Google Chromeが強制終了する人に捧ぐ2つの解決方法

クロームが応答なしになる(バグる)人は内蔵プラグインを切り替えると解決するかも。Chrome拡張機能でYoutubeのDASHを無効化、コーデックをFlashにしたり、Chrome Canaryを使えばもっと良くなるかも。

広告

Photo | Tom Small

Adobe Flash Playerをインストールする

Chrome内蔵のAdobe Flash Playerではなく、自らインストールしたものを使うと動画再生が安定するかもしれません。

Adobe – Adobe Flash Playerのインストール

Adobe Flash Playerインストール、Chromeのプラグインの切り替えについては下記の記事で解説しています。

動画が見れない時はフラッシュをいじくると解決するかも

YouTube Optionsの導入

最後にYoutube OptionsというChrome拡張機能を導入して、Video codecをFlashに、Disable DASH(Flash only)にチェックを入れましょう

これでYoutubeで動画を観ていても、強制終了が起きにくくなるかもしれません。

chrome-bug-windows-mac

Google Chrome Canaryを使う

標準(安定版)のChromeの使用をやめて、Chrome Canaryを使えば強制終了はなくなるかもしれません。

Chrome Canaryは開発版のChromeです。ほぼ毎日アップデートされていて、Windows版とMac版が用意されています。ただ、発展途上のChromeなので動作が不安定になる可能性がある。

しかし、Chrome CanaryではChromeの最新機能が使えます。また、標準のChromeより開発が進んでいるはずなので、強制終了してしまうChromeを使うよりかはマシでしょう。

Google Chrome Canary

Chromeが強制終了する?Chrome Canaryなら絶好調かもよ。とにかく試してみたら?

自分で試した結果

Chrome内蔵プラグインの切り替えとDASHを無効化したら、Youtubeで動画を観ていても強制終了することはなくなりました(OS X Mavericksでは)。

ただ、標準のChromeだと“Google Chrome Helper”が「応答なし」になってしまっています。

「応答なし」が気になる人はChrome Canaryを使用するといいでしょう。

広告

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の時から頭部が全体的にスカり始めた、毎日無職のような生活を送っている自宅警備員系PCゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋なオモシロ度を重視。現時点で最高に面白いと感じたFPSは「レインボーシックス シージ」。「かまいたちの夜」の新作発売を誰よりも願っている。鍵屋推進派ではなく「とにかく安く買いたい派」です。