていかなければいけません。1マスでも移動を失敗すると相手からの弓矢攻撃をくらってしまう可能性があるのです。

一度でも遠距離攻撃を先制攻撃としてくらってしまうと、その後は有利な展開に取り戻すことは難しいです。サポート役がいない限り。定番の戦略はパーティの中に一人でもいいからサポート役をいれることでしょうか。英雄たちのクリティカル率を上昇させる「冥府の監視人 ホルス」とか、死亡した味方をHP20%の状態で復活させる「アーリン」とかがいればけっこう心強いです。

ガチャを回す前にちゃんと手を合わせて神に祈るようにしましょう。

ガチャはジェムを300個ためてから「10+1連召喚」をすると1回分だけお得になる。

ガチャはジェムを300個ためてから「10+1連召喚」をすると1回分だけお得になる。

属性選びの心理戦が奇妙

問題は試合開始前に相手がどの属性の英雄を出してくるのか多少分かってしまうことです。騎士戦では2人のプレイヤーが赤か青に割り振られ、青が先に英雄を2体を選び、次に赤が英雄を3体、そして青が残りの英雄を3体選び終えたら、赤は残りの英雄を2体選ぶというよく分からないシステムになっています。要するに「青プレイヤーが2体選択→赤プレイヤーが3体選択→青プレイヤーが3体選択→赤プレイヤーが2体選択」という流れです。

相手が闇属性の英雄を2体出してきたので、「こちらは光属性の英雄を出すべきでしょ」と悩んでいる様子。

相手が闇属性の英雄を2体出してきたので、「こちらは光属性の英雄を出すべきでしょ」と悩んでいる様子。

『デスティニーオブクラウン』には属性の概念があるので、「試合が開始するまで相手がどんな属性の英雄を選んだのか分からない」という状態を避けたいがゆえにこんなシステムになったのかもしれません。このシステムに悪い点があるとすれば「これが俺のパーティだ!」という個性を打ち出しにくいことにあるでしょう。

例えば「デヴニア ハンター」と呼ばれる暗殺系かつ風属性の英雄をリーダーに設定すると、パーティ内にいる風属性と光属性の英雄に対して「クリティカル率12%上昇」と「行動力回復速度15上昇」というリーダースキルを発揮できます。そのリーダースキルを元にして残りの4体の英雄を風属性か光属性にしてしまえば、このパーティが炎属性と闇属性に対して弱点を持っていることを除けばそこそこ強いパーティになるわけです。

英雄を選ぶ時は相手がどんな属性の英雄を使うのかを考慮して英雄を選ぶ必要があります。相手が水属性の英雄を選んだら、水属性の弱点である風属性の英雄を選ぶべきなのです。勝負を有利な展開にもっていきたいなら相手の選択に対して最適な選択をしないといけないので、英雄のスキルをどれだけ強化するよりも「良い英雄」をどれだけの種類持っているかが重要です。

要するに真理の書庫で行える英雄召喚というガチャを回して多彩な英雄を獲得することが大事です。「冒険」からでも英雄を獲得することができますが、やはり良い英雄はガチャで獲得するのが定石です。

最後に:少し酸っぱい外国産のオレンジのよう

騎士戦にはマス目状の狭いマップの中で特殊なスキルを持ったいろんな英雄を使い、プレイヤーがガチでぶつかり合う楽しさがあります。しかしそれ以外にも、ソシャゲの仕様から生まれた混沌なルールに適応するための戦略的行動も、小腹をくすぐられるようなおかしさがあって少し面白いのです。

皮がソシャゲで、実がゴリゴリに堅実なシミュレーションゲーム。『デスティニーオブクラウン』はそんなスマホゲームアプリです。

マルチはまあまあおいしいよ。

(以下、アフィリエイトと関連記事)

デスティニーオブクラウン

デスティニーオブクラウン
開発元:GAMEVIL Inc.
無料
posted with アプリーチ

俺の面白いおすすめ最新無料スマホゲームアプリランキング(iPhone/Android) 2017年も新作を随時追加中

2016.12.06

ブラックローズサスペクツ(ブラサス)を評価/レビュー 物語とキャラのゴリ押し

2017.04.15

スマホゲームアプリのHIT(ヒット)を評価/レビュー。弱者に救いのない残酷なアクションRPG

2017.04.04

▼実際のプレイはこんな感じ



『デスティニーオブクラウン』のイメージ

ABOUTこの記事をかいた人

頭皮スカスカ系ゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視しています。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を願っています。流行にすぐ乗っかるタイプです。新作ソフトは速攻で売っちゃいます。よく誤解されますが鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。