iTunesを超えた?デスクトップ版Amazon Cloud Playerのデメリットとメリット

Windows/Macに対応したアマゾンクラウドプレーヤーを試した。ウェブ版よりも曲のダウンロード、iTunesへのエクスポートが楽に。iOS/Android/Kindleにもアプリはあるが使いやすさはiTunesの方が上。

広告

デスクトップ版Amazon Cloud Playerでできること

  • クラウドにある曲でプレイリストを作成
  • Amazon MP3ストアで曲を試聴&購入
  • 曲をダウンロードしてiTunesへエクスポート
  • クラウド、PC内の曲を聴く

デスクトップ版 Amazon Cloud Player (Windows/Mac) をダウンロード

実際に使ってみた感想

Mac版のAmazon Cloud Playerをダウンロード&インストールし、実際に使って音楽を聴いてみました。

曲は「クラウド」と「コンピュータ」で分けられていて、Amazon MP3ストアで買った曲はクラウドで再生できる。「クラウドで再生」といっても実際はストリーミング方式の再生です。

amazon-cloud-player-mac-windows-02

Amazon MP3ストアで購入した曲はクラウドで保存されていて、それらの曲でプレイリストを作ることもできます。

購入した曲はもちろんダウンロードが可能。ダウンロードした曲は簡単にiTunesのライブラリにエクスポートできる。iTunesへのエクスポートに関しては、ウェブ版のAmazon Cloud Playerよりも少しだけ楽です。

「クラウド」の隣にある「コンピュータ」のタブをクリックすれば、PC内にある曲を聴けます。

驚いたことに、デスクトップ版Amazon Cloud PlayerではiTunesで聴いていた曲がすぐに聴けた。iTunesで作成したプレイリストがAmazon Cloud Playerに反映されているのです。

iTunesを日常的に使用しているのであれば、Amazon Cloud Playerをインストールした時点ですぐに音楽プレイヤーとして使えます。

ストアではいろんな曲を気軽に試聴できる。iTunes Storeよりもページの表示が少しだけ速い気がします。また、シンプルで分かりやすい。

amazon-cloud-player-mac-windows-01

Amazon Cloud Playerを一言でいうなら、「Amazon版iTunes」です。

デスクトップ版 Amazon Cloud Player (Windows/Mac) をダウンロード

Amazon Cloud Playerのデメリットとメリット

Amazon Cloud Playerのデメリットは以下の通り↓

  • クラウドの曲とPC内の曲は同じプレイリストに追加できない(PCにだけ存在する曲はクラウドのプレイリストに追加できない)
  • Amazon Cloud Playerで作成したプレイリストはiTunesに反映されない
  • iPhoneやAndroidと同期できない

メリットはWindows、Mac、iOS、Android、Kindle、それぞれのOSにAmazon Cloud Playerアプリがあること。このおかげでほとんどのOSでクラウドの曲で構成されたプレイリストを共有できる。

ほぼ全てのOSに対応しているということ。それがAmazon Cloud PlayerがiTunesよりも優っている点です。

なので、個人的にはiTunes Storeで買うのはちょっと…。iOS端末以外にAndroid端末を買う予定が少しでもある人は、Amazon MP3ストアで曲を購入した方がいいかもしれません。といっても、利点は「買った曲をOSを気にせずクラウドで聴ける」ぐらいです。

ちなみに、iTunes StoreとAmazon MP3ストアで販売されている曲は全てDRMフリーらしく、購入した曲は他の端末にコピーして聴けるそうです。

使いやすさではiTunesの方が上

ただ、やはりiTunesの方がAmazon Cloud Playerよりも使いやすい。

Amazonで曲を買う→iTunesへエクスポート→iTunesで音楽を聴く

という方法をとるのがベスト(だと思う)。

Amazon Cloud Playerで音楽を聴かないならインストールする意味はあまりなさそうですが、Amazonから曲をダウンロードするには必要みたいです。

Amazon Cloud Playerがデスクトップに対応したことで、Amazon MP3ダウンローダーが消滅する可能性が浮上してきました。

Amazon Cloud PlayerはMP3をダウンロードしてiTunesへエクスポートするだけのアプリケーションになりそう…と思いきや、音楽の試聴用としても十分使える。結局はAmazonの商品ページを確認しないと安心して購入できないと思いますが。

ただ、Amazon Cloud Playerのライブラリ内にある曲をiOS端末やAndroid端末へ転送(同期)できるようになれば、iTunesを超える強者になるかもしれません。